撫子踏まずに焔を背負え

作者 秋保千代子

掛け合いのシーンがとても楽しい

  • ★★★ Excellent!!!


 会話でのやり取りが実にいい。
 健気で優しい主人公の感情がすんなりと入ってくるし、相手の反応もとても自然で、場面が変わってもシーンごとに作品世界をすんなりと楽しめる。

 また、地の文で情景をさりげなく補足し、目の前で起きている場面のように感じながら読み進められる。
 タグにもあるように、まるで時代劇をTVで観ているような感覚で、気楽に気持ち良く楽しめる作品です。

 置かれた状況が辛めのものでも、地道に、そしていつも通りに生きる主人公達の様子も所々で察せられ、それが作品世界を厚くし、リアル感あるエンタメと感じた。

 時代小説と意識することなく、作品世界の時代感に没入させてくれる作者さんの手腕には素直に脱帽です。

 ストーリーはこれから佳境にはいるのでしょう。

 きっと最後まで、読者を作品世界へ浸らせてくれるに違いありません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

兄を探すために江戸までやってきた、結衣。
危ない目にあう彼女を助けてくれたのは、南千住界隈で慕われ、怖れられる一癖も二癖もある男、相模。
果たして兄は見つかるのか? 兄が失踪した目的とは?
そして結… 続きを読む

湯煙さんの他のおすすめレビュー 326