鳴瀬川成志の憂鬱レシピ

作者 おおさわ

青臭くて、苦くて、中身は空っぽで、でも、そこには愛がある。

  • ★★★ Excellent!!!


 一気に読んでしまった。

 一発屋の元ヴィジュアル系バンドマンが、亡き姉の一人娘を引き取って・・・
 という、主人公ナルシーの境遇が、それを追い掛けるだけで長編一本分のネタになり得ると想う。

 全体的にコメディタッチのストーリーなのだが、最後の最後でホロリとさせられるシチュエーションがあったり、読み応え十分の作品に仕上がっている。

 自信を持ってオススメします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

このあらすじ紹介から誰が想像できようか! 切なさに目頭が熱くなる、大人のためのヒューマンドラマです!
文体も、ニヤリとするほどアップテンポで笑いに満ちているのに、やはり優しくて親しみがわく。
どうぞ… 続きを読む

宮明寺勝大さんの他のおすすめレビュー 277