カラヴィンカの祝福

作者 鍋島小骨

芳醇なファンタジーの粋!

  • ★★★ Excellent!!!

 短い字数の中でよくぞこれほどのドラマと映像美を盛り込めたと思う。
 冷たく凍りつく季節感、謎めいた召し使い、そしてストイックにしてニヒルな主人公。一つ一つの場面の盛り上げ方が実に秀抜で、クライマックスにはファンファーレが鳴り響く。
 短編ファンタジーとして力強く称賛し、勧めていきたい一作。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

マスケッターさんの他のおすすめレビュー 1,285