大日本帝国 -綴錦-

作者 古人

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全132話

更新

  1. 幕末の動乱
  2. 第1話 目覚めの時
  3. 第2話 行動の時
  4. 第3話 雌伏の時
  5. 第4話 訓練の時
  6. 第5話 研鑽の時
  7. 変わりゆく人々
  8. 第6話 修練の時
  9. 第7話 上洛の時
  10. 第8話 調整の時
  11. 第9話 暗躍の時
  12. 第10話 正当化の時
  13. 取るに足らない個人史
  14. 第11話 保護の時
  15. 第12話 帰郷の時
  16. 第13話 再会の時
  17. 第14話 邂逅の時
  18. 第15話 談話の時
  19. 若人の頑張り
  20. 第16話 動揺の時
  21. 第17話 看破の時
  22. 第18話 改変の時
  23. 第19話 同盟の時
  24. 第20話 遭難の時
  25. 第二次長州征討
  26. 第21話 斜陽の時
  27. 第22話 落日の時
  28. 第23話 出立の時
  29. 第24話 行軍の時
  30. 第25話 内戦の時
  31. 明治への足音
  32. 過去のやり残しと未来への思い
  33. 明治初期の動揺
  34. 戊辰戦争 最終戦開幕
  35. 宮古湾海戦
  36. 戦の合間に
  37. 明治二年の京都
  38. 火種と火蓋
  39. 蝦夷上陸
  40. 進軍
  41. 客人
  42. 報告
  43. 会議
  44. 古賀勝俊
  45. 敵を欺くには
  46. 箱館戦争
  47. 窮鼠の抵抗
  48. 終戦へ向けて
  49. 内戦終結へ
  50. 静かな終結
  51. 新たな始りへ
  52. 軍部への介入
  53. 出迎え
  54. 鬼の居ぬ間
  55. 鬼の居ぬ家
  56. お雇い外国人
  57. 鬼たちの間
  58. 初対面の挨拶
  59. デマに踊る
  60. 明治初期の福岡
  61. 県の胎動
  62. 早良製糸場
  63. 武人として
  64. 切り拓く者
  65. 1871年秋
  66. 不詳の者
  67. 妖女
  68. 私塾 薫風堂
  69. 塾生
  70. 貯蓄中
  71. 留守役組
  72. 表は真面目
  73. 光と影
  74. 明治六年
  75. 上山田村人衆
  76. 黒い思惑
  77. 明治六年の政変
  78. 短刀一つ
  79. 激変
  80. 雷雲仙人
  81. 区外地にて
  82. 闇討ち
  83. 嵐の合間
  84. 秋月の乱
  85. 未来への地
  86. 薫風堂事件
  87. 秋月の戦い
  88. 月隠れの夜
  89. 甲夜
  90. 乙夜
  91. 丙夜
  92. 丁夜
  93. 戊夜
  94. 夜明け前に
  95. 再始動
  96. 不平不満
  97. 時代の終焉へ
  98. 士族の商い
  99. 研究所見学
  100. 現場見学
  101. 贈り物
  102. 茶屋 薫香
  103. 士族の商法
  104. 日本で初めて
  105. 北の地
  106. 武士の終焉
  107. 西南戦争勃発
  108. 福岡の乱
  109. 秘密兵器
  110. 責任
  111. 植木町遭遇戦
  112. 西南戦争司令部
  113. 木葉山の戦い
  114. 雷山の館
  115. 維新三傑
  116. 熊本城開放
  117. 御船の戦い
  118. 戦の裏側
  119. 四殖公
  120. 軽音楽
  121. カフェー
  122. 中洲川端
  123. 急転
  124. 明治前期の政治
  125. 内務卿
  126. 遺言
  127. 1879年夏
  128. 歩む道
  129. 遅老薬
  130. 明治十四年の政変
  131. 壬午軍乱
  132. 鹿鳴館
  133. 対岸の火事
  134. 内閣制成立
  135. 建白運動
  136. 鉄鋼参入