九尾の花嫁

作者 すなさと

すべてのエピソードへの応援コメント

  • あとがき・お知らせへのコメント

    完結おめでとうございます(遅い)

    一昨日からこの作品を読ませていただきましたが、本当に素晴らしい作品でした。
    ストーリー、人物、文章、どれをとっても高い水準で、見つけてよかったと心から思える小説でした。

    ありがとうございました。

    作者からの返信

    40万字を越える物語を最後まで読んでいただいて、こちらこそありがとうございます。
    主人公たちの恋と成長を楽しめる作品をと思いながら書き綴った作品です。完結後も、こうして読んでいただけることは、本当にありがたく思います。

    まさか読み専さんからレビューをいただけるとは思っておらず。
    本当に感謝★感激です!!
    ありがとうございました! (*_ _)ペコリ

    2021年7月18日 17:24

  • 初めてのお仕事(4)へのコメント

    くぅぅ~、甘いなぁ………

    作者からの返信

    @GrationWorksさん、はじめまして!
    この度は、当作品を読んでいただいてありがとうございます。

    甘さ染み入るご感想、光栄です。
    第2話の中で、私自身もお気に入りのシーンの一つです(*´艸`)

    フォローや星評価までしていただきまして、ありがとうございました!
    とても励みになります! (*- -)(*_ _)ペコリ

    2021年7月18日 05:00

  • 篠平の里・番外編 男の純情へのコメント

    何と、オマケが出来上がっていた…!

    楽しく読ませて頂きました。
    もうちょっと、読みたいかも。(笑)

    作者からの返信

    こんにちは!
    時間に縛られず、好きに書いています。(^_^;)

    こういう番外編は、気軽に書けて楽しいですね。
    最近は、ヨミヨミしながら少しカクみたいな。
    仕事も忙しいので、いろいろと充電中です。

    2021年5月8日 21:55

  • 平凡な妖孤のある一日(3)へのコメント

    初めまして。
    自主企画で気になったので参加させていただきます。適度なルビや行間など読者への配慮がしっかりされていて、読みやすかったです。
    応援しています🙏

    作者からの返信

    涼音さん、はじめまして。

    ご覧いただきましてありがとうございます。
    ルビも行間も、けっこう適当に……なんですけれども、読みやすいと言ってくださって良かったです(*'▽')
    ★までいただいて、ありがとうございました!

    2021年4月29日 18:07

  • あとがき・お知らせへのコメント

    完結、おめでとうございます!

    長編ですが、壬と伊万里の恋愛からブレる事無く、物語の展開が進みましたね。
    読んでいても主観が見つけやすく、安心して読み進められました。
    私としては、あまり読まない長編ものでしたが、面白かったです。

    最終章は、やはり『 急いだ 』感が否めない部分や、誤字脱字がありましたが、長編の最後は、往々にしてそうなるモノ……
    修正を施されるとの事ですので、追々、校正される事でしょう。 『 ~だった。 』が連続しているので、その辺りの構成程度でよろしいかと。 『 ~となった 』に変換するだけでも、結構、イケますよ?

    次回作、じっくり時間を掛けて創作して下さいね。
    またお邪魔させて頂きますので宜しくです。
    良い作品を、ありがとうございました。

    作者からの返信

    夏川さん、こんにちは!
    もう、ほんとお疲れさまでした! こんな長編にお付き合いいただき、ありがとうございました。
    ただ今、仕事が煮詰まり休憩中。

    ご指摘の通り、最後は「もう終わらせないと」と、焦っていた感はありますね。でも、今の仕事の忙しさを思うと、終わらせておいて良かったとも思います。も、人生そのものが煮詰まってきましたわ。あははは。

    誤字脱字もさることながら、『~だった。』が連続してますか?
     もうはっずい(*/□\*) 
    また、ゆるりと確認してみます。

    また、素敵なレビューまでいただいて、ありがとうございました。
    最近、私も頑張ってレビューを書いてみようかと思っています。もらうと嬉しいものですね!
    また、そちらにもお邪魔させてもらいます(*- -)(*_ _)ペコリ

    2021年4月25日 15:22

  • あとがき・お知らせへのコメント

    こんばんは。

    完結おめでとうございます!
    鬼姫の嫁入りという驚きの導入から、少しずつお互いを意識するようになった壬さんと伊万里ちゃん、そして圭さんと、千尋ちゃん。
    お互いの恋心と、焔や篠平の里との因縁、壮大な物語が終わって幸せそうな二人が見られてとっても嬉しいです。

    壬さんが伊万里ちゃんとああして出会ったのは、九尾の二代目だったからなのか、彼女を守るために二代目の力を得たのか、どちらだろうなあなんて考えつつ、また最初からゆっくりと読ませていただきたいなと思っております。

    そしてそして「藤の花恋」!とってもとっても気になります!

    あとは総次郎さんと亜子さんのお話なんかも……。
    とはいえ日々お忙しそうなご様子。まずはくれぐれもご自愛くださいませね。

    素敵な物語をありがとうございました!

    作者からの返信

    橘さん、こんにちは(*- -)(*_ _)ペコリ

    最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。
    確かに、いろんな意味でめでたい。ほんと、いろいろ立て込んでいる時期なので、一つ終わらせたことですごい解放感!!

    「藤の花恋」は、ちょっと大人の恋物語です。
    かなり臭わせているので、お察しのことかと思いますが、あの御方が出てきますよ。

    しばらく好き勝手にカクヨムしたいと思います!(*´∀`*)
    そちらにも、また遊びに行きますね!

    2021年4月18日 11:31

  • あとがき・お知らせへのコメント

    連載おつかれさまでした!
    伊万里ちゃんふくむ思春期組の動きを、楽しく追わせてもらいました(*´∀`*)
    しかしもっと長大な構想の一部なのですね。藤花さんスピンオフも楽しみです。ぜひご無理のない範囲で続けていただければ!

    作者からの返信

    フロイデさん、いらっしゃいませ(*- -)(*_ _)ペコリ

    最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
    感謝……というより、もう労いたい。
    こちらは、年度末と年度始めの忙しい時期と重なってヘロヘロです。しばらく、時間を気にせずにカクヨムしたいと思います。
    そちらにも遊びに行きますよー!!

    2021年4月18日 11:14

  • 九つの尾(5)へのコメント

    「 おお、読める… 読めるぞ……! 」

    ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタのように、呻いてしまいました。
    業務から解放され、やっと来たら、かなりの更新が……!

    先を急がせない展開、良いですね。
    いよいよ、ラスト!
    期待してます!

    作者からの返信

    おお、ロムスカ!Σ( ̄□ ̄|||)

    夏川さん、いらっしゃいませ。
    一生懸命、クライマックスやってます。
    うまく着地できているか、もうドキドキです。

    2021年4月11日 23:25

  • 九つの尾(5)へのコメント

    わあ!いい感じにクライマックスしてますね~!!
    壬くんに伊万里ちゃん、おたがい気持ちが伝えられてよかった。里はどうなる?

    作者からの返信

    フロイデさん、いらっしゃいませ。
    返信遅くなりました💦 もう、いろいろ忙しく。
    リアナも読めず、ストレス溜まりまくりです。

    えへへ。クライマックスになってます。
    これから店じまいに向けてラストスパートです(笑)

    2021年4月9日 12:29

  • 母と娘(5)へのコメント

    年度末の忙しさに忙殺されていて、更には、時々に請けている探偵業務が入り、何と沖縄~石垣島~与那国島まで出張しておりまして、昨日、1週間ぶりに帰宅しました……

    帰宅してPCを開けたら、すなさと様の創作が、メッチャ進んでる…!
    惜しいので、ココまで拝読させて頂いた次第です。(笑)

    藤花の奔放さは、確かに腹立たしい感もありますが、何か悟っている胸中を感じました。 きっと、彼女には、彼女の意図する真実があるのでしょう。

    今後の展開、楽しみにしております!

    作者からの返信

    夏川さん、お久しぶりですm(_ _)m
    沖縄ですか! プライベートでないところが、夏川さんらしいというか。(^_^;)
    ほんと、暇~な時に覗いていただけるだけで感謝です。


    年度末、私も忙殺されております。今週もやること山積みで「まだ明日もある!」と思っていたら、今日が金曜日だと朝気づいた次第です。Σ(゚д゚lll)

    藤花は、書き始めたら自由な女性になってしまいました。でも芯のある女性です。

    新年度、始まりましたね。くれぐれも、お体にはお気をつけて。

    2021年4月2日 07:38

  • 初めてのお仕事(2)へのコメント

    総次郎さん、言うだけのことはありますね。
    少し得体が知れないけれど、男前(n*´ω`*n)

    Kiwamuさんという方が、炎をまとう刀を振る動画を公開してるんですけど、それを思い出しました。

    作者からの返信

    すごーい! Kiwamuさん見ました!
    めっちゃ迫力、これすごいですわ ( ゚Д゚)!!

    ジロさんは、私の中でもお気に入りのキャラです。男前と言っていただけると嬉しいです(///▽///)

    2021年3月22日 21:50

  • 初めてのお仕事(1)へのコメント

    伊万里ちゃん、というか、女の子はある意味大人だなぁと感じるシーンですね。
    吹いた玉が、ふわりと夜風に乗るところも美しいシーンだと思います。

    作者からの返信

    いらっしゃいませ。
    伊万里が大人対応しているシーンです。

    が、実は……(*´艸`)ムフフ。詳細はそうですね、「初めてのお仕事」が終わったあたりで番外編へどうぞ。

    2021年3月20日 00:07

  • 母と娘(4)へのコメント

    おー、お母さまとのつかの間の邂逅、いいですねぇ。まだ謎が山積みそう!

    作者からの返信

    フロイデさん、こんにちは。
    はい。母と邂逅させてみました。伊万里、会えて良かったなと、書いた本人が思ってみたり。
    藤花の話は、また別で。( *´艸`)

    2021年3月7日 13:48

  • 母と娘(3)へのコメント

    こんにちは。

    お母さま……かなりの曲者っぽくて素敵です!
    悲劇のヒロイン的な方を想像していたので、ギャップがなおよしな感じですね。

    父上、本当に気になりますので、続きを正座してお待ちしております!

    お邪魔しました!

    作者からの返信

    いらっしゃいませ(*'▽')♪

    伊万里の母親は、当初私も悲劇のヒロイン的な女性を想像していたのですが、いざ登場させてみると、もう藤花節が止まらない。さすが三百年の盟約を踏み倒すだけあります。
    そんな藤花の話は、また別で書きたいなと。

    コメント、ありがとうございました!

    2021年3月6日 18:09

  • 母と娘(2)へのコメント

    キャラクターの、それぞれの成長が良いですね。
    壬の成長が、一番の鍵なのでしょうが……

    作者からの返信

    夏川さん、いらっしゃいませ(*'▽')
    さすが、相変わらずの鋭いご指摘。
    そうなんですよね、壬の成長がキモというか。
    .....(;_ _)/| ずぅぅぅぅん

    2021年3月6日 00:53

  • 母と娘(1)へのコメント

    こんにちは。

    しばらく通知を見逃してしまっていたのですが、何ともドラマチックな展開に……!
    拓真くんが苦難を負いながらも壬さんの向こうを張って大活躍ですね。いい男になりそうです。

    そしてそして伊万里ちゃんの父親はもしかして……ととっても気になるところです。
    続きを正座してお待ちしております!!

    お邪魔しました!

    作者からの返信

    いらっしゃいませ(*'▽')

    はい、怒涛の展開です。今回、拓真が準主役級の大活躍で、ここまでやる男だったとは私も思わず……。
    伊万里はいろいろな思いを抱えたまま、次、母親との対面です!

    コメント、ありがとうございました!

    2021年2月27日 23:19

  • 混乱の里(1)へのコメント

    良いですね。

    ご自身の世界観からブレず、物語の展開にも違和感がありません。
    すなさと 様におかれましては、大変なご苦労かとは存じますが、ずっと読んでいたい……

    作者からの返信

    夏川さん、こんにちは。
    お越しいただきまして、ありがとうございます。

    ブレてませんか。良かった~。ε-(´∀`*)ホッ
    もう、あれもこれもどうするかなとか、だんだん収拾が……。
    最後まで読んでいただけるよう、頑張ります!

    2021年2月14日 17:07 編集済

  • 篠平、急を告げる(2)へのコメント

    わー 緊迫してたもんでつい、最新話まで行きついてしまいました。拓真っちも頼りがいありそうだし、第三の男登場、いいですねえ。

    作者からの返信

    わー(o゚Д゚ノ)ノ もうここまで!
    お疲れ様でした!
    拓真、書き出したら思った以上に面白い男で、どうしたもんかと。

    星と素敵なレビューまで、ありがとうございます!ヽ(*´∀`*)ノ
    気のきいたレビューが書けず、いつも星しか投げない私、激しく反省……。

    ありがとうございました!

    2021年2月12日 21:10

  • 谷の跡取り(3)へのコメント

    圭くん千尋ちゃんが離れたりくっついたりの話かなと思いましたが、過去の伝承がからんできたり、背後では谷にかかわる重要案件が進んでいたり、盛りだくさんの章でしたね!
    圭くんの心の変化、おもしろかったです。
    責任をしょって成長してきたからこそ弟に嫉妬しちゃったり、千尋ちゃんのことも大事にしすぎて逆に壁を作っていたり。二人が壁を破った証としての二度目のキス、良かったですね~(*´∀`*) 各キャラの心情の書き分けがお上手で、読んでいて楽しいです。

    この3章はとくにお話の構成もたくみで、すなさとさんの筆がのってるんだろうなと思いました。最後、ビッグイベントの予感!

    作者からの返信

    ここまで読了ありがとうございます。(*- -)(*_ _)ペコリ

    いろいろ盛りだくさんになってしまった話でした。書ききれていない部分もあったりするのですが、まあ、それはもう追々って感じで💦

    次は、さすがに三十万字を越えだして、ここらで終わらせておかないとってな感じでの、最終章です(^-^;

    コメント、ありがとうございました!
    また、お楽しみいただけたら幸いです。

    2021年2月10日 23:06

  • 彼と彼女の境界線(3)へのコメント

    ふたりの女子トーク、楽しいですね。
    伊万里ちゃんのこのアイデア、どこから来たんだろ。けなげでかわいい。
    優等生な圭くんの過保護っぽい愛情の向け方も、なかなかよろしい(*´∀`*) どうなるのかな。

    作者からの返信

    このアイデアは、彼女の愛読マンガ『キュートな花嫁』から来ています。
    伊万里は、恋愛についてはポンコツなので、「男がきゅんとする可愛い女ベスト10」みたいなゴシップ情報なんかも鵜呑みにしています。(そして、それを実践できないところもポンコツ)

    この章、優等生・圭のけつまずきっぷりがテーマ(?)です。嫌にならずに読んでもらえたら…💦


    2021年2月8日 21:32

  • 鬼の実行委員(3)へのコメント

    クラスメイトの無言の総意がおかしい( ̄m ̄〃)
    本物はまずいですよ、絶対入りたくない。

    >空箱集めは、嫁のたしなみですから

    ああ、綺麗な包装紙や紙袋もまとめてそうですね(^^)
    ガッツポーズが可愛い。

    作者からの返信

    そうなんです。チラシの裏(白紙部分)も切ってメモにしております。
    だって、嫁ですから!

    2021年2月8日 21:02

  • 一週後れのあとがき・番外編のお知らせへのコメント

    二話目、読み終わりました~!
    深夜帯に無言で♡だけ投げちゃって、すみません。区切りがいいところまでじっくり読みたくて。
    強くてけなげな伊万里ちゃん、最初はあまりに壬くんと能力差が大きすぎてうまくいくのか心配でしたが、壬くん成長しましたね~! 対大蜘蛛戦はちゃんとかっこよかった。総次郎さんのあの手この手のしこみのおかげかな。
    かっこいい大人キャラであるところの総次郎さんもよかったですが、ここぞというときに落としにくる壬くん、いいぞ~(〃ω〃)と思っておりました。クールに見えて不器用で、こういう男子はモテますよね~。

    続きは圭くんと千尋ちゃんのお話ということで、こちらも楽しみにしてます。
    この兄弟、おたがいにひそかにコンプレックスがあるんですね~。そういうの好きです。がんばれ若者~(*´∀`*)

    作者からの返信

    お疲れさまでした!
    ♡投げ、全然OKです! 私も投げっぱなしが多いので、お気遣いなく(*'▽')
    壬、少しは大きくなったでしょうか。スタートが、なんせ「器が小さい」なもんで(笑

    >続きは圭くんと千尋ちゃんのお話ということで、こちらも楽しみにしてます。
    ほんと、無計画に書いているので、読んでもらっているだけで恥ずかしいのですが、少しでも楽しんでもらえたら幸いです。

    ありがとうございました!

    2021年2月7日 16:44

  • 篠平、急を告げる(1)へのコメント

    こんにちは。

    ひえええ、壬さん容赦ない……!
    まあでも太一郎さん、清々しいほどの悪者っぷりだったので、心が傷まないのがむしろ若干哀れです……。

    真実を知った拓真さんが今後どういう選択をするのか、そして壬さんと伊万里ちゃんの関係がどうなっていくのか、ますます楽しみにしております。

    あとあとこちらで申し上げるのも何ですが、「Somewhere~」なんだかアレなお話でしたが最後まで読んでいただいて、自主企画でまでご紹介いただいて、本当にありがとうございました!

    作者からの返信

    いらっしゃいませ。

    太一郎は分かりやすいほど悪役です。この話、ミステリーじゃないので、基本的に悪役は悪役っぽく書いています。(分かりやすい!)

    このあと、さらに混乱が増していく中、どうやって収拾をつけようか悩んでます。ほら、ノープランなので。

    『Somewhere~』の紹介は、本当はもう少し早くしたいなと思っていたのですが(カクヨムコンが終わっちゃう…)、遅くなってしまいました。なんとか、読者選考最終日までには紹介できました!

    2021年2月6日 18:00

  • 鬼の実行委員(2)へのコメント

    文字なのにキンキンした声が聞こえてきそう。
    きゃんきゃん吠える杏奈が哀れに見えてきますね。いや、やってることはあれですけど。
    それにしても糸の正体はなんなのでしょう。


    こちらの番外編はショートのほうにあるのですね。
    最新話まで読んでからと思ってましたが、後程覗いてみます(^^)

    作者からの返信

    典型的な嫌がらせですが、そんなことに怯むわけもなく💦
    そして、穢玉を焼き潰してますが、あることに必死になっています。
    番外編をどこに置くか悩んでこうなりました。
    あとから、話の途中に「小休止」として差し込めば良かったのか??と思ってみたり。

    2021年2月6日 01:55

  • 転校生のお約束(2)へのコメント

    >おまえのたしなみは、いったいいくつあんだ!

    ほんとにな。

    いやあ、壬くんお疲れ様でした。
    強いんだなぁとニマニマしつつ、伊万里さん、スカートで戦闘は控えたほうがとハラハラしました(笑)

    作者からの返信

    伊万里は伏見谷に差し出される姫として教育されているので、いろいろたしなんでおります。
    私もスカートで戦闘はどうかなあって思いましたが、伊万里は止まってくれず(笑)。

    2021年2月4日 12:40

  • 藤の深山(3)へのコメント

    キター!
    正義の味方の登場!

    …いや、茶化した訳ではありません。
    久し振りに、心躍るキモチにさせてくれましたね。 嬉しいです。

    この後、どんな展開になるのか… 私が、想像(希望)した展開になるのか…
    どちらにせよ、期待しております!

    作者からの返信

    いらっしゃいませ!
    はい、誰が主人公だか分からない感じになってきたので、登場させてみました(笑)
    篠平の次男坊が言うこと聞きませんわ。

    ご期待に添える展開にできるのでしょうか。プレッシャーです!
    ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    2021年2月3日 07:38

  • 谷の狐と姫の一日(1)へのコメント

    大満足の第1話でした!(≧▽≦)
    伊万里ちゃんが着々と知識(!)を身に着けているのが、可愛いやらおかしいやら。
    次は学校ですね。美少女の転校生、色々な意味で波乱の予感です。
    楽しみ♪

    作者からの返信

    お疲れさまでした~。
    次は学校編です。伊万里が高校生活満喫します!

    無理せず遊びに来てくださいね。
    ありがとうございました!

    2021年2月1日 00:36

  • 思惑と祈り(4)へのコメント

    切ないのに、なぜこんなに笑えるのか(^^;
    いいご家族。
    壬くん・・・発言にはよーく気を付けましょう(思春期だしね、うん――と、一応フォロー)。

    作者からの返信

    壬は、しばらく伊万里の部屋出入り禁止となりました(-_-;)
    あさ美さんは、娘が欲しかったので伊万里と千尋が大好きです。たぶん、息子たちより好きです(^-^

    2021年1月31日 17:45

  • 初めてのお仕事(4)へのコメント

    もだもだしていますね!いいなぁ。
    壬くんも年齢相応のかっこ悪さとかっこよさがありますよね(〃ω〃)応援応援。

    作者からの返信

    次郎の前ではまだまだひよっこなので、かなりかっこ悪いです(^_^;)
    まだまだもたつきますので、暖かい目で応援してあげてください。

    2021年1月30日 15:52

  • 鬼の実行委員(2)へのコメント

    女子が陰湿なのってなんだか好きです。わくわくしながら読んじゃう。
    けだまをじゅってして遊ぶ伊万里ちゃんもかわいい。

    作者からの返信

    いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
    けだまを焼き潰して遊ぶ伊万里、実はあることに必死になっています。
    九尾の花嫁shortで紹介してますので、良かったらどうぞ。(*´・∀・)つ

    そろそろ、そちらの三角関係も読みに行きたい。

    2021年1月30日 07:21

  • 思惑と祈り(2)へのコメント

    焔――一筋縄ではいかなそうですね。

    姫としてあえて傲慢にみせた伊万里ちゃんが健気すぎて、もう。
    魂を削ることなく大事なものを守るにはどうしたらいいのか。
    すごくワクワクします!
    (もしかして樹なつみとかお好きですか?なんとなくその絵柄で脳内再生されますw)

    作者からの返信

    樹なつみ──、相内さんはエスパー? もしかしてエスパー??
    懐かしい! 好きでした! (/ω\)はっずい!
    恋愛一辺倒になりがちな少女漫画ぽくないところが。
    返信でなんでこんなに興奮してんですか、私。

    ありがとうございました!

    2021年1月30日 07:00

  • 急襲と妖の刀(2)へのコメント

    先生、さすが言動が大人で男前です。さらりと褒めた。

    今回は緊迫のシーンでしたね。
    焔は無邪気な子どものようで、怖くも感じます。
    とはいえ、かっこいい回でした!

    作者からの返信

    先生、きらりと光ります。なんと言っても、先生ですから!
    ありがとうございました!

    2021年1月29日 07:54

  • 夏祭り(2)へのコメント

    今話、伊万里ちゃんが可愛すぎる!
    千尋ちゃんのセレクトは爆弾仕様でしたね。グッジョブ。
    なのにいったい何があったのか(はらはら)

    あ、毎回のコメントはめんどくさかったら顔文字でも返しておいてください(^^;
    コメント書くときはやたら書くのですが、普段はハートだけのほうが多いのです。
    単純に、一言二言置いていきたいお話なんですよ♪

    作者からの返信

    私はマメにコメントを書かないタチなので、もう、かえって申し訳ないです。

    ちなみに、大胆ワンピを着るまでに千尋にかなり言いくるめられています。何も分からない伊万里は、戸惑いながらも千尋師匠の言いなりです(^_^;)

    2021年1月28日 21:29

  • 夏祭り(1)へのコメント

    >本当に普通に仲直りしなさいよっ

    お母様、もっとも過ぎて、赤べこのように頷きまくりましたわ。

    それにしても、スマホのトークで笑いました。
    硬すぎるのに、なんてかわいいの!
    女の子二人のいちゃいちゃ(?)は、ほのぼのしますねぇ。

    作者からの返信

    伊万里は頭が古風(?)なので、おしゃべり口調で手紙を出すのが苦手です。なので、電報調💦 それに千尋が合わせている状態です(^_^;)

    毎日のようにコメントありがとうございます_(._.)_

    2021年1月27日 12:36

  • こんな間違い、気の迷い(2)へのコメント

    壬・・・( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
    いや、笑い事じゃないのですが。
    シリアスとほのぼののバランスがいいですねぇ。好き。

    それにしても伊万里ちゃんの悩みは、まったく彼女に非がなくて気の毒です。
    誰の嫁になるのか分からないところも含めて。
    これは相当器の大きな男が必要ですね(チラッと芋虫男を見つつ)。

    作者からの返信

    これが、普通に小さい男で(笑)!
    伊万里は、嫁という称号を先に手に入れたばっかりに悩みがこじれてしまいますね。
    やはり、大きな男モトムってやつです。(芋虫ですが……)

    2021年1月27日 00:12

  • これは誰のせい(3)へのコメント

    ふふ。ニヤニヤ回でございました。
    圭くんが成長したなぁと思ったら(*´艸`*)
    壬くん、考えるより先に動くタイプっぽいですね。

    作者からの返信

    はい。
    そして次回、反省タイムです (^o^;)

    2021年1月25日 12:45

  • 迷える乙女(3)へのコメント

    こんばんは。

    最新話まで追い付いてしまいましたー!
    伊万里ちゃんの葛藤もわかりますが、覚悟を決めた壬さんが、なんだかめっちゃ男前ですね……!

    もう一人の優良物件くん、横恋慕大好物ですが、これはなかなか入り込めなそう……笑

    あとあと、何気にさらっと、亜子さまなんかさらっと凄いことおっしゃってませんか……?!そのあたりもうちょっと詳しく……!

    お忙しそうですが、くれぐれもご自愛くださいませ。
    続きを楽しみにお待ちしております♪

    作者からの返信

    いらっしゃいませ。
    よくぞここまで辿り着いてくれました! (*゚Д゚*)

    最後の最後で大迷走の箱入り姫です。篠平の優良物件は、「こいつ、なかなかいい奴じゃん」とすなさとが気に入ってしまいました。

    総次郎と亜子は、まあ、あれですよ。格闘技ですよ。(/ω\)キャ

    また、お暇なときにお立ち寄りくださいませ。
    私も、続きを読みに行かせてもらいます!

    2021年1月22日 21:53

  • 川遊び(1)へのコメント

    あら。
    壬くん、天然タラシでしたか(自覚なしがいいですね(*´艸`*))

    作者からの返信

    はい、無自覚です。一番あかんやつです。
    そのせいで、いろいろ失敗します(^-^;

    2021年1月21日 22:26

  • 相手のいない花嫁(3)へのコメント

    壬君、よく頑張った。
    男前!

    作者からの返信

    壬、頑張りました!

    いつもコメントありがとうございますm(_ _)m

    2021年1月20日 08:20

  • オマケ番外編:護とあさ美の朝食へのコメント

    こんばんは。

    お父さん……! 可愛すぎてにまにましてしまいました。
    あさ美お母さまのクールさも愛があっていいですね!
    男兄弟の男親だとこんな感じなのでしょうか。

    可愛い娘さんたちがお嫁に来ちゃったときの反応が楽しみです……!
    続きもこの後楽しみに読ませていただきます〜。

    お邪魔しました!

    作者からの返信

    今回は夫婦漫才です。当然、お互いを「お父さん」「お母さん」と子供目線で呼び合います。話下手なお父さんは、なんとかお母さんから情報収集しようと必死ですが、
    それが返って怒りを買うと言う……。頑張れ、お父さん!

    男は中学辺りから本当に何も話さなくなるらしいです。知り合いのお母さんは、ラインを送ってもYESかNOでしか返って来ないらしいですよ。

    2021年1月19日 22:33

  • 九尾の盟約と「にえ姫」(4)へのコメント

    うーん。
    虫って・・・多分そのままの意味じゃないですよねぇ。
    お兄ちゃんは「素直」すぎるのかしらん?
    まあ多分、これが普通の態度なのでしょうけど、伊万里ちゃんがいい子だけに後ろから小突きたくなりますね(やれやれ)。

    作者からの返信

    圭の態度がおそらく一般的ですよね。
    物語の中、圭と壬とで伊万里の呼び方が違います。それがそのまま、伊万里との距離かなと。

    仲良くなるにはもう少し時間がかかります。はい(^-^;

    2021年1月18日 22:34

  • 九尾の盟約と「にえ姫」(3)へのコメント

    ふふ(*´艸`*)
    口止め必須案件ですね。

    作者からの返信

    はい。伊万里、悪気なくうっかりさんです(((*≧艸≦)ププッ

    2021年1月17日 10:24

  • 谷の跡取り(3)へのコメント

    こんにちは。

    いよいよお話が大きく動き、クライマックス!でしょうか。
    第三話はそれぞれの葛藤を乗り越えて想いを伝え合う様が素敵でした。圭さん、やっぱり吹っ切れたらぐいぐいいきますね……!

    それと、このお話の童さまと少年右玄の物語にすごく引き込まれました。
    彼が伏見谷にたどり着く前にどんな運命をたどったのか……。
    できれば彼のお話をスピンオフなんかで読んでみたいなあと思ってしまいました。

    まずはこの後も続きを楽しみに読ませていただきます。
    お邪魔しました!

    作者からの返信

    いらっしゃいませ!

    大きく動かしてみました。さすがに30万字を越えだして、「いや、こんな文字数、誰が読むの?」って思いだしてしまい💦

    右玄とわらし様……年代考証から始めないといけないですね。鬼斬の存在も、書かねばなりません。鬼斬は別の話で要の存在です。ここでは二、三行で終わりましたが(笑)

    来週あたりから、そちらに出没したいと思います!

    2021年1月16日 16:12

  • 谷の狐と姫の一日(1)へのコメント

    壬くんは年齢相応の男子感もありつつ、ところどころに女子をどきどきさせてくる小技がきいてていいですね(〃ω〃) ふりまわされちゃってる鬼嫁伊万里ちゃんを見てにやにやしています。
    妖刀と鞘の謎もうまい感じに情報が開示されていて、続きが気になる構成はさすがです(*´∀`*)

    作者からの返信

    もうここまで来たんですね!お疲れさまでございます。
    朝から忙しくて、先ほどからようやく返信作業をしております((+_+))

    壬、年齢相応になってますか。もうはるか昔の高校生を、高校生らしく描くのがけっこう大変で。ほら、もう忘れてますから(笑)💦

    コメント、ありがとうございました。

    2021年1月16日 15:31

  • 平凡な妖孤のある一日(2)へのコメント

    食べかけなの?食べかけを出すの?
    と、思わず吹き出しました。
    かわいいなぁ。

    作者からの返信

    いらっしゃいませ。
    はい、食べかけです。物欲しそうに見ている子どもに思わずあげてしまう、あれです。( *´艸`)

    2021年1月15日 23:01

  • 平凡な妖孤のある一日(3)へのコメント

    こんにちは。
    企画ご参加ありがとうございます。
    美少年の妖狐と、贄の鬼の子ですか。どんな恋愛が紡がれるのか、楽しみです。
    また読みに伺いますね。

    作者からの返信

    久里さま、はじめまして。
    わざわざ足を運んでいただいてありがとうございます。

    決して短いとは言えない話となっておりますので、お楽しみいただける限りで読んでもらえたらと思います。m(_ _)m

    2021年1月14日 21:38

  • こんな間違い、気の迷い(2)へのコメント

    おやおや!
    四人の関係が、甘酸っぱくもぞもぞしていて、いいですね~~!
    伊万里ちゃん、ぴしっと強く気高く、うぶなところもあって、かわいい。
    お話の進めかたも丁寧で読みやすいです(*´∀`*)

    壬くんの成長に期待しつつ、「器が小さい」って伊万里ちゃんに言われてしょげてるのもなかなか捨てがたいです。

    作者からの返信

    いらっしゃいませ(*'▽')

    四人がもぞもぞ、うじうじする話です。はい。
    20万文字過ぎた頃に、さすがに何かしないかんと思いました💦

    ちなみに、「器が小さい」って言われている壬は、実は私も密かに好きです。(*´艸`)

    2021年1月14日 21:34

  • 平凡な妖孤のある一日(1)へのコメント

    少し時間が出来たので、ゆっくり読ませてもらいます。
    文章の感じとか、キャラとか、かなり好みです(^^)

    作者からの返信

    相内さん、いらっしゃいませ。
    遊びに来てくださってありがとうございます。

    毎日更新、お疲れさまです。8万文字まで来ましたね。物語は七から八合目という辺りでしょうか。今、他の方の作品も含めて、順番に読破中です!
    こちら、お気遣いなくでOKですよ~。ほら、なんせ、本人も想定外の30万文字越えなので。

    コメントありがとうございました。

    2021年1月13日 23:46

  • 迷える乙女(1)へのコメント

    3人とも、相手の気持ちを考えずに言動を起こすから、こんな事態に展開してしまうのでしょうね。
    もしくは、相手の事が頭から離れず、相手との最高のシチュエーションの達成を、最優先に考えるからでしょうか……

    次回の更新、楽しみにしています!

    作者からの返信

    こんにちは。いらっしゃいませ。

    三人とも、若いですから💦
    まだまだ感情が先走ります。あはは。

    コメント、ありがとうございました!

    2021年1月13日 00:22

  • ないものねだり(3)へのコメント

    こんにちは。

    もつれて絡まってるけれど、女子はしっかりしてますね!
    互いに自分のことはややこしいけど、相手のことはしっかり見えていて、大切に背中を押してあげる関係、とっても素敵です。

    二代目とはっきり宣言された壬さんと伊万里さんもますます進展しちゃうのでしょうか。
    そしてこっそり総次郎さんの再登場に期待しつつ、続きも楽しみに読ませていただきます!

    お邪魔しました!

    作者からの返信

    橘さん、こんにちは。

    千尋と伊万里は、とっても仲良しになってくれました。壬と伊万里も行きつ戻りつ進展するはず(?)です!

    「Somewhere, Nowhere~」、ひとまずフォローさせていただきました。今、別の作品を読破中なので、後日必ず読みに行きたいと思います(*'▽')

    コメントありがとうございました!!

    2021年1月6日 22:32

  • 二人の夜(2)へのコメント

    じれったいなぁ…(笑)

    でも、2人のキャラなら、この展開でしょう。
    すなさとさんも、大変ですね。
    でも『 恋愛 』から、ブレない創作、非常に心地良く感じます。
    今年もお互い、納得のいく創作、頑張りましょうね!

    作者からの返信

    いらっしゃいませ。

    ははは、大変です。
    どうしましょう、この展開(笑)

    今年も、楽しみながら頑張りたいですね!

    2021年1月5日 21:12

  • 彼と彼女の境界線(2)へのコメント

    こんにちは。

    モフモフ……! まさかの壬さんモフモフでの甘え……!
    獣姿でのじゃれ合い、最高です。ありがとうございます(何)

    それにしても似た者兄弟なのか、わりとまっすぐだった圭さんも、ここにきてぐるぐるしてますね……。
    座敷童子の封じ込められた結界も、解いてしまって良いのかしらとドキドキしつつ、続きも楽しみに読ませていただきます!

    お邪魔しました!

    作者からの返信

    いらっしゃいませ。
    壬、いちゃつき禁止令が出ているので苦肉の策です。で、伊万里も意外にモフモフ好きという。

    この章の話は、そこそこ順調だった奴がつまずくと、ぐずぐずになるというのがテーマ(?)です。圭のぐずっぷりからの這い上がりを、嫌にならずに読んでもらえたら…。

    コメント、ありがとうございまいした!

    2021年1月3日 22:30

  • 二人の夜(1)へのコメント

    また、ややこしい三角関係予備軍が……
    もう1人、登場して来た童も、何かキーワード的な予感が……

    次回の更新、楽しみにしています。

    作者からの返信

    夏川さん、さっそくありがとうございます。
    昨日は、酔いつぶれて寝てしまいました💦 お正月なので。
    三角関係……はい、出してしまいました。篠平の次男坊は、ずっと前からいたキャラなので、やはりからませないと!

    更新は毎週末で、1~2話更新しています。ご自身の負担にならないペースで読んでくださればと思います。

    2021年1月2日 07:22

  • 篠平の跡目(3)へのコメント

    ううむ… 読み切ってしまいました。
    更新は、いつですか?(笑)

    大人向けの物語ですね。
    恋愛がテーマにはなっていますが、シチュエーション・設定は、ティーンにはハードルが高いかと。
    まあ、異常に詳しい中学生もいますから、全てに限った事とは、言い切れ無いと推察致しますが…

    早く、続きが読みたいとは思いますが、最終章です。
    じっくりと考察して頂き、満足のいく創作を目指して下さいね!

    作者からの返信

    うーむ(゜゜;)
    追いつかれてしまいましたか。本当にここまで読んでいただいてありがとうございます。m(._.)m

    実は、今しがた更新しました。だいたい金~日にかけて定期的に更新しています。定期更新の方が、毎回読んでくださっている方々に分かりやすいかと思って。今日は元旦なので、ちょっと早めの更新です。

    読者層はご指摘のとおりで、とても悩みます。で、ブレながら書いた結果が、ティーンズ向きでも大人向きでもないような、どっちつかずな話になってしまいました。(と個人的に思ってます)
    まあ、商用で書いているわけではないので、好きに書けばいいって言われればそうなんですが💦

    カクヨムって小中学生でも好き勝手に閲覧できますよね(制限ってかかるのかな?)。子どもたちが読むかもと思うと手が止まり、趣味として書いている者としては好きに書きたい!って気持ちもあり・・・。ほんと悩みます。

    2021年1月1日 15:48

  • オマケ番外編:護とあさ美の朝食へのコメント

    最終話まで読み付けました。
    篠平の跡目争い、気になりますね。 古より、数え切れないほどの争いの基となったシチュエーションです……

    年明けから、読ませて頂きますね。 期待してます!

    作者からの返信

    明けましておめでとうございますm(_ _)m
    本当にここまで読んでくださって、ありがとうございます。

    探偵日記、私も『 身上調査の女 』ではないですが、結婚にまつわる悩みを聞く機会があります。お子さんが本当に可愛そうなんですが、親も大人になりきれていないケースも少なくなく…。なんというか、大人のサポートも必要だったりするんですよね。単に相手に「もっとしっかりしろ」と言うだけでは解決しない、闇の深さを感じます。

    今年も、夏川さんにとって実り多い年でありますように。

    2021年1月1日 01:09

  • 解ける境界(5)へのコメント

    またまた、お邪魔しています。

    この章が、今までの中で一番好きですね。
    更に言えば、座敷童が、物の怪の中では一番好きなんです。
    座敷童が出る、と言う地域を、仕事で取材した事があります。 双子のように、常に2人で居る、とする地域もありますね。
    夜中に、天井が「 ミシッ… 」と鳴るのは、座敷童が走り回っているからだそうです。
    単に、温度差・湿度の変化で鳴っているんでしょうが、そこは、そこ…(笑)

    良き、日本の言い伝えは、調べれば調べるほど奥深く、飽きません。
    この物語も、そんな『 飽きない 』雰囲気があり、大好きです。
    また、お邪魔致しますね!

    作者からの返信

    こんばんは。ようやく休みです!

    座敷わらし、私も好きで。親しみがわく物の怪ですよね。やはり、童というのがミソですね。可愛い。
    取材されたことがあるなんてすごいです。

    今では科学的に説明できることも、昔はそれが物語となる。昔の人は、趣がありますよね。

    コメント、ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ
    夏川さんの探偵日記、この休み中に読破したいと思います!

    2020年12月29日 01:43

  • 解ける境界(1)へのコメント

    全てにおける『 和風 』的な展開が心地良いですね。
    ますます、見逃せません。
    時間を見つけてお邪魔致しますので、これからも宜しくです!

    作者からの返信

    夏川さん、いらっしゃいませ。
    古い人間なもので、和がやはりしっくりきますね💦

    お忙しい中、ありがとうございます。
    12月に入って、何となく忙しい毎日です。こちらも探偵日記、また読みに伺いますね!

    2020年12月28日 12:24

  • お化け屋敷は大騒ぎ(5)へのコメント

    こんばんは。

    ようやく! 壬さんもついに自覚してお認めになりましたか!
    それにしても総次郎さんの格好いいことといいましたら……!スピンオフとかございます?(すみません!)

    あと何気に名前が木戸孝允似の木戸くんも格好いいですね。大橋さんの過去も気になるところですが、まずは壬さんと伊万里ちゃんの進展を楽しみに続きも読ませていただきます!

    おっさん企画へのご参加もありがとうございました。総次郎さん推しの私といたしましては感無量です!

    ありがとうございました~!

    作者からの返信

    いらっしゃいませ。

    スピンオフ、実はあります。はい。
    ただ、すなさとの妄想が爆発→エッセイで「恋愛とエロは違う」と偉そうに語っていたのに、「これ、ただのエロじゃね??」となり、今ちょっと中断しております(涙
    ジロさん、セルフレイティング無しでは書けなくて。上品にエロく(?)書くって難しい。

    おっさん企画、橘さんの企画だったので参加させていただきました。他の方だったら、「おっさんいつ出てくんの??」って言われそうで💦

    アドベントカレンダー、またちまちま読ませてもらいます。ただ、もう一つの『somewhere~』も読まないと十分に楽しめないことが分かったので、そちらもおいおい読ませてもらいますね♪

    2020年12月22日 23:44

  • 約束は災いのもと(4)へのコメント

    ちょっとー!壬さん、そりゃないですよ!!

    もう私といたしましては総次郎さんにさらっていただいて全然ウェルカムですよ!!
    むしろちょっとさらってあげてください!!

    ……というおかしなテンションで失礼いたしました。
    いやー、甘酸っぱいですね。素敵です。

    お邪魔しました!

    作者からの返信

    こんばんは!今週は忙殺されてます。はい。

    壬、ヤキモチ爆発です。ほら、総次郎にかなわないと思っているヒヨッコですから。
    最初はもっと伊万里とジロさんを絡ませようかと考えていたんですが、思っていた以上にジロさんはオヤジキャラになってしまい……。っていうか、ジロさんにさらわれたら、タイトルどうしよう💦 『次郎の花嫁?』

    コメントありがとうございます(*'▽')

    【追伸】
     おっさん企画、参加させていただきました!
     脇キャラ&前半ほとんど出番なしなのですが…。

    2020年12月17日 22:38 編集済

  • 初めてのお仕事(2)へのコメント

    こんにちは。

    ああ、次郎さんなんたる私好みの素敵なおっさんぷり……!ちょっと最近不足していた成分(何の)が満たされました、ありがとうございます。

    なのに一瞬たりともよろめかない伊万里ちゃんの一途っぷりたるや……!

    壬くんも自分の想いと衝動に戸惑いつつ大人になっていくのですね……なんて思いつつ。

    続きも楽しみに読ませていただきます。
    お邪魔しました!

    作者からの返信

    いらっしゃいませ。

    ジロさんで補充できましたか? 良かったです♪(/ω\*)
    なぜか壬や伊万里より、脇役書いている方が楽しいという💦

    壬は、そう、まだまだ子供です。なので、後先考えなかったり、そのくせ最後でビビったり。ちょっとずつ成長するので長い目で見守ってあげてください(笑

    コメントありがとうございました!

    2020年12月11日 21:16

  • 転校生のお約束(3)へのコメント

    こんばんは。

    思いのほか独占欲丸出しの壬さんと伊万里ちゃんの何とも面映い恋模様に可愛らしいこと、とにまにましておりましたが、ここにきて髭!曲者っぽい!顎くい!と何とも、素敵なおっさん風の方が……!(すみません!)

    メインのお狐様兄弟と鬼姫さまに巫女さんだけでなく、脇を固める方々も個性豊かで本当に素敵だなあと思います。

    焔と猿様の縁も気になるところです。
    続きも楽しみに読ませていただきますね。

    あまりに総次郎さんが気になってしまい、乱文にて失礼しました。
    お邪魔しました!!

    作者からの返信

    いらっしゃいませ。

    はい。気持ちダダ洩れ感が否めない壬を押しのけ、いきなりのジロさん登場です。
    見た目そこそこ若いですが、おっさん風ではなく、正真正銘のおっさんですね(笑
    セクハラで世の中が成り立っていると思っています( *´艸`)

    また、いつでもお立ち寄りくださいませ。
    コメントありがとうございました!(*_ _)ペコリ

    2020年12月4日 23:28

  • 思惑と祈り(4)へのコメント

    こんばんは。

    こっそりいつも楽しく読ませていただいておりました。

    壬くんの、たらしなのか(失礼)ピュアなのか悩んでしまう素敵な男前っぷりと、伊万里ちゃんの何とも可愛らしい姿にきゅんきゅんしております……!

    二代目なんて!という彼女の切実な叫びが健気で切ないですね……。二人が幸せになれるようお祈りしつつ、また続きを楽しみに読ませていただきます。

    あ、あと、猿の方、素敵です……!
    お邪魔しました!

    作者からの返信

    はじめまして。
    いつも、ふらりとお立ち寄りいただき、ありがとうございました。
    よくぞ、ここまで辿り着いてくださって💦

    今ちょうど、こちらも『海の王と風の娘』を楽しく拝読させていただいております。当初、いつもハートを落としていってくださっていた橘さんと『海の王~』の作者さんが同一人物だと繋がっておらず……。あとから、「あっ」となりました。
    時間がなくて、職場の休憩時間にあの扇情的な話を読んでおり、背後に人が立つたびにビクッとしている次第です。危険です。

    ★までありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ
    猿、私も一番好きですよ。ええ。

    2020年12月3日 22:02

  • 一週後れのあとがき・番外編のお知らせへのコメント

    お疲れ様です。

    とりあえず、区切りの良い所まで拝読出来たワケですね。
    『 恋 』と言うテーマがある以上、ノープランでも良いかと、私は思います。
    その方が、奔放的な面白さが、展開に影響する場合がありますから。(笑)
    次章からも、楽しみにしております。

    あ… 拙作の論評を引用されたとの事ですが、あくまで、一意見としてお使い下さいね? 考え方は、人それぞれですから……

    では、また!

    作者からの返信

    夏川さん、本当にお疲れさまです。
    よくぞ、ここまで。ほんと読破していただき、ありがとうございます。

    また論評の件も、ありがとうございます。まったく違う話ではあるのですが、私が考えるきっかけとなった一意見として紹介させてもらっています。
    私、意外(?)に毒舌吐きなもんで、そのうち怖い批判が来るのではとビクビクしています。

    ではでは。

    2020年11月20日 23:17

  • お化け屋敷は大騒ぎ(5)へのコメント

    いやいや、イイですね…!
    ココまで突っ込んだ展開は、退屈しません。 臨場感もあります。

    中々、イッキに読む時間が無い為、少しづつですが、楽しませて頂きますね!

    作者からの返信

    夏川さん、こんにちは。
    そして、コメントありがとうございます。

    最近、ちょっとエッセイ的なものを書き始め、今日は夏川さんの「異世界モノ…」でのご指摘を引用させていただきながら書いていた最中です。引用をご報告に行くべきか、なんか宣伝に行くみたいで嫌だな、と悩んでいたところです。
    というわけで、引用させていただきました。m(__)mご報告。

    お仕事、とってもお忙しそうですね。無理なされないよう。
    また、そちらにも遊びに行きますね!

    2020年11月20日 00:06

  • 九尾の盟約と「にえ姫」(1)へのコメント

    こんにちは。戸﨑享です。

    今回は自主企画『(週刊カクヨムNo.22 延長戦! + No.23ゲスト作品募集!』にご参加いただきありがとうございます。

    今回参加していただいた作品は、企画主的、ピックアップ作品として10月24日からの週刊カクヨムで紹介させていただくことにしました。(掲載の可能性は企画ページに掲載しています。https://kakuyomu.jp/user_events/1177354054934639693)

    万が一掲載辞退をご希望の場合は、私の近況ノートに連絡してください。

    作者からの返信

    戸崎さま

    はじめまして。すなさとです。
    いつも「世の中にはおもしろい企画を立てる方がいるなあ」と拝見しつつ、参加する勇気が出ずに企画終了を眺めているということを繰り返していましたが、今回思い切って参加させていただきました。
    掲載、ありがとうございます。
    どうぞ、よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ

    2020年10月24日 05:23

  • 思惑と祈り(2)へのコメント

    ファンタジーだ!
    これぞ、現代のファンタジーです!
    拙作論評で斬った者共、見るが良い・・!

    作者からの返信

    夏川さん、こんにちは!

    よくぞ、ここまで読み進んでいただきました!
    もう感謝と労いの言葉しかありません。
    思いっきり女子向けのライトノベルだと自分自身、思っているので💦

    夏川さんにファンタジーと言っていただけただけで、もう満足です。
    ありがとうございました!(*- -)(*_ _)ペコリ

    2020年9月13日 14:58

  • 九尾の盟約と「にえ姫」(4)へのコメント

    率直コメント企画に参加いただきありがとうございます。

    めちゃめちゃ可愛い……伊万里ちゃん(笑)それに美形の狐兄弟だなんて、女子のツボつきまくりな作品ですね……っ!(笑)
    九尾の里をふくめて、妖たちのそれぞれの今後の暮らしを見守りたい、早々にそんな気持ちになって堪りません〜!

    (追記)
    わわ、前回の企画をご存知だったのですね……!一読者のただの一意見として、作者さまが大事になさっているラインを越えてしまわないように、次の企画でも心掛けてゆきたいと改めて思わせて頂きました。
    こちらの物語には、なんの足しにもならない黄色い声しか残すことができずに、申し訳ありません。「ここが分からないかな?」という疑問を抱かない作品に関しましては安心して没頭してしまうため、黄色い声しかあげられず仕舞いです(汗)笑

    作者からの返信

    九尾の花嫁を読んでいただき、また貴重なコメント、ありがとうございました。

    コメント企画は怖くてあまり参加しない方なのですが、前回の企画で夜宮さんのコメントを拝読させてもらい、率直ながら嫌みのないコメントに心惹かれ、今回参加させていただきました。

    可愛いと言われ、伊万里も喜んでおります。
    今後も、女子ツボを突き続けられるよう頑張ります。m(_ _)m 

    (追記)
    黄色い声も十分貴重なコメントです!
    女の子向けに書いている作品で、ちゃんと女の子向けになっているようなので、ひとまず安心しました(///ω///)♪

    2020年9月4日 22:26 編集済

  • 九尾の盟約と「にえ姫」(2)へのコメント

    大変に興味ある展開ですね・・!
    お若い方と推察致しますが、古の言葉使いも熟知されているご様子。
    『 にえ 』ですか・・ 姫は、生贄にされたのでしょうか。 はたまた、皇家に『 献上 』された過去を持つのでしょうか。
    気になる展開は、今後、じっくりと拝読させて頂くと致します。 中々に時間が無いのが残念ですが・・・

    あと、拙作『 ひと夏のレビュー 』に、おすすめレビュー、ありがとうございました。
    他にも、リニューアルしたい作品がありますので、精進致します。

    これからもお付き合いのほど、よろしくお願い致します。

    作者からの返信

    夏川さま。こんにちは。
    コメント、ありがとうございます。

    こちら、少女漫画をイメージして書いている娯楽モノですので、本当に男性の方にはかなり読みづらいのではないかと…💦
    読書は自由であれ!が私もモットーですので、お気遣いなく。もし気が向いた時にでも覗いてくださいませ。

    お互い、時間がないですね。創作、頑張ってください。

    2020年8月27日 00:05

  • こんな間違い、気の迷い(2)へのコメント

    壬、謝りかたを完全に間違っていますね。
    本気じゃないとか、もおもおっ(*`ω´*)!

    作者からの返信

    はい。間違ってます。が、本人は全く分かっていません。
    もう、ダメダメですね。。。

    コメント、ありがとうございました!

    2020年8月13日 21:51

  • 川遊び(1)へのコメント

    先日は読みます企画へ参加頂きありがとうございます。
    早速ですが。

    本日8月12日「九尾の花嫁」を「読んで良かった作品」へ掲載いたしましたので、そのご報告です。
    掲載ページは次の更新までの間、新規紹介作品となっております。
    一読頂き、感想文に問題が無ければそのままで、もし何かありましたら、当該ページにて申し付けください。
    修正等の対応を行いますので。

    このコメントは確認後削除して頂いて構いません。
    以上、よろしくお願い致します。

    作者からの返信

    ゆうさま

    「読んでよかった作品」への掲載とそのご連絡、ありがとうございます。
    評価をいただけただけでも大満足だったので、まさか掲載されるとは思ってもみませんでした!
    ありがとうございました。(*- -)(*_ _)

    2020年8月12日 20:23 編集済

  • これは誰のせい(3)へのコメント

    壬の大胆な行動。伊万里ちゃんだけじゃなく、私もびっくりしたー!
    無意識だとしたら、恐ろしいです(*>д<)女性の心をかき乱しますね。

    作者からの返信

    いつもコメントありがとうございます。

    基本、壬は深く考えてません(笑)
    今後の二人をまたお楽しみください(^o^)

    2020年8月11日 13:00

  • 相手のいない花嫁(1)へのコメント

    みんなの会話が、それぞれ味があって面白いですね!
    やきもちする感じとか、素直じゃない感じがキュンときます(*´ー`*)

    作者からの返信

    コメント、ありがとうございます。
    うちの子たち、けっこうヤキモチ焼きです。

    今後もお楽しみいただけたら幸いです。(*'▽')

    2020年8月6日 22:27

  • 平凡な妖孤のある一日(3)へのコメント

    はじめまして!
    伊万里ちゃんが可愛くて、コメントしました。
    この先どうなるのか楽しみですが、毎日ゆっくりと読ませてもらいますね。

    作者からの返信

    はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    読者の方からの応援は、とても元気がでます。
    お話しはゆっくり進みますので、またぜひゆっくり読みに来てください。

    ありがとうございました。(*- -)(*_ _)ペコリ

    2020年8月2日 17:39

  • 平凡な妖孤のある一日(1)へのコメント

    企画開催『恋愛×異世界ファンタジー』の質問をしたかったので、この1話だけとりあえず読ましていただきました。
    僕の作品は『異世界』は達成しているのですが、まだ『恋愛』の要素が出ていません…。今後に付け足すのですが…。
    それでもいいのなら参加さして頂こうと思っているのですが、どうでしょう?

    一方的な質問だけで、コメントを埋めるのはあかんと思ったので、1話の感想を…。
    現実世界の話なのに主人公が狐であるという設定はとても面白いと思います。
    続きが気になりました。
    では、頑張って下さい。
    企画への参加は返信が来てからにしますね。

    作者からの返信

    こんにちは。はじめまして。
    ご丁寧にご質問ありがとうございます。
    質問のために、わざわざ感想まで…。そこまで気を使わなくても大丈夫です!

    結論的に言うと、恋愛要素を盛り込む予定であるならばOKです。
    その逆もしかり。前回も「これ、ファンタジー要素が今後出てくるのかなあ??」と思いながら拝読したものもありました。
    恋愛×ファンタジーの要件は、割とゆるゆるです。ちなみに、異世界じゃなくてもいいですよ。

    ご参加、お待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

    2020年8月1日 00:35 編集済