百魔剣物語——聖女と死神と欲望の魔剣——

作者 せてぃ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全78話

更新

  1. 序章
  2. 第1話 結末
  3. 第一章
  4. 第1話 クラウス・タジティ
  5. 第2話 シホ・リリシア
  6. 第3話 暗闘
  7. 第4話 決闘
  8. 第5話 死神
  9. 第6話 幼い決意
  10. 第7話 魔剣アンヴィ
  11. 第8話 気配
  12. 第9話 ローグ・バジリスク
  13. 第10話 死者に安らかな眠りを
  14. 第11話 紅い剣
  15. 第12話 死神の死
  16. 第13話 強奪
  17. 第14話 人殺しの気迫だよ
  18. 第15話 この男、本当に人間なのか?
  19. 第16話 貴様はおれが封じる
  20. 第二章
  21. 第1話 騎士の困惑
  22. 第2話 神など、信じていない
  23. 第3話 まるで化け物じゃねえか
  24. 第4話 アザミ・キョウスケ
  25. 第5話 フクシュウと、カイホウ
  26. 第6話 私たちは共闘できるのではないですか?
  27. 第7話 もっと速く、だ
  28. 第8話 彼はこの世界に存在するのだろうか
  29. 第9話 赤髪の男
  30. 第10話 最後通牒、です
  31. 第11話 どれが本物でしょう、と言いたいところなんですけどね
  32. 第12話 命を守る可能性は、どこにもない
  33. 第13話 シャーリン・ティネット
  34. 第14話 『聖女の騎士』
  35. 第15話 『統制者』
  36. 第16話 『光の魔導士』
  37. 第三章
  38. 第1話 ずっと一緒にいても、いいよね?
  39. 第2話 お前の力を必要としている人がいる。それで十分だろう
  40. 第3話 わたしはいま、生きている
  41. 第4話 わたしは『聖女の騎士』であり続ける
  42. 第5話 魔女フィッフス・イフス
  43. 第6話 小さなお茶会
  44. 第7話 仮面
  45. 第8話 存在理由
  46. 第9話 夜会
  47. 第10話 胸騒ぎ
  48. 第11話 それ以上かも知れない
  49. 第12話 魔剣の声
  50. 第13話 『死神』VS『一突き』
  51. 第14話 それが聖女の騎士にのみ許される務めだ
  52. 第15話 ローグの最後。そして、絶叫
  53. 第16話 欲望
  54. 第四章
  55. 第1話 あの日見た、光景
  56. 第2話 お前まで、こちらに来ることはない
  57. 第3話 わたしは、似ていない
  58. 第4話 シスター
  59. 第5話 『剣の神様』
  60. 第6話 地下遺跡
  61. 第7話 紅い光
  62. 第8話 血の猛威
  63. 第9話 『百』を統べるもの
  64. 第10話 『統制者』は嗤う
  65. 第11話 涙
  66. 第12話 アルバ
  67. 第13話 それは、呪いだ
  68. 第14話 斬るのかい
  69. 第五章
  70. 第1話 嵐
  71. 第2話 雷光
  72. 第3話 人を傷つけることに怯えている、子どもに見える
  73. 第4話 人は、人の作り出したものに負けはしない
  74. 第5話 覚醒
  75. 第6話 呪文
  76. 第7話 魔剣の戦い
  77. 第8話 彼らの世界
  78. 第9話 微笑
  79. 終章
  80. 第1話 救われた命
  81. 第2話 蒼穹
  82. 第3話 強くあらねば
  83. 第4話 光
  84. 第5話 わたしたちは、強くなります
  85. 第6話 リディア・クレイ