めぐりの星の迷い子たち

作者 陽澄すずめ

三人の運命と三つの物語が交錯する時、感動のクライマックスが訪れる!

  • ★★★ Excellent!!!

すごい作品です。
掛け値なしの感動が待っています。
それぞれ独立しているような、三人の主人公がおりなす三つの物語。
その単体だけでも十分に読み応えのあるドラマとストーリー性があります。
ですが、この三つが実に意外な形で絡み合っていくのです。

この構成が見事なのはもちろんですが、この発想が素晴らしい。
絡み合っていく三つの物語には、意外な仕掛けが施してあり、その展開には驚くばかりです。
やがて立ち現れるのは、時代の波に、過酷な環境に、立ち向かい生き抜いていこうとする人間の強さ。
それが三つ物語を貫いて鮮やかに浮かび上がってくるのです。

この物語がSF世界で展開されているのが、個性的であり、同時に作品のポイントとなっているのも見逃せません。
この設定だからこそ、この物語が紡がれたのだと分かります。
荒廃した地球のイメージ、月に築かれた未来都市、そんな対比がまた鮮やかです。

この作者さんの作品はいくつか読ませていただいておりますが、今作もまた素晴らしい作品でした。
とにかく読みやすい文章、光景が広がる美しい描写、血肉の通ったキャラクター、そして予想を上回っていくストーリー展開。
まさにどれを読んでもハズレなしのすごさです。

なかでもこの作品は人の強い意志、人と人とがつながっていく大切さ、そういったものが高らかに歌い上げられています。
近未来を舞台とした世界の描写、時折出てくる花畑の鮮やかなイメージ、などなども本当に素晴らしい。

まぁいろいろ書きましたが、とにかく読みやすくて面白い作品なのです。

ぜひ読んでみてください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

荒れ果てた未来の地球。人類が月へ移住したあとも地上に残された棄民のような人びと。
最後の月行きの宇宙船に乗った男が、地球と月と、人びとの運命をつなぐ物語。
印象的な鈴の音、感情とリンクする風景、大自… 続きを読む

関川 二尋さんの他のおすすめレビュー 837