虹色ジュブナイル/D

作者 フジムラ

フォロー 1話目から読む

彼女の眠るルルイエの渚までは、人の身を捨ててもなお遠い。 フジムラ

海辺の田舎町で暮らす秘宮郁海は、伯父に旧い祭祀に参加する事を申し付けられる。再従兄弟の海斗からは駆け落ちを求められ、迷う郁海。夜の浜辺で魚人に襲われる拘束着の少女・キィを助け出した彼女は、祭祀がその魚人達に絡む物だと知る事になる。

※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

虹色ジュブナイル/D

@fujimura
執筆状況
完結済
エピソード
7話
種類
オリジナル小説
ジャンル
現代ファンタジー
セルフレイティング
残酷描写有り 暴力描写有り 性描写有り
タグ
クトゥルフ神話 アクション 魔法 中編 ジュブナイル
総文字数
26,269文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
0人
応援コメント
0件
小説フォロー数
3

アクセス数