異世界伝奇アクション巨編:ペンと剣が強し

作者 梧桐 彰

身内は大いに楽しめます(褒め言葉ダヨ)

  • ★★★ Excellent!!!

ツイッターでいいねした身内に設定を与えて登場人物として出すという試み。
いやホント、勢いで書いてると作者本人は仰ってましたが、よくここまで書けたなぁと。
ちゃんとそれぞれの特徴を捉えて、半ば強引にストーリーを組み立てた感じではありましたが、その破茶滅茶感は登場人物たる我々は大いに楽しめました。
もっとも関係していない人が読んでも「何だ、こりゃ」と言った感じでしょうし、その点は作者自身もそう仰ってますからね。
ともあれ、この試みそのものは斬新で面白いと思いますし、別な可能性をあるんじゃないでしょうか?
例えば著名な商業作家さんたちでコレをやるなんていうのも……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夏炉冬扇さんの他のおすすめレビュー 101