悔恨 ~ Re:g-Re:t ~《原著 武論斗さん》

 うわっ、ビックリした。

 お前、俺が見えんの?


 見える……見えるのか。アレか、霊感が強いっていうか、ガキだから見えんのかな。そういうことかな。


 俺? 俺はユーレイだよ。

 ……怖くないって? そりゃ、ユーレイにもいろいろあってだな、怖くないヤツもいるに決まってるだろ。

 そう、わかればいいんだよ。


 坊主、お前、名前は?

 そうか、ユキマサか。一人? こんな夜中に公園に来やがって。

 親はどこ? 一人家を出てきた?

 ふーん、おじさんがイヤだから飛び出してきた? おかあさんと結婚した?

 ほうちょうでやっつけようとしたああああ!?


 こら! おいおい、ガキのくせにぶっそうなことするんじゃねぇよ。もう、しちゃダメだぜ! そんなこと。ほうちょうはあぶないから持つな! 警察に捕まって、ろうやに入れられちゃうぜ!



 ……わかったんならまあいいよ。なんだ、フクザツな家庭で育ってんだな。


 大丈夫だ。ガキのしたことだから大人は許してくれるぜ。まあ、すぐ探しに来るだろ。俺がそばに居てやるぜ。それまでここに座れよ。


 俺の名前? 小林。小林戦兎。

 せ、ん、と。せんとせんと。

 漢字で書くとな、戦うウサギ、ていう意味だよ……おい、なんだよ! なんだそれ! 親父! おふくろ!戦うウサギってなんだよ! 弱っちそうだよな!


 ……ありがとう。そうだよな、刀持ってるミッフィーみたいで可愛いよな。


 なんでユーレイになったかって、そりゃ、お前、死んだからだよ。

 事故? みたいなもんかなあ。いや、タタリってヤツだな多分。


 すげえ怖い犬に襲われたんだ。腹をかぶられて死んじまったんだよ。


 山ん中にいたんだよ、そっから俺を追いかけてきたんだ。


 なんでって……そりゃあ、その犬が閉じ込めてあったものが壊れたからだよ。


 なんでって……俺のせいだな、多分。俺がシッコかけたら壊れちまったんだ。


 なんでって……わかんねえよ。シッコかけたら壊れるようになってたんだよ。それで怒ったんじゃねえの。


 どうしてって……そうだなあ、シッコかけたら誰でも怒るだろ。


 どうしてって……そうだな、相手が嫌がることをしちゃいけなかったよな! ごめん! ごめんなさい! 良い子のお前はこんなことしちゃダメだぜ!


 これから、俺、どうなるのかなあ。

 俺、しばらくユーレイだと思うんだよ。


 ユーレイになっちゃったワケかあ。

 ううん、すごく後悔してるっていうか。


 くやしい、ていうか申し訳ない、しまったなあ、ていう気持ちだよ。

 それが強くて俺、しばらくユーレイなんだと思う。


 え、いやいや、シッコかけたことじゃねぇよ。

 死んじまったこともさ、そんなに悔しくないんだ。


 ほら、人間いつ死ぬかわからないし、だれでも死ぬときゃ死ぬんだよ。

 どんな奴でもだれもがいつか土に還るんだよ……いま、ちょっとかっこいいこと言ったよな、俺。


 後悔していることが二つあってさ。


 一つはダチの大木が、すげえ俺が死んだことに後悔してること。

 死んでユーレイになったらさ、人の気持ちが分かるっていうか、感じることができるようになったんだよ。

 大木っていうやつは、自分がしっかりしていたら、俺は死ななかったんじゃないか、って考えてるんだ。


 仲の良いお友達、じゃあなかったな。

 俺は大木が好きだったけど、あいつは俺のこと俺ほど好きじゃなかったと思う。


 どれだけ、大木が好きかって?

 そりゃ、お前、ソンケーだよ、憧れだよ、ファンだよ!


 大木の名前は文士、って言ってな。ブ、ン、シ。ぶんしぶんし。


 間のン、をとったら武士だぜ?

 ホントにブシみたいになんかシブくてかっこいいんだよ!

 ブンガクのブンに武士のシ、だぜ?

 頭良さそうな名前だろ、俺と違って。

 実際、めっちゃ頭が良かったんだよ。


 正義マン? ああ、そういうのとはちょっと違うなあ。アレだな、ちょっと前のシンケンジャーのシンケンレッドみたいな感じ。見たことあるか?あれ。殿! って感じだよ。お、わかったみたいだな。


 ……でっけえあくび! 眠そうだな、お前。寝ろよ。ベンチに寝転べ。俺が居てやるから。おかあさんたちがきたら起こしてやるよ。


 ……大木はさあ、勉強もスポーツもなんでも出来て、クールでさあ。そんで群れなくてさあ。なんか陰があってミステリアス、てやつ。でも、一本筋が通ってるっていうか、漢、ていうか。そこにホレたっていうか。男が男に惚れる、ってヤツだよ。

 あ、おい言っとくけどビーエルじゃねぇぜ!


 ……なんだ、もう寝たのかよ。そうだな、もう深夜だもんな。ガキは何処ででも寝るよな。

 大丈夫かな。風邪引かねえかな。


 俺が大木にまとわりついてただけで、大木は俺なんかどうでもいいヤツだったと思うんだけどさ。俺が死んであいつ毎日後悔ばっかりなんだよ。なんか悪いじゃん、あいつのせいで俺が死んだワケじゃないのに。それが申し訳なくてよ。俺がシッコかけたせいなのによ。そこまで気にすんなよ、て言いてえんだけど、あいつには伝わんなくてさ。それが俺の申し訳ない、ていう気持ちのひとつ。


 もうひとつは。


 いいよな、お前寝てるんだし。

 もうどうにもならないことだから言っちまうけどさ。


 ……俺、実は『くだん』の一族なんだ。じゃじゃーん。ひみつだぜ。


 くだん、くだん。ヒトのにんべんに牛。


 死ぬ前に100パーセント当たる予言をしてこと切れる、ていう特別な能力を持った一族なんだよ。


 太平洋戦争で日本が敗ける、て予言したのは俺のひいじいちゃんだし。

 ツナミを予言したのは俺のじいちゃんだ。


 俺の先祖は死ぬ前に大災害や事件を予言してきたんだ。

 死ぬ前だけそんな力を発揮する、てのがミソだよな。わけわかんね。


 それで、俺もさ。

 死ぬ直前にが見えたんだよ。


 伝えなきゃ、て思うじゃん。

 知らせなきゃ、て思うだろ。


 でも、教室にはイヌのバケモノしか居ねえし。


 だから考えて書くことにしたんだよ。

 ほら、サスペンスドラマで死にかけの人が自分の血で文字を書くじゃん。それ。


 考えて考えて。めんどくせえ字はちょっと変えてさ。


 俺は書ききったんだよ。

 死ぬ前になんとか書けた。



 でもさ、誰も俺が書いた意味をわかってくれねえんだよ。

 なんか見当違いの答えばっかりだしやがって。


 ああ、もう! 殺した犯人のなまえだとか、そんなんじゃねえんだよ。うがあああああ!


 でも、誰もわかってくれないしさ。


 せっかく、予知したのに。

 俺、予知損だよ。死に損じゃん?




 だから、これが最大の後悔。





 思うんだよ。




 ……もっと勉強しとけば良かったなあ、て。


 うん、マジで思った。






 そういうことだから、お前もしっかり勉強するんだぜ。


 俺みたいに後悔しないようにな。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る