踊れ、踊れ、フラミィ

作者 梨鳥 ふるり

生命は、豊かな和音を奏でる

  • ★★★ Excellent!!!

 何処とも定かにされずただ「南」と示される海。そこに、神々が施した大気と光の結界で守られた、小さな美しい島があって――

 この私たちにはただただ他所事の楽園としか思えない島にも、人が生きることの、人が社会の中で生きていく上での、どうにも苦しくやるせない軋轢と悲しみが普遍のものとして在る。

 踊り子の島に生まれながら他の人のように巧みに踊れない娘フラミィは、体を半神のルグ・ルグ婆さんに譲ってもいいと思うほどに傷つき苦しんで、それでもやはり踊る事への希望を求め、そのためのカギを探して島中を――小さな彼女にとっては全世界に等しい空間を経巡って歩く。

 作者、梨鳥ふるりさんはまごうことなくある種の天才だ。計算や思惑といった俗な操作をすっ飛ばしたところでモノを書いてるフシがある。だから作中に描かれる事象は、いかにもな物語然とした折り目正しさや無駄のない相関性とは無縁であるかのように、突拍子もないところに配置され無作為めいて振る舞うのだ。

 おかげでフラミィの探索は一見どうにも的外れなところをぐるぐると彷徨うばかりでまるきり進展せず、代わりにこの島の豊かさ美しさ、神秘性を無邪気に丹念にすくい上げて確かめていく旅路になる。そうこうするうちに、島を取り巻く情勢が明かされ、外界の人間が何ともロマンの香り漂うフロート付きの水上飛行機で現れる、といった思いもかけぬ展開に、読者も翻弄されるのだが――

 結局のところそれは全部、この島とそれを取り巻くサンゴ礁の世界の中の、深層の部分で複雑に繋がり絡み合っていて、一つをほどきだすと魔法のように一つまた一つと本当の姿が明らかになっていく。
 もどかしさに身もだえしながら必死で進んでいくと、そこに答えがある。まるで人生そのもののようだし、そして物語の中のそれは、やはり作者の手の中にあるのだ。

 飛行機の青年・パーシーがこの祝福された島々に対してい抱く嫉妬にも似た感情は、おそらく作者が南洋の観光地で抱いたという、過去の、我々の父祖による加害に対してのやるせない気持ちを裏返しにしたものなのだろう。

 それはフラミィが生まれる前に行った決断ともつながっているし、かたくなに踊りの完璧を求めてそれに満たないものを取り除こうとする、踊り子の頂点「ルグ」のエピリカが見せる思い詰めた感情ともつながっているはずだ。

 そうした世界の軋みと痛みと、フラミィの苦しみとは合わせ鏡のように対置されていて、彼女の問題を解決する行動は、島そのものを守り癒すための重要な決断へと収束していく。

 だが世の凡庸な「ファンタジー」と比べてみれば。

 そんなフラミィを取り巻く世界の神々、社会の大人たちはなんと寛容で懐深いことか。
 決して彼女一人に重荷を背負わせず、共に支え、それぞれの責任を果たし、そのために迷いを振り捨て過ちを見つめなおして踏み出していくではないか。
 神の怒りに触れてエピリカが踊りを禁じられた時、新たなルグとして名乗りを上げる人物の意外さが、その前後の身の処し方がすがすがしく心を打つ。
 人の心の一辺倒でない複雑さを語る長老の言葉が、こちらの琴線をも複雑な和音に共鳴させる。

 そうして、様々な嵐が去った島で。
 フラミィは自分のありのままの体を受け入れる。そして言葉よりも踊りこそが神へ届けるものとして優先されるこの島で、巧みでなくても踊れる、だれでも神々と、そして世界そのものへ感謝と願いを届けられる新しい踊りを生み出すために、新たな探求を始めるのだ。

 何よりも大事な、生まれる前からの友達を傍らに感じながら。

 
 読み終わって心にいつまでも残るのは、彼女が島での探求の旅の中で出会った様々な不思議と神秘。
 奇妙な習性をもつ愛らしいシェルバードが、美しく大きなクワクワ鳥が、洞窟を照らすファイアーフライが。腕でアーチを作りながら、またおいでよと見送ってくれる。

 では私も彼らに倣って、こんな不細工な言葉ではなく、神々のための踊りで見送りに応えるとしよう。

 ――『風は いつも』と。

 

 

 

 
 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

冴吹稔さんの他のおすすめレビュー 126