棺の少女、夢の空

作者 笛吹ヒサコ

か弱い少女と棺の異形の、奇妙で不思議な冒険の物語。

  • ★★★ Excellent!!!

ある目的の為、砕け散った世界を冒険するナージェ(少女)とイェン(異形)。

二人して異なった種でありながら両方必要とし、そして常に共にしている。美女と野獣という訳ではないが、少女と怪物の組み合わせはやはり美しい。

彼女達の行く先々ではあらゆる世界が待ち受けている。水の世界、子供だけの世界、そうした不思議で奇妙な体験なのに、読んでいるとワクワクさと恐れが同居して面白い。まるでナージェ達と共に、その世界の中にいるような気分になる。

『規格外の異世界ファンタジー』という名文句は決して誇張ではない。そう感じさせる物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

世界に空を取り戻すため、ばらばらになった『街』を旅して巡る、歳を取らない永遠の少女ナージェ。
彼女が背負う棺に封じられた異形の怪物イェンが、物語の語り部です。

この作品を読み始めて真っ先に惹かれる… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

空が落ち、崩壊に向かう世界。棺を背負う少女ナージェと棺に眠る異形のイェンが、世界を元に戻すために旅を奇妙な街を旅して回る、SF風味もある壮大な作品です。

イェンの視点で綴られますが、時に暴走気味に… 続きを読む

榊あんかさんの他のおすすめレビュー 241