参加作品数

20

参加受付期間

  • 終了

企画内容

 私はこの前、このような指摘を受けました。
 「視点の揺れ(主人公と彼)が気になる」と。

 残念ながら、私ではどのようにぶれているのかよくわかりませんでした。カクヨムのいろんな創作論などを読み漁ってみましたが、よくわかりません。

 どんな文が『視点が揺れていない』のだろうか、とも思いました。

 普段読んでいる小説が神視点のもの(多分)ばかりなので、ごっちゃになっているのだと思っています。

 なので「俺の作品を読めば理解できるぜ!」「私の創作論を読めば解決さ!」という方や、アドバイス(視点に限らず)をくださる方を募集します。

 私と同じような悩みを抱えている方も一緒に勉強しませんか?

・参加された小説の三話までは必ず読みます(三人称のもののみ)。

・創作論は読みたいところを読みます。

・忙しくて読むのに時間がかかってしまっています。ご了承ください。

・上記二つが適用されるのは基本先着二十作品のみです。

・アドバイスなどは誹謗中傷を含まないようにお願いします。


 以下、私の作品です。

 『京都神人怪異譚』
 親と仲の悪い少年は神様と少女に出会い、非日常に深く関わることを選ぶ――
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887770032

 よろしくお願いします。

参加方法

参加する小説の設定画面で、自主企画欄にある「【二十作品まで】三人称視点の小説や創作論を募集します」を選択してください。

運営より

  • 同じイベントに参加している人からの作品への評価はランキングに反映されません
  • イベントは、主催者または運営によって削除される可能性があります
  • イベントへの参加・解除は開催中のみ可能です

参加作品一覧

このイベントに参加している作品の更新順です。

このイベントに参加する

このイベントの参加受付は終了しました。ありがとうございました。

主催者

 一週間に最低でも一話更新するように書いています。  更新するのは基本平日です。  金田一耕助や館シリーズを読みます。全部は読めていません。  本当の意味で拙い文章ですが、ドラえもんのような温かい…もっと見る

近況ノート

参加者 19