私書店員、ラノベ担当。

作者 コミナトケイ

232

89人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

リアル書店員さんのエッセイ。本は、読者の手元に届いて、初めて完結となる。書籍化されて、本屋に並ぶだけでは、それはゴールではない。本屋という戦場で、どうやったら手にとってもらえるのか――。

カクヨムで作品を書いている人で、書籍化を目標としている方も多くいると思います。でも、それはまだスタートライン。現場は、こんなことになっているんです!

★★★ Excellent!!!

――

ラノベ担当書店員が書くエッセイの更新を今まで楽しみにしていました。
本を売る現場ならではのお話は、いつも新しい発見があってたくさんの気づきもあったのです。
最終話を見てびっくり。
エッセイに書いた話をベースにお仕事コンテストに応募されるというのです。
完結して寂しいというより、小説になったらどうなるのかなぁという期待がいっぱいになりました。
小説はまだ未掲載ですが、エッセイともども応援してます。

★★★ Excellent!!!

――

昔、自分が勤めていた書店には、若くて美人の同僚がいました。

どのくらいかというと……職場体験学習にきた学生さんの相手をしていても、中学生男子の目が♥になっているのが、はたから見てもわかるくらい(笑)。
当時、店にはレジが2台ありまして、同じ契約社員の後輩(男子)もよく言っていましたっけ。

彼女と同じ時間帯にレジに入ると、こっちが開いていても、男性客は彼女のいるレジの方に並ぶんですって。
彼女のレジでは、買いにくい本が欲しいときもあったでしょうに(黒)。

このエッセイを読んでいてふと、そんなことを思い出しました。


2軒のリアル書店で実際に働き、閉店に立ち会った経験を持つ、コミナトケイさん(ラノベ担当)のエッセイです。

自分も書店員をしていましたが、担当が違えば、知らないことも結構多いもので……特に畑違いのラノベのタイトルは、元書店員でも読めない……読めませんでした(泣)。

また、いずこも同じだと思う本屋ならではのあるあるや、現役時代に知っておきたかったこと、食品保存容器の意外な使い方、へえ~こんなこともあるんだ~という内容満載で、楽しく読めます。
後半では、ラノベ以外のことにも触れますが、雑誌の担当だった元同僚(前述の女性とは別人)にもぜひ読んで欲しい!と思いました。

もちろん、書店員経験者でなくても楽しめますよ。
特に、ラノベ作家として作品を紙の本にして書店に並べることをお望みの方や、既にプロになられた方々も必見! いや、必読です。

リアル書店のラノベ棚は、新人作家さんたちの主戦場。
大変な激戦区でありますが、そこで日々戦ってきたコミナトさんの経験は、あなたが生き残っていくのに必ず役立ちます。


この素晴らしい書店員エッセイに祝福を!!


ところで、コミナトさん。

「疫病神」の読み方は、「カラミティ」ですか?

★★★ Excellent!!!

――

ファンで連載を追っていました。完結したので、レビューを。
現場にいらっしゃるからこそわかるリアルな本屋事情が面白いです。

個人的にweb小説の作者さんの中には、web小説と紙の本を分けて考える方が一定数いらっしゃるように感じられるのですが、web小説もうまくすれば本屋に並ぶ。
そうしたら、webと紙の本は違うとかは言っていられないのでは?
書籍化が決まった後までを見据えての執筆計画を立てるのに、このエッセイは非常に役立ちます。

書籍化を目指すカクヨム作家必読の本屋さんエッセイです。

★★★ Excellent!!!

――

書店員さんのプロ根性、とくに尿意と戦う姿勢がとても印象的でした!

作者さんのリアルな体験を読むと、いつも新刊を予約してくれる本屋のお兄さんも実は尿意と必死に戦いながら接客してくれてるのかな?となんだか熱い気持ちになります(^O^)

昔からずっと気になっていたのですが、どうして本屋さんに行く尿意を催すのでしょうか?いつもおしっこしたくなるんですよね……

書店員さんもこの強烈な尿意を感じながらお仕事されているのか……。
さすがプロフェッショナルだな!と情熱大陸のBGMが頭のなかを駆け巡っています。

★★★ Excellent!!!

――

わたしは本屋さんが好きだ。
子供のころから暇さえあれば本屋さんに入り浸って、心の冒険を楽しんでいた。
そんな「すぐそばにある」はずの本屋さんだが、そこで働いている人がどんなことをして、どんな思いをしているのかはけっこうな謎だった。
このエッセイでそれを少しだけ知ることができたような気がした。
今夜はお酒でも飲みながら、お気に入りの本を開こうかな。

★★★ Excellent!!!

――

書店ガールや重版出来!など、最近何かと話題な出版業界。(話題かしら?)

このエッセイは、そんな出版の業界の最前線である書店員の体験談を綴った、このカクヨムで読まれるに相応しい内容になっている。

著者は、実際に二つの書店で働いた経験のあるとのことなので、その内容は実にリアルであり、生々しくもあり、悲喜交々がヒシヒシと伝わってくる。もちろんそれだけでなく、本好きでもよく理解していない「取次」や「返品システム」、「定期購読」などを、詳しく、分りやすく、コミカルに説明してくれる。ほんとう、本屋で働く書店員の皆様、ご苦労様です!

エッセイの後半では、本を持ったまま町に出ると言ったタイトル通り、著者が経験したイベントのレポも綴られている。思わず「ぷいきゅあ、がんばれー」と叫びたくなること間違いなしっ!

このエッセイを読めば、必ず明日本屋に行って本を買いたくなるはず――

「さぁ、カクヨマー諸君、本をもって町の本屋さんに行こうではないか――そこには、僕たちの楽園が広がっているはずだ!」

★★★ Excellent!!!

――

 僕は書店が大好きです。きっとこのエッセイを読もうとしている人もそうでしょう。
 
 十年前、二十年前までは街に多かった書店がすっかり減ってしまった現状に胸を痛めている人も多いと思われます。

 このエッセイには読んでいるだけでまるで書店の中に居るかのような気分が味わえます。

 インクの匂い、忙しなく歩きまわる店員さん、土日のイベント、そういったものの実感が文章を通して伝わってくるその瞬間。貴方は間違いなくコミナトさんの思い出の中の書店に居るのです。

 感慨にふけり文章を読み進め、そして読み終えたならば街へと出ましょう。もしかしたらまだ、貴方の知らない素敵な書店が待っているかもしれないのですから。たぶん

★★★ Excellent!!!

――

出版不況とはぼくも耳にしますがウチの田舎近辺では倒産する書店がないため実感がわきません。
でも、大変なんですねえ。
ぼくもジャンルは違いますが店長を会社から任されていたときの日々を思い出しました。

と、それはそれとして、
ラノベの話はとても楽しめました。ラノベってあれなんですかねえ、タイトル並べているだけでもワクワクしてきます。

よし、今日あたり本屋さんでラノベを買うか。

★★★ Excellent!!!

――

コメディタッチでありつつ、押さえるところは押さえた巧妙で柔らかともいえる文章。本を仕入れるときの仕組みや考え方や駆け引きなど、内容もとても興味深く読ませていただきました。続きが楽しみです。

★★★ Excellent!!!

――

今まで知らなかった書店の裏側を知ることができて、とても面白いです
本というのは、いろいろな方の支えがあって初めて誰かの手に届くものなのだと改めて感じました

Amazonなどのネット通販で買うのも便利でいいかもしれませんが、僕はやっぱり書店が好きです
書店員さんの熱い想いが書かれたポップなどを見るたびに、立ち止まって文面を目で追ってしまいます

続き楽しみにしております!

★★★ Excellent!!!

――

読者と本をつなぐ最初の接点である”書店”。
Web通販が勢力を拡大し、外に出なくても買い物ができるようになった現代でも、実際に店に足を運んで商品を買うという行動がなくなることはありません。いえ、むしろそんな時代だからこそ「実際にモノを手にとって買う」という行動ができることの意味が重くなってくるのではないでしょうか──。

書店員さんとして働いていた経験のある作者さんが実際にお客さんと接し、また本を商品として販売することに携わられてきた経験をもとに書かれたこの作品を読んだ感想は、そんなことを考えていた私の思いが一層強まるものでした。

知らないことや腑に落ちること、それから不思議なことやもっと知りたいこと・・・・・・色々な本屋さんの秘密がここにはあります。おもしろかった!


一つ読んでいて気になったのですが、固有名詞を伏せ字にすると、「その単語を知ってる人にしか通じない話」となってしまいます。
ですので、もし想定する読者の間口を広くとるのであれば、基本的に作品名などはそのまま出してしまったほうが詳しくない方にとっては親切なのではないでしょうか。(せっかくのWeb小説ですし、紙で読むよりもよっぽど簡単に知らない単語は調べられますからね)

★★★ Excellent!!!

――

 昨今、ネットショッピングの(ある意味で)焼き畑農業的な戦略により青息吐息の書籍小売店業。
 データによると一日一軒のペースで閉店に追いやられているとか。

 この体験型エッセイは、作者さんが閉店間際ぎりぎりの二年間勤めていました。
 その間販売した作品、売れ筋の推移、ネットやアニメとの連動で変化する売れ行き、レーベルごとの戦略が余すところなく書かれています。

 作品のカラーでネットの方が売れる作品、ある意味で独壇場、自分のカラーを出せるラインナップ、『あのビニールのやつ』を一冊ずつかけていく手間ひま。
 どれも想像や取材しただけでで書けるものではなく実際の経験値が如実に生かされています。

 ネット小説を紙書籍、大手出版社で上梓したい、そんな人にもお勧めです。
 もちろんこれを読んで今すぐ、などというものではありませんが、本を買ってくれる方、顧客の傾向を読み解けば見えてくるものも多いはず。

 作者さんへ――――小売店が寂れていくのは時流です。個人的にもとても寂しいですが、決してあなたのせいじゃありません。

★★★ Excellent!!!

――

 「取次」、「トーハン」、「返品制度」など、ただ書店に通うだけでは知ることのないような事柄についても簡単に、わかりやすくふれているので、書店をブラブラすること自体が好きなお人も目を通してみてはいかがでしょうか。上で挙げられた言葉について個人的に学ぶ機会があったため、おおよそ事実であることが窺えます。やはり書店は厳しい状況にあるようです。
 ライト文芸というジャンルについては、10年ほど前にはまだ存在していなかっただろうと個人的には思うところです。現在、20代以上の年齢の方には何となく察せられるのではないでしょうか(個人のオタク歴にもよる?)。そういったところも含めて考えながら読むのが楽しい作品です。

★★★ Excellent!!!

――

子どもの頃からデパート行ってもスーパー行っても、
最初に行くのは本屋さん。そんな暮らしを三十ン年続けてますと、
どうしても好きになりますね。あの静かにお宝が並んでる感じ、
何も考えず飛び込みでお店に入り棚をザーッと眺めた中から、
ピンときた一冊を抜き出して読んでみたときのわくわく感と、
それが『当たり』だったときの満足感は寝食を忘れるほど大きいです。
そんな喜びを裏で支えてくださいます書店員さんたちのお話、
大変興味深く拝見しました。いつもお世話になっております!

★★★ Excellent!!!

――

小型書店で奮闘してきた作者さんの臨場感あふれるエッセイです。
本好きな皆さんが気になっているだろう書店の裏事情が、軽妙な語り口で描かれています。このエッセイを読んだ後、いつも行っている地元の書店が以前と違って見えるかも?

私も書店勤務経験があるので「分かる分かる!!分かる!!」と思いながら読みました。シュリンクを手作業するのは辛すぎる……。