死神に選ばれた女

作者 RAY

247

89人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

RAYさんは法学部出身ですか?法廷論争の遣り取りを、食い入るように読みました。この遣り取りだけでも面白いです。
◯◯が豹変するところも意表を突かれました。◯◯の登場の仕方に油断してました。
それと、キーパーソンが◇◇という設定にも、意表を突かれました。てっきり、△△の方だとばかり思い込んでいました。
振り返ってみると、ベタな展開だなぁと思わせながら、フェイントを仕掛ける所が、この作品の唸らせる魅力でもあります。
RAYさんの作品では「小学生」と「エレベーター」を読みましたが、文字数の有る方が本領を発揮するタイプじゃないですか。食わず嫌いにならずに、他の短編も読んでみるつもりですが、まずは長編の「ドクターの夢」を読むつもりです。

★★★ Excellent!!!

――

 検事物が大好きな人なら、間違いなく嵌まる事間違いなしの傑作です。

 一見すると心霊ファンタジーの趣がありますが、その実、内容は硬派な検事物。更に言うと再生と復活、そして『再構成』の物語でもあります。ディティールは変化球ですが、その中身は王道を歩む主人公の成長物語です。

 中盤で伏線が出揃った所からの怒涛のラストは必見!!
 非常にお薦めです!!

★★★ Excellent!!!

――

文章に少し固さがあり、論理的にお話が進むのかなと、序盤はそう思ってました。

もちろん、固いからといって読みにくさや退屈さを感じることはありません。
むしろ、論理的に整理整頓された文章が、心地よくスッと頭に入ってきます。

序盤は淡々と物語が進むのですが、後半には熱い対決が待ち受けてます。
その熱さたるや、アクション小説のバトルや、スポーツ小説の接戦にも匹敵します。

台詞同士のぶつかり合いだけで、この熱量を出せるというのは、ものすごいです。
どれくらいすごいかというのは、読んでいただければお分かりいただけます。

そしてストーリー自体も綺麗に纏まっていて、終盤は感動の連続です。
必ずハンカチを用意して読んでください。

★★★ Excellent!!!

――

法律をからめた斬新な物語に圧倒されました。
シャールの提示した選別。さまざまな縁に希望を抱くけれど、希望が見出だせない主人公の心理描写が絶妙です。
言葉を武器に戦う検事ならではの物語。のらりくらりとした死神との争論は戦闘描写と言っても過言ではないくらい熱く、手に汗を握ります。

そこでまた裏切るの!?と思うほど気持ちが沈んだ頃に現れる純一郎とサラ。ネタバレになってしまうので言及できませんが、そこからラストまでの流れ……大好きです。
あぁ、サラいい子です。悲しくて、切なくてなっちゃいます。

最後の光明を読んで心がスッキリとしました。
卓越した物語に勉強させて頂きました。そしてなにより素晴らしい物語を読ませて頂きありがとうございます(^_-)ー☆

★★★ Excellent!!!

――

圧巻!!

この言葉以上に本作を一言で語れる言葉をご存じであれば、教えてください。

瀕死の重傷を負う検事、陽子は、見た目も会話もチャライ死神に、生死を分けるイベントに参加を促さられる。
そのイベントが、この物語の基本骨格です。そこで検事である陽子の本領が発揮される、裁判さながらの劇が繰り広げられるわけです。

徹底的に調べられた法曹用語がウルサイかと言えば、むしろ物語の潤滑油のごとく活用されており、リアリティを読み手は持つことができます。これは重要ポイントです。

それになんといっても、ウイットに富んだ会話はそれだけでも面白いときてます。

ラストシーン。
これは、ここまで読まれたかたなら、百パーセント胸に熱いものが込み上げてきて、鼻をすするか目尻を拭くでしょう。私は両方でしたが。

クリスマスの奇跡、ぜひぜひこの熱い物語で味わってみてください。

★★★ Excellent!!!

――

なぜ主人公は検事でなければならないのか。それが知りたくてこの作品を読み始めました。

その答えは、二つ用意されていました。一つは、死神との対決方法そのもののため。もう一つは、死神と対等に対峙するに足る魂を持つ存在であるために。

クライマックスに向けての伏線が縦横に張り巡らされた、重厚なストーリーです。死神というファンタジックな存在を通して、「人生の選択」という現実世界における深いテーマが突きつけられます。

読者の年齢によって、この作品から受けるインパクトは様々かと思いますが、「エース」読者層よりはるかに年上の私は、死神を前に震えながら己の人生を振り返るような心境に至りました。とても考えさせられる作品です。





★★★ Excellent!!!

――

 非常に読みやすい文章で書かれた作品です。
 死神シャールや主人公の陽子、潤一郎、それに後半に出てくる「とある重要人物」と個性豊かな人物が揃えられていて、読んでいて飽きを覚えることはありませんでした。

 前半と後半とでテイストががらりと変わるのが特に印象的です。
 ネタバレになってしまうので言えませんが、ある台詞を切っ掛けに雰囲気ががらりと一変するのは、それまでの展開からは予想が出来ずにただただ驚いてしまいました。

 また医療や法律と行った知識が用いられてますが、読んでいて全く難解さを感じることはなく、スムーズに読み進めることができます。
 こういった専門知識を巧みに使いこなしていく作風は、RAYさんにしかできないものだと思います。
 テーマ性もはっきりとしていて、読者に何を伝えたいかが明白に描かれていました。

 最後のシーンは、それまでこのドラマを追ってきた方なら、紡がれる台詞に何も感じないなんてことはないと思います。
 素晴らしい傑作でした。

★★★ Excellent!!!

――

これほど毎日の更新が待ち遠しかった作品は初めてです。

ああ、もう放心状態です。息をもつかせぬ展開です。最終話はこれで終わってしまうのかと思うと名残惜しいくらいでした。続編とか番外編とか出してほしい。

著者の短編で楽しませてくれる作風とはまったく違います。それだけに著者の才能の幅広さを感じ入りました。各章のタイトルも凝っていてとてもいいです。センスのよさがうかがい知れます。最終話の「光明(ライト)」、このタイトルにはやられました。

書籍化、漫画化、実写化、どこまでも派生していってほしい素晴らしい作品です。

★★★ Excellent!!!

――

ジャンル的にカテゴライズするのが非常に難しい作品ですが、強いて言うとファンタジー要素のある現代ドラマでしょうか。
リアルとファンタジーの相反する要素が、「死神」という存在を軸にして結び付いているお話です。
また、作中では事前に死神側から提示されるルールに則って、様々な論理が展開されたり、それ自体がストーリー上の伏線になっていたりする箇所もあるので、ファンタジー系ミステリ的な読み方もできるかもしれません。

前半部は、ディケンズ『クリスマスキャロル』とかゲーテ『ファウスト』みたいな雰囲気を連想したのですが、後半部の死神との舌戦には法廷物の小説とも異なる、一種独特なノリがありますね。これもファンタジーテイストの効果でしょうか。
各種設定の巧みに収束していくプロセスがお見事です。

★★★ Excellent!!!

――

改めて一話から読み返しました。
流石RAYさん!素晴らし小説でした。
死神に選べられて、他人の身体を借りて生きるのが
親孝行なのか?自分に選べと言われても返事に困りますが
偽りの自分として生きるのも辛いですね。

お互いに好きだった純一郎と陽子...
他人の身体のサラにより本心が判り、良かったです。

★★★ Excellent!!!

――

ようやく全話読み終えました。
クリスマスイヴを舞台に、女検事と死神が織りなすストーリーです。


死神が出てくる作品は 多いと思いますが
これは異色の設定と展開で 読み応えありました。

いろいろモチーフとして扱われてるエピソードも現代社会の問題を
浮彫りにしていて 深みがあります。

読めば凄さと面白さに誰もが納得する作品です!

おススメです!

★★★ Excellent!!!

――

文字通り、生命を賭した頭脳戦。
検事という職業の武器を生かした敵との騙し合い・舌戦が繰り広げられるミステリーで、設定・ストーリー展開ともに洗練されていて面白かったです。

ネタばれになるので詳しくは書きませんが、絶体絶命のピンチに訪れた奇跡、その後の幕の下ろし方も綺麗でした。

★★★ Excellent!!!

――

前半部は主人公女性の過去と現在、そして死神との出会いにページを割いており全体的にユーモラスな部分もあって『まんが』のように楽しめる。
中盤の死神とのゲームから後半へ向かう辺りから物語の雰囲気は一変する。濃くて重い空気感と小説ならではの読書の楽しさに取り込まれていく。目の見えない少女サラの登場からあとは、怒濤の法廷劇へ突入。法律用語を駆使して死神との一騎打ちなんて話はこれまで読んだことがないオリジナリティな物語だ。
この奇妙な法廷劇の判決と少女サラとのラストシーンはぜひ一読を。とても感動的なお話しです。

★★★ Excellent!!!

――

臨死体験まっただ中の人間に、死神が復活をかけた課題を持ちかけてくる。

それ自体は有り触れた展開なのですが、この作品はそのミッション内容と終盤の展開が凄すぎです!

なんと、主人公は試験開始時点から徹底的に無力な有様で「ただ見ていること」しか出来ません。
そ、そんな~機転や勇気や知恵で何とかするんじゃないんですか~? 今からではもう手遅れデスか…?

人間の価値は葬式を見ればわかる…その言葉が示すように、現世の行いで課題の勝敗はもう半ば決まっているのですが…。

人の縁というものは、決して一方通行なものではなく…貴方の生き方を反映する鏡。そして、ただ縁にすがるだけでは絶対に勝てないゲーム。

怒涛の後半戦には度肝を抜かれました。なんと往生際の悪い!

そして、敢えて深い説明がなされない「魂の価値」という概念。
序盤ではかなり混乱の種ですが、最後まで読み解く内におぼろげながらも見えてくるのではないでしょうか。
生き方について考えさせられる名作です。男性向けとなっていますが、女性の方でも楽しめるのでは? オススメです!

★★★ Excellent!!!

――

 自分が信じる正義を自分の責任で行使する、それだけのことに人は感動できる。それは誰もが世の理不尽に接してきたからだろうか。幼い頃に信じたものを、心のどこかで大切にしているからだろうか。
 人生をかけて築き上げてきた、権威、名誉、金……それらを全て失うリスクがあっても、親友の娘の光を取り戻すために彼はメスを手にする!
 ……いや、メスを使うのかどうかは知りませんけど!

 読みやすい文章でさらさらと読めました。心の準備をしながら読み進められる物語だと安心していたところに、熱いドクターの登場。不意をつかれて熱いものがこみ上げました(本当です)

★★★ Excellent!!!

――

 敏腕女検事の前に現われた自称キムタク似の死神。
 彼はある取引を彼女に持ち掛ける――――。
 あまり既存の作品を持ち出すのは得策ではないのでしょうが、現代のクリスマスキャロルとも言えるストーリーテーリング。
 そして舞台に意外な登場人物が二人現れたことで、物語はさらに加速的に変貌します。
 死神を論破する舌戦や法知識、人物描写が印象的。
 彼女は真の自由を手に入れられるか。

★★★ Excellent!!!

――

 深いテーマに考えさせられることしきり。
 緻密な設定にも舌を巻く。
 レベルの高い弁論バトルと駆け引きにドキドキハラハラさせられる。。
 キャラ立ちもしっかりしていて、読みやすい。
 そんな中に人間ドラマもぎゅっと詰め込まれている。
 すごく内容の濃い作品です。

★★★ Excellent!!!

――

いきなりですが、僕はこの死神が大好きです!
奇抜なファッション、自称イケてる外見、そして人間味のある性格……彼はそれを最後まで貫いていたと思いました。

ちょっとネタバレになりそうで、言いたいのに言えないことがたくさんあるのですが、じっくり腰を据えてラストまで読むことをお勧めします!

最後に……ハッピーメリークリスマス!!

★★★ Excellent!!!

――

主人公が女検事とのことで読んでみると、まずは死神との邂逅、そして交わされる「言葉」。
出だしから惜しみなく披露される話術に、私も見事にのめり込みました。

合間合間に人間ドラマを当てはめることで、置かれている危機的状況を上手く表現しており、「言葉」の深さが増していると感じました。

クライマックスの会話バトルは、本作品において必見だと、私は断言します。

女検事は「言葉」で明日を生きる命を勝ち取れるのか、それは読んでみて確かめて下さい。

★★★ Excellent!!!

――

「人がもっとも怖がることは自分が死ぬことだ」
とはよく言うが、本当にそうなのだろうか。
僕はこの小説を読んでいる間、そんな素朴な疑問が頭の中から消えなかった。
今、あなたの前であなたの親友が死んだとしてみよう。そうしてら、あなたはきっと、すべてを自分のせいにしていつまでもその瞬間のことを考え続けるのではないでしょうか?当然それが親友じゃなくても、ほんの一瞬でも話したことのある人間や全くあったこともない人間でもです。
それって、怖いことではないでしょうか?。
少なくとも僕は絶対に嫌です。だって、死んでいしまえばなにも考えられなくなって何も見えなくなるから、そのあとは2度と恐怖を味わうことがないのだから・・・。
この小説を読み終わった後、僕は自分の疑問に対してそんな結果を導き出しました。それだけ、深く考えさせられる話なんです。
みなさん、本当に読んでみてください。
そうすれば、いろいろな考え方が変わってくるかもしれません。

★★★ Excellent!!!

――

 最初から熱い議論が交わされ、「これはちょっとお堅い作品か?」と腰がひけかけましたが、死神のふざけたノリとゲーム性で払拭されました。
 読者を惹き込むのが上手いと思いました。

 ただ「こんなの序ノ口だぜ」と言わんばかりに繰り広げられる壮絶な弁論バトル!
 その熱量たるや凄まじいものがありました。

 またそれとは対称的にところどころで挿入される人間ドラマ!
 理屈や損得だけではない感情、「人間臭さ」が見事なコントラストを生み出しています。
 凄い作品でした!

★★★ Excellent!!!

――


非現実的な死神との法廷闘争、知識を持って練られているからこそ、会話・展開のテンポが良く、現実的な世界に引き込まれる。

絶望や希望、色んな感情が込められた
ストーリーで面白かったです。

★★★ Excellent!!!

――

途中でレビューをと思いながらも
とにかく続きが早く読みたい気持ちでいっぱいでした。。

検事陽子と死神のバトルも圧倒されましたが
根底に流れる作者さんの想いが伝わる素晴らしい作品でした。

死に直面したときに
その中でも人はどう生きるべきか
考えさせられますね。。

みなさんにも是非読んで頂きたいと思いました。

★★★ Excellent!!!

――

非常によくできている作品だなと思いました。
短い文章の中で登場人物の個性をうまく表現して描ききっている。漫画で言えばキャラが立っているというのでしょうか。
頭の中で実体化したキャラが動きまわってるようでした。
私自身、ものすごく勉強になりました。
今は漫画や小説問わず法廷論争ものや悪魔や死神を味方にしたり、戦ったりという内容の物語も増えてきましたが、この二つを見事に融合して死神との女性検事のバトル(法廷論争)として作品にされたセンスに感動さえしました。
主人公は死神という圧倒的な存在に対して、武器ではなく自分の検事としての法の知識と機転で立ち向かう・・・この構図が新鮮でいいです。伏線の描き方も自然で、何より連載物の難しさは、読者の興味を掻き立て、飽きさせず、さらに次の展開を待ち遠しいと思わせるストーリー運びだと思うのですがそれも他の方のレビュー見ててもうまくいってることがわかります。
偉そうに書ける立場ではありませんが・・・(汗)
圧倒的に不利な状況から最後に主人公が挽回してみせるところが、爽快でした。実写化して欲しい作品です。
最終話を読んでいい後味が残る作品だと思いました。

★★★ Excellent!!!

――

ドキドキして読みました
そして自分の周りを見渡しました
自分なら見えるのか見えないのか…
見えなくても怖いし見えたらもっと怖い
刻一刻と迫る期限、
でもなぜかこの死神は愛嬌がある。
死神なのに人の心も兼ね備えてるような…でも死神なんです。
もう時間がない!
そしてついに、現れたのは・・・
絶望なのか希望なのか
邪悪な死神とのバトル
勝つか負けるか、死ぬか生きるか、
ハラハラドキドキの連続です

★★★ Excellent!!!

――

エピソードからDeath ... が現れた
究極の選択を迫られた主人公
彼女と共に読者もDeathの扉の中に入ろうとしている
物語の幕開けですね
やはり
長編小説の魅力はワクワクの期待感があります
想像力をかき立てられながら
RAYちゃんに導かれて行く・・・・