【短編】隔たる狂気

作者 森林公園

この壁は眼が見いだしたのか、それとも心が生み出したのか

  • ★★★ Excellent!!!

主人公は他者には見えない壁が見えていた。
それも、特定の相手の前に存在する壁。
純文学系の見事な短編作品。
叔父に対する生理的な嫌悪感を臭わせつつ、壁を壊す一歩を踏み出させるその瞬間までを、流れるような文章と展開力で魅せている。
たいへん学びどころのある良作。
純文学を書いてみたいと思っている方には、特に一度お読み頂きたいと思える作品。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

地辻夜行さんの他のおすすめレビュー 75