白の遣い手

作者 八住 とき

フォロー 1話目から読む

目次

連載中 全25話

更新

  1. 無名の幕 序章
  2. 第一節 はじめてみえたふうけい
  3. 第二節 街道
  4. 第一の幕 一名の天貴人と、七人の中等生達の 非常に長い一年
  5. 第一節 新入生代表・丹布 士紅。
  6. 第二節 祭の後で。
  7. 第三節 魔女の介添え。
  8. 第四節 白銀の怪人、来たりて。
  9. 第五節 狼と、鈴蘭と。
  10. 第六節 その願い、秘めたるを。
  11. 第七節 雄飛、その兆し。
  12. 第八節 絶対王者・連堂学園庭球部。
  13. 第九節 春を待つ、蕾達。
  14. 第十節 嗚呼、我らが青春の交換日誌。
  15. 第十一節 素人と玄人。
  16. 第十二節 質素だった士紅が、贅沢に成らざるを得なかった"造り手"の存在。
  17. 第十三節 初めての取材と、剣呑と。
  18. 第十四節 士紅の、お宅訪問。
  19. 第十五節 プリヴェール=ルーヴメイア=グリーシク。
  20. 第十六節 唇は、青少年の魅惑の入口。
  21. 第十七節 背に負うは、朽ちぬ誇りと。
  22. 第十八節 二四二八年度・全国中学校硬式庭球選手権大会・地区予選。
  23. 第十九節 二四二八年度・全国中学校硬式庭球選手権大会・地区予選・準決勝進出戦。
  24. 第二十節 気にならないと言えば、それは嘘になる。
  25. 第二一節 簡素な肩書きを名乗らせる相手は、極めて要注意なのだと言う典型的な事例。
  26. 第二二節 公と、私と。ロゼルの場合。
  27. 第二三節 公と、私と。士紅の場合。