白の遣い手 ~一名の天貴人と、七人の中等生達の長い一年~

作者 八住 とき

61

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

スポーツ+ファンタジー まずこれが初めての組み合わせだった。
僕が知らないだけかもしれないけど、斬新な世界だな~と思います。

序章では、広大な王道ファンタジーかと思わせて、しばらくは学園もので話は進んでいく。
学園パートでは、ファンタジー感は抑え目、あれ?ファンタジーだよなと感じ始める頃に、少しずつ、学園外の世界が広がって行く。
RPGのような進め方で、ちゃんと物語に付いて行けます。
御心配なく。

ファンタジー好きより、スポーツ好きのほうが入り込めそうな1幕でした。
血生臭いファンタジーが嫌いな方、飽きた方、まず10話くらいまで読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

――

とてもオリジナリティーに溢れたすばらしい世界観を想像させて頂ける作品です。
異世界というか、想像力もともとそこにあった近未来のような世界を舞台とした、庭球部の話。

設定が中学生なのですが、なんとも言えぬ格好良さが常に付きまといます。そこに、作者様の表現豊かな語彙力が伴い、その雰囲気に読み進める度に圧巻されます。

幕間の四人のやりとりは、とてもよかった。
息抜きのように書かれたその頁で、更にキャラクター個々への愛着も生まれます。

内容はもちろん、設定、表現力、キャラクターどれをとっても格好良いの一言に尽きます。
とてもオススメです。皆様、ぜひ。

★★★ Excellent!!!

――

本作が「全国制覇を目指す庭球部員達の活躍を描いた青春活劇」だけでは終わらない魅力に溢れているのは、物語の舞台が「現代」ではなく「モルヤン」だからであろう。

それでは、「モルヤン」とはいかなる世界なのか? ……それを読み解くこともまた、本作の大きな楽しみであることは間違いない。

まずは騙されたと思って、本編を読み始めて頂きたい。
謎めいた「序章」から一転、学園モノの様相を呈する「第一の幕」からは次々とキャラクターや用語が登場するので、面食らってしまうかもれしれないが、そこからさらに読み進めることで、本作が描き出そうとしている壮大な世界……その一端に触れることができるであろう。

その全てを一度に理解する必要はなく、本作は何度も読み返すことで面白さが増していくタイプの物語だろうと思う。

私も一読しただけではキャラクターの相関関係などを掴みきることができなかったのだが、それらを確認しながら読み返すことで、より深く本作を楽しむことができたと思うし、もう一度読み返したくなるという時点で、本作にハマってしまったと言わざるを得ない。

そのため、本作が真に完結した暁には、いかなる世界が描かれるのかと大変興味が沸いており、ぜひ最後まで見届けたいという思いになった。

そして、本作最大の魅力は「丹布 士紅」という存在だろう。

「第一の幕」でその正体は明らかになるものの、その目的や出自などまだまだ興味は尽きない。

また、「全国制覇を目指す庭球部員達の活躍を描いた青春活劇」の部分に関しても、少年達の友情も含めて楽しむことができたので、今後の展開にも期待したいところだ。

★★★ Excellent!!!

――

異世界と言えば異世界なのですが、
異世界っぽくない異世界で繰り広げられる青春の群像劇。

こちらの世界で言うテニスを通じて友情や軋轢や、
そして少々ミステリーな世界が広がっていきます。

背景には色々な人の繋がりが蜘蛛の巣のように張り巡らされ、
徐々に明らかになっていく部分と、更に謎が深まる部分の描写が素晴らしいです。

web小説らしくない格調高い文体で綴られる青春劇、というのも新鮮で素敵な感じを受けます。

★★★ Excellent!!!

――

モルヤン、そこは地球なの?って思ってそこは、別世界。アーレインは、度運sなんだろう、ともかく丹布という親友を試しているのかと思う。でも、蒼海学院・中等科の中でさまざまな出来事が起こり、それだけじゃなくて どこからやってくるのか知的生命体との混じり合いが、どう、主人公達に作用するか。まさに、著者様の脳イズム炸裂の物語・一体読者の脳は、どこまで答えをつかめるのか。とっても、不思議な地球感覚の世界のおもしろい表現や。意外な場面に驚かされる名作中の名作。ぜひ、読んでみてください。心に振動が表現力に衝撃が走ります!!ウチは、大好きです!!

★★★ Excellent!!!

――

外部経済圏からやって来た生徒、丹布士紅。
彼の熱意に『リメンザの申し子』火関礼衣、柊扇昂ノ介、在純青一郎の3人が賛同して、4人で庭球部を変えて行くという今の平成の世では珍しくなったスポ根ストーリーです!

難しい言い回しをしているので私は何度も読み返しましたが、それがこのストーリーに重厚さを持たせ、より味わい深いものにしてくれています!

★★★ Excellent!!!

――

世界観にまず惹きこまれます。
転移、転生等ではなく、オリジナル世界のファンタジー。

作者様の想像するその世界は幻想風靡。
そして物語の進行は乾坤一擲。
独特の文章構成は百花繚乱。

どれほど言の葉を尽くしても、言い表せない叙事詩。

ページを捲る度に雅やかにして聡明な語句が散りばめられ
読み手をより一層、独創世界へと誘ってくれます。

現在最新投稿まで読みましたが、
とても美しく力強く、そして頑なまでに不器用な愛に溢れた
素晴らしい展開です。

本心から、貴方の元へと届けて紐解きたい幻想歴史がここにあります。

★★★ Excellent!!!

――

昨今、異世界ファンタジーというと、異世界テンプレものが隆盛を極めていますが、この作品は違います。

 自分で一から構築した世界の中で、魅力的なキャラクターが躍動しており、また地の文での情景描写などもぬかりがない。骨太な小説を読んでいるという気になるので、個人的には好印象ですね。

「公式経済圏」や「天貴人」などのワードもセンスがよく、物語のスパイスとしてうまく機能しています。

 地球によく似た舞台、「モルヤン」での学園ファンタジーを皆さまも是非(⌒∇⌒)

★★★ Excellent!!!

――

 しっかりとした地の文と設定。魅力的なキャラたちが織り成す会話や行動と、何から何までとにかく完成されていて、本当に読んでいて勉強になります。
 また、出版されているものと言われても、十分に納得できるほどのクオリティです。

 読んでみて、必ず損をしない作品かと!

★★★ Excellent!!!

――

流行にとらわれない、独特の世界観と文体が魅力的です。
丁寧に描かれているので状況もすっと頭に入ってきます。軽い会話と一見硬い地の文章が逆に絶妙なコントラストと独自の雰囲気を生み出していて素敵です。まだ序盤を読み進めている最中ではあるのですが、物語世界に引き込まれました。
これからどうなるのか楽しみです。

★★★ Excellent!!!

――

異世界ファンタジーというジャンルではあるが、世界観が細かく丁寧に書かれているため、すっと物語の世界に入ることができました。

言葉のボキャブラリーの豊富さが如実に表れている文体は、凝りすぎておらず、止まることなく頭の中に入ってくるため読みやすかったです。

これからの庭球部の面々の活躍を期待し、完結を楽しみにしています。