螺鈿の鳥

作者 結城かおる

新たな楽しみを探しているあなたに

  • ★★★ Excellent!!!

 見慣れない語彙には注が用意され、登場人物と舞台も少ない。
 文字数も一万二千字未満で手軽に読める分量。
 それでいて、作者さんの筆力のおかげで、則天武后の恐ろしさや宮廷・後宮の雰囲気をしっかり味わえる。
 歴史時代小説を気軽に味わうための小説と言っても言いすぎではない作品です。

 作品世界の空気を感じられたなら、そこには新しい楽しさが待っています。歴史時代ジャンルを食わず嫌いで避けて来た方には是非触れて頂きたい。 

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

湯煙さんの他のおすすめレビュー 325