ばくばく、むしゃむしゃ、がつがつ、ごっくん。

作者 黒蛹

ばくばく、むしゃむしゃ、がつがつ、ごっくん。で済まされたら困るって!

  • ★★★ Excellent!!!

全く内容の予想が付かない小説。とりあえず誰かが飯をたらふく食べる小説なんだろうな、とクリックして読み進めると……。

主人公の『僕』は、ついつい食べ過ぎちゃうらしい。それでも空腹感に苛まされるようで、それを解消するために出した答えが『最高のご馳走』で腹を満たすこと(笑

分かるような分からないような理論にクスリとさせられたのち、トリコやルフィも顔負けの食いしん坊っぷりで食べ続ける『僕』。この段階で、おそらく大半の読者様が「一体、何を食べているのだろうか?」という疑問を抱くと思いうのですが……。

そう来たかっ! そしてこの結末は絶対に誰にも分からない!!

そしてもう一度最初から読むこと必至でしょう。

皆さまも是非本作を読んで有意義な時を過ごしてみませんか(⌒∇⌒)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

鶯ノエルさんの他のおすすめレビュー 427