盗作の末路

作者 秋口峻砂

117

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

自分が書いた作品が盗まれたならば、どんな人でも怒るだろう。私も当然ブチギレる。
しかし、「あなたは人の心が分からないのか!」と、他人の文章を盗んで利益を得ている加害者に問い詰める行為は、多分無意味なことだ。

なぜならば、そもそも他人の気持ちなんて気にしないから、人の心が分からないから、図太く盗作に踏み切ったのだから。

ならば、こちらとしても遠慮することはない。
蚊のような生き血を吸う害虫を、躊躇せずに潰すのと同じことだ。
本人にも同情されるべき背景があったのかもしれないが、それはそれ。一度吐いた暴言は消せないし、罪は罪。
「いいからやっちまえ!」と、冷酷な断罪を望むのが、被害者の心情として当然なのだ。
なので、自分の痛みを受け止めながらも加害者の更生を願ったこの筆者は、本当に、本当に優しい性格なのだと私は思う。

……ただ、ここから先も物語を書いていけば、別の盗作者により、新たな被害に遭う可能性もある。
その加害者に「やめろ」と言っても無駄だ。そんな提言でやめるならば、最初からしていない。
盗作されないようにと必死に願ったって、する人はいる。
「盗作はダメなんですよ、犯罪ですよ!」と口を酸っぱくして表明したって、やる奴はやる。
こちらがどれだけやめて欲しくても、盗作する人はする。間違いなく、する。

それを理解して、まだ書くのか。それとも、もう筆を置くのか。
このレビューを読んでいるあなたにとっても、きっと他人事ではないはずだ。
盗作される可能性を加味してでも、自分は何かを書きたいのか。それとも、そんな損をするくらいなら終わりにするのか。
問われているのは、文章を書く人、すべてだ。

★★★ Excellent!!!

作品を書くとき、そこには今まで自分が読んだ本などの影響が少なからず
入り込んでいると思う。それを自覚し、謙虚に向き合うことが必要であろう。
それを忘れてしまったとき、人は大切なものを失う気がする。気が付ければ、
という注釈付きではあるけれど。

Good!

オレ様は盗作されるようなこともない、しがないワナビなので、このような体験を伺うのは初めてだったが、文中から滲み出るような悲しみや憎しみをリアルに感じた。

恐らく、盗作した本人は良心の呵責など感じもせずに軽い気持ちでやったのだろう。
そして両親を泣かせるような結末になって…今はどうなのだろう。そんなことなど忘れてまた同じような卑怯な真似を繰り返しているのだろうか。それともこの世界から遠ざかっていったのだろうか。

苦悩する物書きのドキュメント。貴重な文責としてささやかながら推挙したい

★★★ Excellent!!!

分かりやすくまとめていてくれてよかった。
盗作された側と盗作した側のことが詳しく書かれてあります。

私も自身の作品が盗作されたことがあり、そのことをエッセイにしたためようとしていたところでした。

盗作被害を少しでも減らすために、私もまとめます。

私は泣き寝入りしたけど、この事件を戦い抜けた作者さんがうらやましいです。

★★★ Excellent!!!

これは、無料で公表されているアマの小説が盗作され、その犯人が警察に捕まるまでのリアルな話。

つまり、カクヨムで作品をあげているすべての人にとって他人事ではない話。

さらに、無料で公表されるアマ作品の著作権侵害による逮捕という、日本でそれまで前例のなかった事件でもある。

私たちがもし同じ目にあったら、この事件を参考にして戦うことができる。警察も動きやすいだろう。すでに前例があるのだから。

でも、前例があるケースを戦うのと、まったく前例のないケースを戦うのとでは被害者の負担は雲泥の差がある。

その一人目となって戦ってくださったこと、前例を作ってくださったことに、最大限の敬意と感謝を表したい。


作者さんはご自分の作品と、お友達の作品を守るために戦ったのでしょう。けれどそれは、その背後にいる私たちのようなたくさんのアマ作家の作品を守ったことにも繋がる偉業ともいえるものでした。

本当にありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

無料だろうが有料だろうが、名作であっても、例え駄作だと言われたとしても、作品には作家の魂が込められています。

どんなにもっともらしいことを振りかざしたり、例えそれが歪んだ善意であったとしても、盗作が被害にあった作家に与える精神的苦痛は計り知れません。

無料で公開している上に、デジタルテキストであるために、Ctrl+C,Ctrl+Vのたった2つの作業でいともたやすく盗作ができてしまいます。

この作品は無料のWEB小説で盗作被害に遭われた作家さんと、その加害者の顚末が実録に近い形で記されています。
(作中ではフィクションと記されていますが、非常に生々しく描写されています)

自分の大切な作品を守るために、是非ご一読をお勧めします。

★★ Very Good!!

 当作者と作者の戦いの記録が書かれています。はっきり言って盗作する人の気持ちが分かりません。この作品でもそんな理解の出来ない人の行動が克明に書かれていて戦慄を覚えました。
 Twitterでもネタをパクっていて追求されると謝罪せずに開き直る人がいますけどメンタルはこの盗作者と同じかも知れません。

 今回は法がきっちりその罪を認めた稀有な例なのでしょう。
 もし被害に遭った時はどうしたらいいか、この作品に書かれている事が大いに参考になると思います。

★★★ Excellent!!!

私も同じ人物から3回ほど盗作された過去があり、こちらを読み、身に詰まる思いがしました。1回は表紙をそっくりそのままパクられ、もう1つはタイトル、設定を完全に盗作され、作品の書品説明もデッドコピーされるという…。しかもどれもこれも同じ人物からされたのでたちが悪いです。まあ犯人はイヤガラセがしたかったのでしょう。本当に、こういう人が神聖な創作の場に紛れ込んでいるのが信じられないくらいです。こういうキチガイのような輩は、創作の神聖な場所から出ていってほしいです。切なる願いです。

★★★ Excellent!!!

加害者の背景や思いのようなものがなんであったとしても、
決して許される行為ではない。
なにより「言い分」に腹が立つ。
まともな判断力を有した人間が言う事ではない。

そんな人間と、本当によく戦ったものだと思う。

彼が本当に再犯していないのか。
くだらない理由付けで、また誰かに迷惑をかけていないか。
そこまではわからない。
そこがまた、薄ら寒い。

★★★ Excellent!!!

 これは魔が差したなどといったレベルをはるかに超えた、悪意しか感じられない凶悪犯罪。まともな人間が異常な人間と対峙するとき、こうも精神をすり減らすものなのかと、読んでいて本当に背筋がぞっとしました。
 とことん遣りあうのか、或いは放っておくしかないのか、どちらが正しいのかも分からないほどにただただ恐怖を覚えました。

★★★ Excellent!!!

よく書いてくださいました。

読んでいて、私も辛い気持ちになりました。

盗作は、動機が善意だろうと悪意だろうと許されない行為です。

心身を削って生み出された作品。それを愛でるのは読むこと、評価することであって、コピーをばらまくことではありません。それは作品軽視です。決して赦せません。

オリジナルこそが総てです。
オリジナルを尊ぶことが、読者には求められているのです。

お辛い記憶を辿ってまで記してくださって、本当にありがとうございます。

このテキストが浅薄な不心得者のストッパーとなりますように。

そしてまた書き手の皆さまも、自衛のために是非、読まれることを強くお奨めいたします。

★★★ Excellent!!!

 これは電子情報空間内での盗みと、それに対して毅然と立ち向かった作者の闘いの記録です。
 『バレなければ大丈夫』、『あくまで似てるだけということで押し通す』、『アカウントを変えてしまえば済む話だ』?
 そうではありません、『誰かの作品を盗んだ』、『根拠のない言葉の暴力で誰かを傷つけた』、これらは全て自分に返ってきます。
 もし被害に遭われたら、泣き寝入りせず毅然とした対処と、自分の作品、そのスタンスに誇りを持って。

★★★ Excellent!!!

癒えない傷をあえてさらし、啓発しようとすることは弱さではないと思います。一度刻まれた痛みを忘れるのは、人間にとって容易ではないもの。この作者さんのように声を上げ、啓発と警告をされる方がいることは、ここのような投稿サイトの書き手にとって幸福なことではないでしょうか。