悪魔にとて我は祈ろう、それで貴女を救えるのなら。

作者 糾蝿カフク

フォロー 1話目から読む