[詩集] 全詩集

作者 Kaede Moridaka

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全265話

更新

  1. [詩集]幽閉の窓から見えた渇望の翼
  2. 誰を待っているの?
  3. 願い
  4. 願う
  5. 夏につつまれて
  6. 駅に降り立って
  7. 世紀末
  8. タイタニック
  9. ミレニアムカウントダウン
  10. 負けない
  11. 9番ホーム
  12. 普段は真面目でおとなしい子だった。
  13. 性悪
  14. コンビニ
  15. White Christmas
  16. 精神破滅
  17. 届かない
  18. 図書カード
  19. 即レスなんか、随分前にやめた。
  20. 声なんか聞きたくない
  21. こんな夢
  22. 未視感
  23. 昭和
  24. たどり着けなかった
  25. 天秤
  26. 平均台
  27. すれ違い
  28. 路地裏の園児たち
  29. ここに居るから
  30. デイジー
  31. 任意同行
  32. 毎年
  33. 恋する人たち
  34. 帰路
  35. ディズニーランドに行けない理由
  36. 宇宙の塵
  37. 取調室
  38. 人間ピラミッド
  39. 3年ぶりに
  40. 釈放直後の兼六園
  41. アスファルトまで
  42. 拘置所に戻りたい
  43. 日本とは……
  44. 突きはなした後に
  45. 透明人間というフレーズ
  46. 錆びついた三輪車
  47. SSRI
  48. 自死ダイブ後の看護師の冷たい目
  49. 日記帳を捨てた日
  50. アンブレラ
  51. 46億年前
  52. あの日……私は……
  53. ハズレくじ
  54. 病み
  55. CM
  56. 赤い糸
  57. 裁判長の言葉
  58. いろいろ
  59. もう過去のこと
  60. 夢の残骸
  61. 残酷運命とどう向き合えばいい?
  62. ドナウ川のさざなみ
  63. 鐘が鳴る
  64. おりがみのゾウさん
  65. 夜空の星座に思う
  66. 極限の孤独を生きて
  67. 会話のない食事
  68. 眠るように死にたい
  69. 孤独じゃない世界って?
  70. 秒針の音しか聞こえない部屋で思う
  71. モンストラー
  72. 人間は……
  73. 夜桜
  74. 無念としか言いようがない
  75. 子供は親を選べない
  76. 14歳
  77. 生きるのしんどい
  78. 春を歩く
  79. 焼け爛れて
  80. 何も残らない
  81. 幻覚
  82. とりあえず生きてみたら?
  83. 誕生日
  84. 極限の世界
  85. ただ、見ているだけ……
  86. また、半袖の季節
  87. 今という時間に対して、何の抵抗もできない
  88. 命を懸けても
  89. 現実世界とパラレル
  90. 髪を切る
  91. 孤独と重いを秤にかける
  92. もっと強く……
  93. また、時間は流れる
  94. 生まれてくるべき人間ではなかった
  95. 悪霊
  96. 弱い人間の定義とは?
  97. 幽閉の窓から見えた渇望の翼
  98. 育児放棄
  99. 最後の太陽
  100. [詩集]メトロノーム
  101. 打ち上げ花火(天使の饗宴編)
  102. 打ち上げ花火(邪神の旋律編)
  103. 時間は孤独のみに潰されて過ぎていく
  104. 脱衣所
  105. 初詣
  106. これほどまでに残酷とは……
  107. 大海原を行く(天使の饗宴編)
  108. 大海原を行く(邪神の旋律編)
  109. 何を拠り所にして生きていけばいい?
  110. 生きづらさ
  111. ソフトクリーム
  112. 「頑張る」が一周
  113. この醜い存在は誰だ?
  114. まだ若いだろ……
  115. 歩けない
  116. 徘徊人間
  117. 自殺対策って何?
  118. 陽だまり(天使の饗宴編)
  119. 陽だまり(邪神の旋律編)
  120. 加害者比重
  121. 深夜の水面に思う
  122. やまびこが私の精神を食いちぎる
  123. 遠い日の幻
  124. 「私、うつ病です」と自慢する奴、死ね!
  125. なんか面倒くさい
  126. また刺した
  127. 特定保健指導
  128. らくがき
  129. 引きこもり
  130. 万引きと人生模様
  131. あの世代の人
  132. おカネを捨てる人間の精神構造
  133. ネットでの出会いなんか無理
  134. コンビニの預かりキー
  135. 1回きりの人生って……
  136. 他人に注意されると……
  137. 金沢レストラン
  138. 「仕事が生きがい」と言っている奴の神経
  139. 無の世界観
  140. 出会えない運命を生きる意味
  141. 神の意思に従うしか選択肢はないのか?
  142. 神の道しるべ
  143. 貫禄
  144. フォークリフト講習
  145. 今となっては、もうわからない
  146. 最初の10年と最後の10年
  147. 日本人凄いですニュースは、もういいよ
  148. 自己啓発のまやかし
  149. 小学生の列を見て
  150. 開かずのタイムカプセル
  151. 結婚イコール真剣という概念
  152. 人生は出会えるか出会えないかだけ
  153. ワールドカップ
  154. 奪われたあとに
  155. 生涯の孤独を呪文のように思い悩む
  156. 残像
  157. 尋常じゃないほどの苦しみ
  158. 交通事故
  159. せせらぎ
  160. 思い出貯金
  161. どこに何を発信しても誰にも通じない
  162. 自殺に責任は発生しない
  163. 敗北後の余生は血にまみれて
  164. 原石はすでに輝きを放っている
  165. 読書に目覚めるという言葉
  166. 9歳のときの喧嘩
  167. まばゆい光
  168. 自殺と殺人のあいだ
  169. カンダタ
  170. 幸せの結晶を殺す
  171. 問い
  172. なぜ運命から逃れられないのか?
  173. ドレスコード
  174. 女性不信
  175. 距離
  176. アイ・アム・レジェンド
  177. 縦列停車
  178. 激流に流されるのみ
  179. 絶海の孤島より
  180. どこをどう進んでも無理だったか?
  181. スコール
  182. 月がぼんやりと浮かぶ
  183. やっぱり熱中症で死者が出た
  184. 迷路
  185. 美学
  186. 証明写真
  187. 日常(天使の饗宴編)
  188. 日常(邪神の旋律編)
  189. スレダー(糸通し)
  190. 城跡を訪ねて
  191. 生きている間に何ができる?
  192. 雷鳥
  193. 履歴書(天使の饗宴編)
  194. 履歴書(邪神の旋律編)
  195. 「誰か助けて」なんて……
  196. 抗弁
  197. 透明
  198. Who are you?
  199. メトロノーム
  200. 回想が孤独を映す
  201. [詩集]スカーレット
  202. 森の中には魔女がいる
  203. オオカミに育てられて
  204. ハイエナのごとく
  205. ヘルサウンド
  206. ウサギとカメ
  207. 恋はみずいろ
  208. もう、取り戻すことにした
  209. 知能(IQ)
  210. 恐怖の大王
  211. もう一回、自殺か?それとも、殺人か?
  212. 砂時計
  213. 内心的効果意思
  214. 警官、またかよ
  215. ベルトコンベアー
  216. スクランブル
  217. この世に自分の理解者などいない
  218. めまぐるしく……
  219. 突然、この世から消えて
  220. 残されたものは枯れ果てる
  221. 次は誰が犠牲になる?
  222. 流されて
  223. 店員の思慮
  224. お前が殺したんだよ
  225. 今という時間
  226. 悪霊よ、出ていけ
  227. 我慢と自己中
  228. 荒療治
  229. 通報
  230. 破滅の神に付きまとわれて
  231. パスタ
  232. 秋雨に打たれて
  233. 壁画が崩れ落ちるように
  234. 50年、前倒し
  235. 囚われの逆マトリョーシカ
  236. 飛び降り自殺する寸前の人にかける言葉
  237. 無念
  238. 何も手につかない
  239. 地下1階のポエム
  240. 洗濯機の前に立って
  241. ランウェイ
  242. 「独りでもいい」と言う、運に恵まれた幸せな人生を送った奴を殺したい。
  243. 「1回きりの人生、楽しまなければ損」と言っている奴をメッタ刺しにして殺したい
  244. リピート
  245. 足跡
  246. 正解がわからない
  247. 私はどこにいる?
  248. 故郷に風穴が開く
  249. 末路
  250. 「終わり」の定義は、どこにある?
  251. スイミング・プール
  252. ぬかるみから光の世界に連れてって
  253. 四人
  254. この世には敵しかいない
  255. エニグマ錯視
  256. 渇かないと乾かない
  257. 不意に夜景が目に飛び込むとき
  258. 水たまりに映る醜い人間を殺したい
  259. すれ違いざまに何を思う?
  260. 100分の1すらパズルは完成しないまま
  261. 「自分に自信を持ちなさい」と無意味な激励をするクズ人間を切り刻みたい
  262. 無人駅
  263. 他人の本音
  264. 無意識の状態で、口からこぼれ出る言葉たち
  265. リアル冬のソナタ
  266. 未来からの使者?