である少女 夢台 礼子 は真実に辿り着けない

作者 バなナ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全11話

更新

  1. 第0話 ある一室にて(メタ発言あり)
  2. である少女 夢台 礼子 は真実に辿り着けない
  3. 第1話 目覚め 
  4. ある朝椅子の上で目覚めた私は、不審な男が家に入ってくるのを目撃する。体がすり抜ける、幽霊と思われる男のあまりの衝撃に、とりあえず寝ることにした私。さあ、どうする私!?
  5. 第2話 翌朝
  6. 幽霊のくせに、おいしそうに食事をとる彼。その上しゃべって、学校まで行くと来た。私は、好奇心に負けてついていくことにした。
  7. 第3話 学校
  8. クラスメイト達に無視されまくる私。あれ、私のほうが幽霊なんじゃないか?
  9. 第4話 下校
  10. 近所の人の会話を盗み聞いて、推理しまくった。さて、私には何ができて、何ができないんだろうか?
  11. 第5話 彼と私
  12. どうやら私は、彼に窓から突き落とされて死んだらしい。しかし、私は心が広い幽霊だ。よし、街に繰り出そう。
  13. 第6話 病院
  14. 第7話 妄想と現実
  15. 不審な男に不審なことを言われた。クソォ、思い出してしまった。がああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。・・・ふぅ、残されたものとしてか・・・。どう思われてるんだろう、
  16. 第8話 夜の学校
  17. 第9話 後日談
  18. である少女 夢台 礼子 は真実に辿り着けない ー完ー
  19. 本編では、真実が語られなかったので、不審な男こと、この僕が少し解説でもしましょう。
  20. 第0-2話 解説(メタ発言あり)