白の遣い手

作者 八住 とき

フォロー 1話目から読む

最初から最強なんてズルい。それでも「アーレイン=グロリネス」は最強。 八住 とき

舞台は「モルヤン」
少しだけ地球の感覚に近い、全く別の経済圏の物語。
「アーレイン=グロリネス」の置き土産に右往左往する親友の「丹布 士紅」

彼が在籍する蒼海学院・中等科を中心に繰り広げられる
ヒトと、ヒトではない存在との交流が織り成す錦絵のような世界を
お届けします。

固有の土地・氏名の漢字表記については、
ご覧の方が脳内で響いた音でイメージして読んで下さい。

後日、正解の表記を掲載するかもしれませんが、
その日まで、皆様に想像していただけると幸いでございます。

 ご不快な点があれば、
ご教示、ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

※最後に、

この作品は、作者脳内におけるフィクションであり
地球上の個人・団体・歴史・文明・年齢・法律・法令 等々とは
別世界の物語です。

条理、不快、過酷な表現や設定等に触れる場面がありますが、
決して、この物語は、法律・法令・倫理に反する行為を容認・推奨するものではありません。


おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビュー本文はまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

白の遣い手

@convallaria
執筆状況
連載中
エピソード
12話
種類
オリジナル小説
ジャンル
異世界ファンタジー
セルフレイティング
残酷描写有り 暴力描写有り
タグ
人外主役 長編予定 家族愛 親友 契約と世界の境界 アニミズム 空の海の叙事詩譚
総文字数
49,185文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
2人
応援コメント
1件
小説フォロー数
3

アクセス数