鳴瀬川成志の憂鬱レシピ

作者 おおさわ

そのレシピは、あるいは手紙のようなもので

  • ★★★ Excellent!!!

 かつてのバンドマンが共に暮らすのは、亡き姉が遺した一人娘。年月を経れば、彼女も成長し、主人公はすっかりコミュニケーションのやり方を忘れてしまっていた――――これは、そんなある日のお話。

 男の不器用な想いを包み込むのは、ほろりと苦いピーマン。そして、微かに感じる涙のしょっぱさ。
 愛ある料理には、きっと言葉だけでは伝えきれない想いが宿るのでしょう。それは時に心を映す鏡であり、手間暇かけて綴った手紙のようなものでもあり――――

 今夜の夕飯は誰に食べてもらおうか。
 一度でもそう考えたことがあるなら、お勧めの一作です。きっと、その意味を思い出せるでしょうから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

やけにテンションが高い小説紹介文を読み、「大丈夫かな、これ?」と一抹の不安を抱きながら本編へ――。

今流行り?の歳の離れた男女の同棲もので、興味津々。この手の小説は、大概、その人間関係に重きを置か… 続きを読む

鉄機 装撃郎さんの他のおすすめレビュー 145