核から始めるダンジョンマスター

作者 浜地(はまっち)

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全12話

更新

  1. 只今、宣戦の御詔勅が渙発せられました
  2. 今、宣戦の大詔を拝しまして、恐懼感激に堪えません
  3. しかのみならず、敵は新たに残虐なる爆弾を使用してしきに無辜を殺傷し惨害の及ぶ所真に測るべからざるに至る
  4. 今次の災害は惨悪極まる空襲により我国民戦意の破砕を図らんとする敵の謀略に基づくものなり
  5. 私は父と子と聖霊の御名によって、あなたの罪を赦します
  6. どうして、人を教えながら、自分自身を教えないのですか。盗むなと説きながら、自分は盗むのですか
  7. 私達から離れてゆくこの人々の重荷をすべて取り去り、天に備えられた住処に導き、聖人の集いに加えてください。
  8. われわれ地方の指導機関の一部には、党の政策は指導者だけが知っていればよい、大衆に知らせる必要はない、と考えているものがいる。これが我々の活動が上手くいかない基本的原因の一つである
  9. 若し天下をして兼て相愛し、人を愛すること其の身を愛するが若くなら使めば、猶お不孝の者有るか
  10. 人間は、体力や天分においては不平等でありうるが、約束によって、また権利によってすべて平等になる
  11. 連盟よさらば! 遂に協力の方途尽く 総会、勧告書を採択し、我が代表堂々退場す
  12. 人間は一本の葦にすぎない。自然の中でもっとも弱いものである。だが、それは考える葦である