異世界帰りの大賢者様はそれでもこっそり暮らしているつもりです

作者 木野二九

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全90話

更新

  1. 大賢者様はささやかな幸せを願う
  2. 狐たちの夜話
  3. 大賢者様の大いなる帰還
  4. 俺の魔法に狂いは無いようだ
  5. 死の谷より深い何か
  6. 親子丼って好きですか? 幅広い意味で
  7. この世界も侮れないな
  8. パンツ観てたでしょ
  9. ポトリと落とした
  10. 素顔のままで
  11. 愚者たちは月夜に踊る
  12. 昭和かよ
  13. 男ってのは
  14. ストロングスタイルですから
  15. 多分勘違い
  16. 巫女服を着た美少女の嘘
  17. まるで凍てつく吹雪のような
  18. 段ボールのお城
  19. 愚者たちは月夜に踊る
  20. 聖者は悲しみを胸に秘める
  21. そんな装備で大丈夫なのか
  22. なんて卑怯な魔法なんだ!
  23. やっぱり最低男
  24. 女王の献身
  25. 今宵の撲殺炎は一味違うぜ
  26. それぞれの価値観
  27. 瞳の奥で
  28. バレバレなんじゃないですか?
  29. キングサイド・キャスリング
  30. クールな男の嗜み
  31. 聖者は悲しみを胸に秘める
  32. それでも大賢者様はささやかな幸せを願う
  33. 闇の女王と死の谷 その1
  34. 闇の女王と死の谷 その2
  35. 闇の女王と死の谷 その3
  36. 闇の女王と死の谷 その4
  37. 闇の女王と死の谷 その5
  38. まだあなたには理解できない
  39. 年頃の女の子
  40. Yes or Oh yes!
  41. 夕闇のメイド喫茶
  42. チェック・メイト
  43. Season1 Epilogue
  44. 大賢者様は聖なる夜に踊る
  45. ナイトメアのクリスマス
  46. ナイトメア・アプリ
  47. 物語の中へようこそ
  48. 悪夢は踊る
  49. もしやその気配は!
  50. 乙女の定義
  51. ちょっと可愛すぎる女子高生
  52. あの噂は本当だったんだ
  53. これが総受けってやつだろうか
  54. 悪夢は甘美な物語を紡ぐ
  55. ミスディレクション
  56. 続きはまた
  57. 自慢話じゃ
  58. 猫とネズミと情報戦
  59. バレちゃった
  60. 心のスキ?
  61. 悪夢は甘美な物語を紡ぐ
  62. 幸せは冷たい試練を課す
  63. 冬の夜空を見上げた
  64. まるで恋に落ちた少女のように
  65. 大人の事情ってやつ
  66. 様々な不安
  67. それより俺と踊りませんか その1
  68. それより俺と踊りませんか その2
  69. それより俺と踊りませんか その3
  70. それより俺と踊りませんか その4
  71. それより俺と踊りませんか その5
  72. だから大賢者様は聖なる夜に踊る
  73. イリュージョンのように
  74. ショーの開幕
  75. 何だかだいたい想像がつく
  76. ステイル・メイト
  77. サンタさんお願い
  78. Season2 Epilogue
  79. 大賢者様の休日
  80. 皇帝陛下のささやかな願い
  81. 皇帝陛下はお年頃 その1
  82. 皇帝陛下はお年頃 その2
  83. 皇帝陛下はお年頃 その3
  84. 悪いことしているみたい
  85. 何かが違ってる
  86. 休日はご多忙申し上げます
  87. ピンクと紫の誘惑
  88. 何と言うワザマエ!
  89. 女心って
  90. まるでお伽話のように
  91. 新たな悪しき神
  92. やはり休暇が必要そうだ
  93. ムンムンと漂う男の色気
  94. ぐ腐腐腐っ♡
  95. 雨上がりの情事
  96. 嵐の夜に
  97. それでもまた日は昇る その1
  98. それでもまた日は昇る その2
  99. それでもまた日は昇る その3
  100. それでもまた日は昇る その4
  101. 状況は予断を許さない
  102. ちょっと巨乳率高すぎませんか?
  103. お休みは用法用量を守ってお正しくお取りください
  104. 天才は忘れた頃にやって来る
  105. カレーの隠し味は味噌です