棺の少女、夢の空

作者 笛吹ヒサコ

157

54人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

空が落ちてしまい、大地がバラバラになってしまった世界。空を取り戻すべく様々な都市を旅をする少女ナージェの壮大な冒険物語。

ナージェは黒い棺を背負っていて、そこには異形の怪物イェンが収まっている。

物語はイェン視点で描かれていくのですが、それがまた面白いです。
イェンは基本的には自ら動くことができないので、ナージェの後ろから状況を把握するような形になります。
その視点こそ読者視点のよう感じられるのですが、イェンの考える歪んだ思いに不気味さとダークさを覚えます。その視点と思いの絶妙なバランスが、この作品の魅力のひとつだと思います。

そして、終盤で明かされる世界の仕組み。
空を落とした張本人の思い。
イェンの考え。ナージェの思い。
まさに「規格外」の異世界ファンタジーがそこにはありました。

ダークでありながらも幻想的な世界とふたりの旅をぜひ味わってみてください!

★★★ Excellent!!!

失われた『本物の空』を求めて、少女ナージェと異形の怪物イェンが旅をするーー

まず最初のプロローグがとても印象的。
色んな国へ旅を続けるうち、世界の全貌が明らかになるくだりは、作者の力量の深さを思い知らされる。
秀逸な構成力に魅了されて、読み進めるうちに、どこまでもこの世界に身を浸していたいと思うはず。
一度読めば、ふたりの旅の行方を見届けたくなること間違いなし。

★★★ Excellent!!!

空が落ち、崩壊に向かう世界。棺を背負う少女ナージェと棺に眠る異形のイェンが、世界を元に戻すために旅を奇妙な街を旅して回る、SF風味もある壮大な作品です。

イェンの視点で綴られますが、時に暴走気味になる彼のナージェへの愛情表現は、
ダークトーンな物語の清涼剤となっています。

それぞれの街に住む人々の暮らし、彼らの過去を知る中で、崩壊に向かう世界やナージェそのものの秘密も少しずつ明らかにされていくストーリーに、ついつい次話へ次話へと手が動いてしまいます。とても巧みな構成。

作者様の既存作とのクロスオーバーもお見事。知っている人は「うおおお! ここでそれが出てくるのか!」となり、とはいえ知らない方でもすんなり読める、そのサジ加減が絶妙ですね。

最後の最後まで結末の読めない重厚なファンタジー、ぜひご一読ください!

★★★ Excellent!!!

破壊されてしまった世界で、世界を元に戻すために旅をする少女と異形のお話です。
世界と世界を渡る渡り鳥の存在、それぞれの居場所で精いっぱいに暮らす人々、そして彼らの生き方を尊重しつつもその考えに寄り添いきれない主人公のナージェ。
彼女と異形のイェン、彼らの旅の途中から、結末までの物語。
それぞれの過去も密接に絡み合い、実に規格外かつ重厚な世界観となっています。

筆者様の作品を知る者が読めば、過去作の要素にそれぞれニヤリと出来る演出も心憎いです。
とはいえ、読まなければ分からないという程ではなく、むしろ他の作品を読みたくさせるようなバランスで描かれています。

これを機に、皆様も魅力たっぷりの笛吹ワールドに触れてみてはいかがでしょうか。

★★★ Excellent!!!

ある目的の為、砕け散った世界を冒険するナージェ(少女)とイェン(異形)。

二人して異なった種でありながら両方必要とし、そして常に共にしている。美女と野獣という訳ではないが、少女と怪物の組み合わせはやはり美しい。

彼女達の行く先々ではあらゆる世界が待ち受けている。水の世界、子供だけの世界、そうした不思議で奇妙な体験なのに、読んでいるとワクワクさと恐れが同居して面白い。まるでナージェ達と共に、その世界の中にいるような気分になる。

『規格外の異世界ファンタジー』という名文句は決して誇張ではない。そう感じさせる物語です。

★★★ Excellent!!!

世界に空を取り戻すため、ばらばらになった『街』を旅して巡る、歳を取らない永遠の少女ナージェ。
彼女が背負う棺に封じられた異形の怪物イェンが、物語の語り部です。

この作品を読み始めて真っ先に惹かれるのが、その世界観でしょう。
夢の中のような理想郷の形を取りながら、その実どこかに闇を孕んだ『街』。
蠱惑的で、歪で、それゆえ不気味。
見せかけの平和の裏側で、本当は何が起こっているのか。
禁じられた扉の隙間からそっと向こうを覗くような甘美な感覚が、たまらなく癖になります。

そして、イェンがとにかく魅力的です。
ナージェに対して粘性の拗れた愛を捧げる一方で、彼が真に求めているのは彼女の『絶望』。
このように歪んだ愛憎を抱きながらも、基本的には冷静かつ常識的で、無茶しがちなナージェを窘めたりサポートしたりします。

ナージェの力なしでは棺の外にも出られないイェンですが、ナージェの知らない重大な事実を握り込んでいるようです。
まるで、互いを縛り合っているかのような関係。
そこに隠された秘密が紐解かれる時、きっと世界の真実が明らかになる。

物語がこの先どこへ向かっていくのか、とても楽しみです。

★★★ Excellent!!!

空が落ち、砕けた大地を舞台に時を止めた少女・ナージェと黒き棺に囚われた異形・イェンが旅をする壮大なダークファンタジー。

イェン視点で語られる柔らかで歪んだ世界は重く澱んだ空気に満ちてはいますが、気付けば飲み込まれ、薄闇に目を凝らし手探りで進む二人と一体となって先へ先へと読み進めてしまいました。

謎が解けたかと思えば、また謎が。
一つの旅の終わりは、また次の旅の始まりに。

この連鎖の行き着く先には何が待ち受けているのか?
元来の空の如き収束か、はたまた現在の大地の如き四散か、それとも?

謎多き世界に取り込まれて逃れられなくなる作品です。



イェンくんの活躍、楽しみにしてます!!

★★★ Excellent!!!

最初に手に取ったファンタジーというのは、こう言った物語だった気がする。

海外で出版され、いま日本で翻訳されたような、そんな瑞々しさと、歳を経たワインのような魅力が混在する不思議な物語。
私は、それをファンタジーと呼んでいた気がする。
そしてこの物語は、間違いなくファンタジーだ。

SF的な要素はある。
幾分のダークさもある。
けれど、それとは関係なく、物語はとても幻想的なのだ。
あっさりと、読んだ人間が魅了されてしまうぐらいに。

どこか懐かしく。
そして、なにかに祈りたくなる物語を。
どうぞあなたも、手に取ってみてください。

★★★ Excellent!!!

本作は、テンプレートに沿った作品が好まれる傾向の強いWEB小説界隈において、常にテンプレートを破壊し続ける笛吹氏の最新作である。

良質な海外ファンタジー小説を彷彿とさせる世界観を彩るのは、やはりテンプレートから逸脱した魅力的なキャラクターたちだ。

棺を担いだ永遠の少女ナージェと、棺の中に収められた醜い異形のイェン。

自らの意思で動くことの出来ないこのイェンを語り手とすることにより、笛吹氏のテンプレート破壊は一層加速している。

時に彼は、永遠の少女ナージェへの歪んだ欲望を吐露する。
率直で純粋な彼の愛情は、実に変態的で直截的だ。

艶めかしい闇を抱えた棺の中の彼は、世界の謎を簡単に紐解いてはくれない。私の触れて欲しい部分には興味も示さず、ただ永遠の少女ナージェを舐め回すように観察しているのである。

まるで、読者一人一人を焦らすかのように。

作り込まれた世界観を、三人称視点ではなく一人称視点で。
それも棺の中からの実況というカタチで紡いでいくという笛吹氏のアイデアと手法に脱帽しつつ、このもどかしさの中毒となっている私である。

★★★ Excellent!!!

 空が落ちて大地がバラバラに砕けた世界。
 時を止めた少女ナージェは、世界を壊した影王を追い求めて世界を旅します。水底に沈んだアトランティス。子供だけのネバーランド。
 聞きなれた理想郷の数々は、どこか歪で不気味な暗さをもってナージェと読者を迎えてくれます。
 そして、語り手のイェン君の歪さがまたたまらない……。
 彼は、ナージェのために影王が空を落としたと言っているのですが――
 

 淡々と、ただ淡々と、美しくも暗い世界観と、どこか悲壮感が漂う歪な物語が読者であるあなたを魅了していくことでしょう。はてさて、暗くも歪な物語はどこへ向かっていくか。この先が楽しみでたまりません。

★★★ Excellent!!!

 崩壊した世界。それを描いた冒頭部分から一気に引き込まれていく。
 歪んだ舞台に、歪んだ登場人物が巧緻な文章で描かれ、上質な世界観を築いていく。
 ナージェとイェンはどこに向かうのか?そもそも彼らはいったい何者なのか? 子供しかいない町の持つ意味は?
 謎がぐいぐい物語を引っぱって行き、興味がつきない。
 ちょっとファンタジーが苦手な人でも十分に読めるし、ファンタジーが砂人なら、なおさらだと思う。
 今後が実に楽しみ。

★★★ Excellent!!!

出だしから魅せてくれますね。
今のところ(12/9現在)、水底の街アトランティスと子どもの街ネバーランドが出て来ていますが、井上直久さんなどのような幻想絵画を観ているような世界。しかし、歪な常識に支配されている、ある種のホラー要素が色濃く出ているお話です。
空を取り戻すために旅立った少女と異形の者。不穏な気配漂う謎をこの二人がどのように解き明かして行くのか……。
先の展開が気になって、ついモヤモヤしてしまう作りが実に巧みで、一度読み出すと術中にハマってしまうこと請け合いです。
他の方のレビューにもありますが、今のうちから読んでおく事をオススメしたいですね。

★★★ Excellent!!!

偽空と呼ばれるかりそめの天蓋のもと旅を続ける、ひとりの少女と「棺に入った何者か(もしくは棺そのもの)」との物語。

まだまだ始まったばかりで謎だらけではあるのだが、その傾向に村上春樹や時雨沢恵一の色が見て取れる。

逆説的な考え方をすれば、その「謎」を楽しませる作品であって、いまを抑えておかなければ一気に引き離されるのは必定だ。

分からないからといって手放すには少々もったいない作品とも言える。

まだまだ先は長い。

いまのうちにフォローしておくことが肝要といえよう。

★★★ Excellent!!!

何一つおなじはない

お人形さんのように時を止めたナージェと、異形で歪んだイェン
アンバランスでありながら、ピースを一つ一つ嵌め込んで進んでいく
柔らかいタッチで描かれるダークファンタジー
世界観、キャラクターへの魅了が止まない、闇深く進む物語
(現時点のため編集します