螺鈿の鳥

作者 結城かおる

36

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

妬み、讒言、陰謀、暗殺、惨劇……中国、則天武后の時代を舞台に繰り広げられる人々の思惑。
情景や服飾の描写が非常に優れており、きらびやかなイメージがしっかりと浮かびます。
華麗な宮廷を舞台にしていながらその惨劇と情念の苛烈さ・醜さがよい対比になっていて、終盤へのいいアクセントになっています。

いや、中国の宮廷って本当に怖いですよねえ(汗)

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

武則天という人物の恐ろしさを見事に活写している作品です。
この人のことは単に上昇志向が強いとか、政敵には容赦がない、といった言葉では捉えきれないものがあります。
この比類なき女傑がときにある種の弱さも垣間見せつつ、そして繰り出してくる最後の一撃。
これはもはやホラーでしょう。
ずっしりと重い読みごたえのある一作です。

★★★ Excellent!!!

――

決して長い物語ではない。
あたかも、歌うような独特のリズムで語り始められる物語は二人の姉妹の話。
運命がその立場をわけた姉妹は、やがて、悲劇的な最後へ突き進んでいく。その鍵となる則天武后と仄めかされる内心の葛藤。ーーおぞましくも、美しい物語は、ピリッと毒を持っている。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

7世紀末、隆盛極まる大唐で最も強い権力を握っていたのは、
後に高宗と謚される天子その人ではなく、皇后、武氏である。
彼女は一般に則天武后と呼ばれるが、やがて自らが即位し、
中国史上唯一の女性皇帝となった。ただの「后」ではない。

武とは彼女の姓であり、military powerを表すものではないが、
武則天という呼称の字面の何と猛々しく、力に満ちていることか。
単に悪女と呼ぶには、彼女が成してのけた事績は巨大に過ぎる。
この途方もない女傑には、私は怖くてうまく向き合えない。

本作『螺鈿の鳥』は、武則天が皇后であったころの物語だ。
ヒロインは野心と姉への嫉妬を胸に、武后付きの宮女となる。
女同士のどす黒い権謀術数が渦巻く後宮を、武后は支配する。
その支配の黒子こそ、自ら武后の狗となったヒロイン仙月である。

カクヨムには上げていないが、私も東洋史ベースの歴史物を書く。
原稿を読んだ人から「本当に女か?」と呆れられる程の武断派で、
初めはあった「東洋史が書ける女性ならぜひ後宮物を」との声も、
「もう少し色恋を絡めたら……」という助言に変わってしまった。

そんな私だから、後宮のドロドロや女の怖さを描いた本作には、
純粋に憧れを抱いたし、正直に「これは書けない」とも思った。
それなりに東洋史を知っているため、中国歴史物は地雷である。
ウェブ上で初めて、武則天らしい武則天を描く小説に出会った。

おぞましく恐ろしいラストが特にいい。
「やはりそう来るか」とニヤリとした。
並の悪女では女帝の足下にも及ばない。
女帝の脆さと弱さもまた危うい魅力だ。