狐ノ嫁入リ

作者 さくらもみじ

333

126人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まず文章が、読みやすいです。一人称でありながら、情景があざやかに浮かんできます。
物語の状況と、人物の感情がするすると想像できるので、最後まで飽きることなく読み進めることが出来ました。

また、ラストのちょっとしたタネ明かしも、ストーリーに書かれていない「これから」を想像できるスパイスとなっていて、読み手として嬉しいラストでした。

面白かったです!

★★★ Excellent!!!

賑わう祭りの情景と静かに打つ雨のコントラストが絶妙でした。運命的に出会い、そして淡い恋の物語だと思いきや、ラストはもう一歩踏み込まれていて切ないラブストーリーにピリッとスパイスがきいて引き締まった感じがしました。物語はこのあとどうなっていくのかと期待勘の膨らむラストもよかったです。

★★★ Excellent!!!

追われている傾国の美女、うだつあがらない「俺」、殺気を垂れ流す「奴ら」。さあ、役者は揃いました。
舞台は彼我が入り乱れる祭り会場、胸を躍らせて読み進められること間違いなしです。

案外、誰も気づかないだけで例よくある話かもしれません。今度から目を皿のようにして探してみましょうか。

★★★ Excellent!!!

仮に最終段落がなくとも、真夏の夜の淡い悲恋を描いた名短編として高評価は揺るぎないものになっていたでしょう。恐らく恋愛・ラブコメジャンルの中ではそうした作品も少なくないと思います。けれども、言葉の多義性を存分に活かしつつ、最後の最後でものの見事に世界の様相を一変させる手際はさすがの一言に尽きます。
騙りのカタルシス。化かし化かされて生きるのさ。世の中はどうやら有象無象の化かし合いで成り立っているようです。ならば、素直に狐に化かされるのもまた一興かと。エキノコックスだけは気をつけたいところですが……。
麻耶雄嵩フォロワーとしては、名前を持たぬ語り手を〈香月〉と呼んであげたい気分です!

★★★ Excellent!!!

作者様が言葉遊びを好む方だというのもよく伝わってくる作品です。
読んでいると昭和な奥ゆかしさを感じさせつつも、使われる言葉で、ああ、これは平成の世の出来事なんだなと察する事が出来るので情景が浮かびやすく、すっきりした気持で読める作品でした。
キャラクターに可愛げがあって、とても好きです。

★★★ Excellent!!!

祭りの賑やかな描写、狐の出てくる怪異がにじむ物語の設定、それに寄り添うような丁寧な文体。それらが合わさることで独特の世界が生まれ、あっというまに物語に入り込んでしまいます。そしてメインの二人のキャラクターのたたずまいが、とにかくいい感じです。
長さは短めの中編というところでしょうか。ゆったりと物語に身を任せているうちに終わってしまいますが、ラストの余韻がそれを心地よくしてくれるでしょう。
お手本のようなといえばそうなんでしょうが、それ以上に雰囲気のあるオリジナリティーの高い作品だと思いました。
みなさんもぜひご一読を。世界へと入り込める物語です。

★★★ Excellent!!!

文学的な言葉遣いとリズムが独特の情緒を感じさせる物語でした。
正直な話、読み進めながら、主人公の男性にはいくらか違和感を感じずにはいられなかったのですよ。
あまりに上手い具合に儚い恋が進んでいったので…。
けれども最後の最後にすべて合点がいきました。
“同じ匂い”がしたからなんですね。
天気雨はいつもすぐに止んでしまうものですが、二人の物語はこれからも続くことを祈っています。

★★★ Excellent!!!

確かな筆力で描かれた祭りのにぎやか風景、お天気雨、女性の美しさ。情景色とりどりに浮かんできます。和ものが好きな方にはおすすめ。そしてラストの締めが良い。この小粋でちょっぴりキュンとくるこの不思議な小説に、私まで化かされたような気分になります。文字数以上に読みごたえのある小説でした。

★★★ Excellent!!!

短編で読みやすそうな恋愛小説。という事で早速読ませて頂きました。
主人公は、何処にでも居そうな普通の青年でしょうか?
彼が、何となくお祭りをブラブラしている所から始まります。
一人称。彼からの目線で語られるお祭りの風景描写。それが、まるで彼の目、耳、肌と私がリンクしている。そして、私が本当にその場にいてそのお祭りの空気を感じている。そのように感じる、自然な描写だと思いました。
彼の心も彼が語るのではなく、彼が見たお祭りの風景への感想から彼の心情を感じさせる。そんな風にも感じて、作者さんは文章書くのがとてもお上手な方だと思います。最初の冒頭部分でガッチリと物語に引き込まれ、そのタイミングで、彼女が現れます。偶然にであった彼女と彼は成り行きでデートをします。この短いデートの間、とても短い間なのに、二人を襲うドキドキの展開。
もう、私は胸キュンしっぱなしでした。そして、クライマックスの先!もしかしたら幸せな未来が見えているかも?
ロミオとジュリエットは悲恋の物語。だけど、『狐ノ嫁入リ』はきっとちがいます。
最後まで読んで私はそう思いました。

もしも読まれていないなら、是非読んで見てください。とても良い物語だと思いますから。

ちなみになんですけど、『魔法』を『まほう』と読まず、別の読み方をしている所があります。それは、この物語の彼女さんが言う台詞にあるんです。私、この物語で一番のお気に入りはその彼女さんの台詞です。なんかロマンチックです。

作者さん、素敵な時間をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

読んでいる最中も、読んだ後も、何かこう、幸せな温かい気持ちが溢れますね。
天気雨を狐の嫁入と称する風習は、どの程度残っているのでしょうか。私は、40年以上前の小学生新聞(朝日新聞が発行元だったかなぁ)に掲載された漫画で、狐の嫁入を知りました。それ以降の人生で、狐の嫁入の言葉を耳にした事は、殆どありません。
その漫画のストーリーは、人間の主人公と狐のヒロインが淡い恋を展開するという奴で、設定も小学生高学年だったはず。だから、子供騙しのような淡い恋のエピソードだらけだったと記憶しています。ラストの狐のヒロインが姿を消す際に天気雨になって、そこだけ鮮明に記憶が残っています。そんな40年前の記憶を呼び起こさせられました。ありがとうございます。
それと、所々に散りばめられた難しい言葉が、薬味のように効いてますね。
短編にはMAX2つが信条なんですが、これは3つだと思いました。

★★★ Excellent!!!

読み終えた満足感、半端じゃありませんでした。
すっと心に馴染む文章。鮮やかに彩られたストーリーと、登場人物それぞれの持つ魅力。平凡で終わらせない煌めきが随所にちりばめられています。
題名から想像する古風で奥ゆかしい雰囲気を根底に漂わせながら、その上に、スリルやときめき、切なさ——さまざまな心惹かれる色が重ねられたような——そんな輝きを持つ、大変魅力的な作品です。

★★★ Excellent!!!

狐の嫁入りには、恐いイメージがありました。
幼い頃、叔父が話して聞かせてくれた体験がもとです。
飲んだ夜。
どんなに家に帰ろうとしても帰ることが叶わず、身体を擦り傷だらけにして明け方ようやく帰ることができたんだと聞いた時、恐くてそれ以上細かい話を聞く気にはなれませんでした。
けれど、こんなお話だったなら私は前のめりになって聞き入ったことでしょう。
狐の化かしあいは、恋の駆け引き。
愛しくも素敵な罠にはまったのは、どちらでしょう。

続きが気になるけれど、これはここで終わっているからいいのでしょう。
あ、いや。やはり、気になる・・・むむむ。

★★★ Excellent!!!

短編ならではの魅力を堪能させていただきました。
これで長編や続編、などと言ったら、魅力は一気に失せてしまうでしょう。

では『短編ならではの魅力』とは何なのか? ということになりますが、『余分な前後設定がいらない』ことだと思います。
それ故に、著者の描きたいことをピンポイントで著せることかと。

このお話の場合、簡単にテーマを言ってしまえば『叶わぬ恋の切なさ』だと思うのですが、前述の『ピンポイント』が「これでもか!」と思うほど見事に押さえられており、大変感銘を受けました。

★★★ Excellent!!!

彼女の可愛らしさといい、小説の切なさといい…かといって、最後の最後まで希望を絶やさない巧みな締め。最高です。


途中、主人公の招待に気付いた私でしたが…そんなのは関係ありません。とにかく本当にラストが良かった、です。
なんというか、ここで終わりだからこその物語だと思うのですが、それでもなお続きが欲しくなってしまいます。

★★★ Excellent!!!

すごく丁寧でしっかりした文章で、ストレスなく引き込まれました。

狐が大好きな私は、まずタイトルに惹かれました笑
の、ですが、それも忘れてしまうくらいとても祭りの描写が良くて。
悲恋で終わるのかなぁ、と思ったら、まさかのオチ。
思わずもう一度読み直してしまいたくなります。
素敵な作品を、ありがとうございます。

★★ Very Good!!

 そう思ったが、私が住む地域はすでに冬間近。どこかでやっていたとしても、

 ふ……

 浴衣の美女と出会えるなんて事は、時季外れで無いだろう……
 願わくは、あと二ヶ月早く出会いたかった小説である。

 ん? レビューになってない?

 キツネと美女とお祭りと淡い恋心の物語が好きならば是非オススメです。


 あ、少しだけまじめに。
 非常に詩的でやわらかい表現の文体です。ラノベにありがちな読むのに悩む感じや表現を使っていなかったのが、世界観とマッチしてとても良かったです。

★★★ Excellent!!!

 夏祭りにやって来た主人公は、追ってから逃げる1人の女性と巡り会う。彼女に懇願され、追っ手をまくために恋人の振りをする彼であったが、彼女への想いは募っていき――

 最後のラストが秀逸な、とても素敵な恋愛小説でした。お稲荷さんに思わず参拝しに行きたくなりました。