鳴瀬川成志の憂鬱レシピ

作者 おおさわ

「料理」って「愛」なんです

  • ★★★ Excellent!!!

主人公のナルシがいい。

元ヴィジュアル系バンドマンで、
現在は料理関係の仕事が多いタレント。
その彼が、亡き姉の娘を引き取っていて……

という設定がすでに物語を予感させ、
実際に期待以上の内容がある。
キャラがいいんです、ナルシの。
そして、姪っ子がまたいい。

そのへんの描写が、あえてぶっきらぼうなのも
ナルシの優しさ、つまり愛の形のようです。

――と、詳しく説明してもしょうがないので
あとは本文を訪れていただくことにして、
私は最後のひと言をば。

おおさわさん、ごちそうさまでした!

とっても、いいお話でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

やけにテンションが高い小説紹介文を読み、「大丈夫かな、これ?」と一抹の不安を抱きながら本編へ――。

今流行り?の歳の離れた男女の同棲もので、興味津々。この手の小説は、大概、その人間関係に重きを置か… 続きを読む

真野絡繰さんの他のおすすめレビュー 250