きみと世界の果てに行く

作者 詠野万知子

フォロー 1話目から読む

1999年、7月。あの夏、世界は終わったはずだった。 詠野万知子

あの夏休み。
わたしたちは、
消えてしまった友達を探しに、
世界の果てまで行った。

***

【佐崎みらい(ささき・みらい)】
高校2年生。
世々璃を慕う女の子。

【川橋遥(かわはし・よう)】
高校2年生。
みらいに付き添う無口な少年。

【青葉世々璃(あおば・せせり)】
高校2年生。
突然消えてしまった、みらいと遥の親友。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

きみと世界の果てに行く

@liculuco
執筆状況
完結済
エピソード
16話
種類
オリジナル小説
ジャンル
現代ドラマ
タグ
ライトノベル 夏休み 長編 学生 高校生 カクヨムオンリー 学園
総文字数
71,088文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
5人
応援コメント
0件
小説フォロー数
7

アクセス数