ネット小説を書いていて思うこと ――素人なりの注意点――(抜粋転載版)

作者 烏川 ハル

24

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本文で作者さまが触れていらっしゃることは、ともすれば「そんなことはわかってるよ」と、スルーしてしまいがちな内容かもしれません。

しかし、しかしです。
「わかっているはずなのに、評価が得られない」という書き手さまもまた、いらっしゃるのではないでしょうか?

それはもしかすると、「当たり前すぎて、わかった『つもり』になっている」のでは?
それは物書きが陥りやすい、心理的な罠なのかもしれません。
自分を客観的に見るのは、意外に難しい。

そんなときこそ、本論考をご覧ください。
自分に足りていない部分を、俯瞰して眺めることができるでしょう。
本エッセイはまさに、小説を書く者にとっての、『見取り図』となってくれます。

ただ、注意していただきたいのは、「鏡に映っているのは、自分の姿」なのであって、「心がくもっていては、映る姿もやはり、くもってしまう」ということです。

どんなに優れた諫言も、聞く者の気持ちに疑いがあっては、意味をなしません。
理性をもって判断すれば、必ずや有益なものとなるでしょう。

★★★ Excellent!!!

 私は、ネット小説を書いて日が浅いです。
 ……だからこそ、こう感じました。

 執筆で心の中に秘めていた、誰に訊いていいのかわからない質問や、どう質問をしていいのかわからないこと。或いは気が付かなかったことなどを、この作品の中で、作者様は、同じ目線で、わかりやすく説明してくれました。

 書き手さんにとっては『教科書』ともいえるこの作品。
 読み手さんにとっても、興味の持てる内容だと思いますので是非!
 寄ってみて、きっと納得して頂けると確信する次第です。