カラヴィンカの祝福

作者 鍋島小骨

「おまえは悪い子なんかじゃないのよ」

  • ★★★ Excellent!!!

幻想的な雰囲気から始まるこの作品は、呪われた忌み子であるイールの視点で話が進んでいきます。

彼の呪われた体質とそれを恐れなかった末姉の記憶、人を簡単に殺してしまう冷徹な男である主人公の残酷さが、とある人物を通して変化する過程、変化したあとのカタルシスが美しく描かれています。

呪いと祝福は表裏一体。
絆と呪いが紡ぐ美しい救いの物語でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

こむらさきさんの他のおすすめレビュー 562