大正幽歩廊

作者 佐々木匙

暖かくて、切なくて、少しちくりとする

  • ★★★ Excellent!!!

“幽霊”というものの魅力を余さず捉えた作品であるように思います。
そしてそれは取りも直さず、生きているひとの物語でもあるということです。死んでいても生きていても、ひとには各々かつて関わった相手がおり、心に患う事柄がある。そういう人間(及び人間以外)を描いたこの作品は、ある時は結ばれた縁の美しさを、ある時は浮世のままならなさを、情緒あふれる筆致に乗せて読者の胸に送り出してくれます。
逍遥するものたちに寄り添って進む、優しくも一筋縄ではいかない魅力に満ちたお話でした。この先に記される出来事もとても楽しみです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 ひとりの書生がむすぶ生者と死者の交わりの物語です。

 大正時代の東京を舞台に、おかしなものがみえてしまう生真面目な書生の涼太郎さんと、寄宿先のお嬢さんでお転婆な女学生の弥生さんを中心に、生者と死… 続きを読む

敗者Tさんの他のおすすめレビュー 30