稲妻トリップ

作者 リエミ

21

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

登場人物3人が複雑に絡み合い、見えない物語の全体像がゆるやかに浮き彫りになっていく様は、素晴らしいの一言です。この物語を説明するのはとても難しい。でも、読めばその面白さは伝わるはずです。

いい意味でクセがある文体なので、読者を選ぶかも知れませんが、こっちがクセになってしまうという面白味のある文体です。
皆様も一度、味わってほしいものです。

★★ Very Good!!

過去と現在、そして未来が干渉し合う。干渉しあって、そして世界は作られて、壊されて、再構築されていく。
タイムスリップものとは少し違う、静かに世界が変わっていく様をよく表した作品でした。

世界は我々が作っているのだ。それがどんな世界だとしても、どれほどに理不尽で、不条理な世界だとしても。それは我々が望んだことであって、地面に落ちた茶碗などではない。
でも、もしやり直せるのなら。未練を残してくれる彼女の声が二次元から聞こえてくる。未練を残して、そしてそれを遂行してしまうのだから、とても憎い、憎くて羨ましい。

僕が憎く、そして羨望しているのだから、この作品はとても冷たくて、無機質で、それでも美しく感じるのかもしれない。