今日に捨てていく【長編Ver.】

作者 野々ちえ

46

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

気になっていた人たちの物語の続きを読むことができて満足です。
行きつ戻りつ、空回りしつつ、見えたり見えなかったりしながらのサーガのような恋愛譚。
最初文字数を見た時は、「途中で飽きちゃうかも」と思いましたが、すごく自然に読み進められて、長さは全く感じることなく楽しめました。

これはこれで物語としてよくできていると思うんですが、個人的には忍を殴りたいというか、もっと生の感情を吐露させたい気がしました。このへんは多分に私の好みなのでお気になさらず。気になる小説ほど、個人的な思いがほとばしるので。

忍の物語の続きを楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

KACの連作短編だったものが、長編として帰ってきました。
短編のときに、もっとここを詳しく知りたかったなという部分が、期待に応えてくれる形で長編化しています。

心理描写は細かく、じれったさ、めんどくさい人間性も楽しくパワーアップしており、それに付け加えてハッピーな展開は、とても爽快さが残るムズキュン物語です。

★★★ Excellent!!!

紗菜子は、そろそろ不毛な恋愛を終わらせたいと思っていました。
お兄ちゃん的存在な幼馴染・忍は、「彼氏のフリして、一緒に別れ話についていく」と言い出します。
それをきっかけに、紗菜子は忍との関係を見直すのですが……。


とにかくこの二人、めんどうくさい(褒め言葉)。
このめんどうくささ、大人だからというわけじゃなくて、子どものころの事件が由来だったりするのです。
色々やることやってる人たちなのに、中身は純粋初心なんです。
女友達の奈子の、「こいつらさっさとくっつかないかなぁー」のセリフには、同意しかありません。

ただいま忍Sideが絶賛更新中です。
ベッドでもだえるような恋愛、いかがでしょうか?

★★★ Excellent!!!

KACのお題に沿った短編でも大変楽しかったのですが、大加筆により長編となり、パワーアップして再登場!

主人公の紗菜子、お相手の忍、二人の心情描写が詳しく楽しくじれじれエスカレートしていて、より一層魅力的な物語となっております。

「今日に捨てていく」というタイトルも、潔し、センスよし、前向き度よし、作品に非常にマッチしています。

KACの短編をプロットとしたら、こちらが間違いなく本編、本物!

まだ連載途中ですが、このあとの二人も最後まで見届けないことには死ねません。

★★★ Excellent!!!

KACで連作短編として書かれた物語の長編バージョン。
短編で人気に火が付いたから長編として再スタートしたわけです。
連作短編を読んでいるとき、
野々ちえさんを焦らしクイーンと呼んだのですけれど、
ええ、長編になっても焦らしてくれます。
過去篇まではじまってしまって、
じれじれ。
幼馴染のふたりがメインなわけですから、
長い歴史があったのですね。
そこを掘り下げて長編では描かれています。
でも大丈夫。
終わりはあります。

現在まだ連載中です。
わたくしは、完結までレビューを待てなんて焦らしたりしません。
短編バージョンでは
KAC9まででした。
今後どう焦らしつつKAC9の地点までもってゆくのか、
幻のKAC10になるはずだったその先はどうなるのか、
楽しみがとまりません。

追記:
『Side:紗菜子』が完結しました。幻のKAC10がいよいよ。って、まだだったんかい!