棺の少女、夢の空

作者 笛吹ヒサコ

美しくも歪な世界観

  • ★★★ Excellent!!!

出だしから魅せてくれますね。
今のところ(12/9現在)、水底の街アトランティスと子どもの街ネバーランドが出て来ていますが、井上直久さんなどのような幻想絵画を観ているような世界。しかし、歪な常識に支配されている、ある種のホラー要素が色濃く出ているお話です。
空を取り戻すために旅立った少女と異形の者。不穏な気配漂う謎をこの二人がどのように解き明かして行くのか……。
先の展開が気になって、ついモヤモヤしてしまう作りが実に巧みで、一度読み出すと術中にハマってしまうこと請け合いです。
他の方のレビューにもありますが、今のうちから読んでおく事をオススメしたいですね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夏炉冬扇さんの他のおすすめレビュー 105