はえあるはる

作者 月岡雨音

三十一字が綴る綺麗でちょっぴり切ない恋心

  • ★★★ Excellent!!!

葵は見ている景色、感じた想いを、三十一字の世界に変える。

三十一字の世界に交わることができるのは、三十一字の世界のみ。

自分の世界にたった一人溶け込んで来た相手への想いはたった六字。

「逢いたいな」

二人の世界には届かない。


葵の成長と共に増える想いの文字綴る恋心。

それは、とても綺麗でちょっぴり切ない。

読んでいないのはもったいない!

まだ、お読みでないなら・・・いやお読みであってももう一度読んで頂きたい珠玉の作品!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

歌を詠むという文化はいつの時代もこうも美しいものかと思い出させてくれる作品でした。
31字という、限定された数の中に想いを込めるからこそ、その歌に私達は魅せられるのではないかと感じました。
人の命も… 続きを読む

地辻夜行さんの他のおすすめレビュー 80