書籍化されたあの作品、気になっていたけれどまだ読めていない……という方は必見です。2017年最後の特集は「公式作品イッキ読み」企画!書籍化している公式作品のなかから、まるごと1巻相当以上掲載している話題のタイトルを集めました。
作品に寄せられたレビューの中から、「これは読みたくなる」と感じる、秀逸なレビューをご紹介します。 書籍化した公式作品がカクヨムで読めるのはお得ですよね。この機会に全作品を制覇してみてはいかがでしょうか?

ピックアップ

削除等の理由により1項目は表示されません

誠実な強面旦那様と一途で純真無垢な幼妻にほっこり^^

  • ★★★ Excellent!!!

 なんと言っても二人のやりとりがちくいち胸キュンですw

 自分の筋骨隆々であり誰もが裸足で逃げ出す強面な外見をコンプレックスとする軍人。それを憧れと羨望で受け入れる一途で愛らしい少女。
 二人の夫婦生活はドタバタではありますが、随所に口元を綻ばせる魅力が添えられております。
 周囲に仲間達も二人に負けず魅力的な方々が多いですが内容は読みやすく、歯切れの良いテンポ運びとなっており、一話から現在更新されている話までノンストップで読める作品です。

 書籍化が決まっている模様ですのでこちらで読んでそちらも購入とダブルで読み進めてられる魅力ある作品なので、是非是非ご覧になってみて下さい!!

自分の投稿作品が「紙魚《シミ》」に侵されたら、命を懸けて戦えるか?

  • ★★★ Excellent!!!

古今東西あらゆる書物のデータがその電子書架に収められている。
最近ではアマチュアからの小説投稿も行われ、活況を呈している。
物語の舞台は、我々に身近な小説投稿サイトと公開中の作品世界。
主人公・彰文は執筆をしないが、読者として一目置かれる存在だ。

彰文の読書好きは「誰か」の影響だが、その誰かを思い出せない。
もしやその欠落は、魔のモノ「紙魚《シミ》」による影響なのか?
シミは作品を侵して書き換え、現実世界にも作用するという。
万一、シミが世界的名著を襲ったら、文明さえ崩壊し得るのだ。

彰文は、級友でラノベ投稿者の浩太郎と、作品世界へ入り込んだ。
浩太郎の処女作を守るため、乙女系投稿者のかりんに力を借り、
各々の思い入れの深いキャラクターをパートナーとして呼び出し、
ストーリーを追いながらシミとのバトルに身を投じることとなる。

カクヨムでカクこと、ヨムことを楽しんでいるユーザーなら、
自分の身に置き換えてガッツリ感情移入できる物語設定だ。
「もし私が悪魔の書架で戦うなら?」と想像するのも楽しい。
(うちには戦闘系キャラも多いけど、精神的に脆いから心配)

カドカワ公式作品であり、何より、水野良先生の作品である。
ロードス島には、執筆スタイルの上で本当に大きな影響を受けた。
完結してから一気読みしようと思って今まで我慢していたが、
結局やっぱり読みたくなって、公開分を全部読んでしまった。

プロの作品を読むことは勉強になる、というのは当然のこと、
「カドカワ公式作品がどんなレイアウトを取っているか」も
一つの指標になった(「見せ方」に迷う書き手は多いと思う)。
スマホという最凶に見づらい環境での読み易さが優先されている。

物語は始まったばかり。
登場人物もまだ少なく、最初のシミ退治も未だ達成できていない。
水野良先生の新作、これから更新を楽しみにしていこうと思う。
ラノベがラノベと呼ばれてなかった頃の、好きだった風を感じる。

最後に声を大にして。
水野良先生、好きです!
ずっと応援しています!
届け、ラブコール!!

浅草行きたくなるぢゃないですか~!!!

  • ★★★ Excellent!!!

面白いですぞ!!!
マキちゃんの浅草グルメレポート読んでると、浅草に行って食べたくなりますぞ!!!
きびだんごとか、冷やし抹茶とか、焼き芋ようかんとか、あんこ玉とか、浅草メンチとか。
浅草寺も参拝したくなりましたぞ!
この小説の中では、浅草の伝説も紹介していただき、ワクワクが加速しますぞ!

しっかり練られたシナリオ展開と、とっさのアドリブ

  • ★★★ Excellent!!!

アリアンロッド旧版からの名プレイヤーO畑氏によるリプレイ。
その内容も期待を外さない物でした。

プレイヤーも「全員アーシアンか。(キャラの個性を含めた)バランスどうなの?」と思っていたのですが、こちらもそれぞれ個性あふれるPCとなりました。

ネタバレは避けますが、とっさにPCの行動に合わせた設定を加えたり、『面白い』と言う行動を採用するのは流石の一言。また「それはひきょうだー!」と思わせる敵の戦略も見事でした。

TRPGを題材としている以上、TRPGを知らなければ分からない部分もありますが、純粋な転生物語としても面白いと思います。
賛否は分かれますが、無双こそなけれど主人公の性格が実に爽快です。

エグいくらい面白い!そこの貴方!!今すぐこれを読んだ方が身の為!!

  • ★★★ Excellent!!!

ふらっと開いて読んだらぶっ飛びました。こんなに面白いファンタジーをなぜ今まで知らなかったのだろうと不思議になりました。勿論、本を購入しました。最近のラノベあるあるなのかもしれませんが、こういう作品が埋もれて2巻完結とかになったら正直勿体無さ過ぎますね。この作品はアニメ化を絶対に狙える作品だと思います。と、いうか僕がアニメになったらみたいから偉い人みてたらアニメ化にしてくれないかな!
主人公ホールデンが最高で、彼のどん底からの這い上がりは熱過ぎます!
ぜひみなさん一読してみてください。絶対に後悔しない作品だとおすすめできます!

変人しか気にしないから普通は書かれない部分が気になる変人にオススメ

  • ★★★ Excellent!!!

 例えば二次元の女子高生が突然受肉して主人公と一緒に暮らすラブコメがあったとしたら、「少女には戸籍がないはずだが、どうするのだろう?」といった変人しか気にしない部分は普通書かれない。なぜならどこにでもいる、ありふれた人物がベースの主人公なら少女に戸籍がないことよりも先に気にすることは沢山あるし、それは普通の読者にとっても同じだからだ。
 しかしこの作品の主人公達は普通ではない。「いや、異世界の物理法則を確認するのは普通だろ」と自分は変人側だと認めたがらない読者もいるだろうが、この作品の主人公達は間違いなく変人達だ。そしてそれが同じ変人側の読者にとっては読んでいて、かゆいところに手が届くような心地よさがある。
 変人しか楽しめないかといえば、そんなことはない。変人要素は脇道ではなくしっかりと本筋の上に乗っており、物語は停滞することなく進み続ける。普通の読者が読んでもコメディとして十分に楽しめるだろう。
 今作、後半少し変人要素が減っているように思えた。全体の半分以上が魔術の仕組みを研究するだけの小説を嬉々として読む自分には少々物足りなさを感じなくもない。普通と変人の両方楽しめるバランスを考えればこれくらいが無難なのだろう。それは分かる。ただ、普通に読んでも十分に面白い話ではあるが、自分が一番に読みたい部分は高専生という変人達の視点を通して語られる「そこサラッと流す人多いけど、やっぱり気になるよね」という部分なので、そういった部分がほとんどない普通の異世界転移モノになっていかないよう、二巻も頑張って欲しい。

物語の世界へ誘われる

  • ★★★ Excellent!!!

硬質で控え目な文章。
静かなはじまりの情景。
確かにライトノベル的ではないという感じもします。
が、この作品が読者を引き込む力は、この文章によるところも大いにあると思います。
私は引き込まれた側なので、その後もすいすい読み進めることができました。
続き楽しみにしてます。

一気読み。

  • ★★★ Excellent!!!

今までレビューなんて書いたことないのに、それを書こうと思って、そのためだけに、カクヨムに登録しました。

試し読みで夢中になり、紅霞後宮物語の本編をまとめ買いし、第四幕まで、一気読みしました。
もっと読みたくて、検索しているうちに、この第零幕にたどり着きました。
そして、これも一気読み。

早く、続きが読みたい、、、。
禁断症状で、眠れなくなりそうです。
読んでいても夢中になってしまうので、どちらにしても寝不足ですが。

清々しい。
小玉と文林、悩み嘆き苦しむこと、幸せに感謝すること、
いずれにも、いつも、一所懸命だから、気持ちが洗われます。
彼らに出逢わせてくださった雪村花菜さんに感謝です。

ハイスクールD×D本編の前日談!! 注)先生の同名小説ではありません。

  • ★★★ Excellent!!!

公式スピンオフ作品。おっぱいドラゴンこと「赤龍帝」兵藤一誠がその力に目覚め、物語が始まる数年前の話。主人公は神殺しの神器の中で唯一「神」の名を持つ「黒刃の狗神」の所有者・幾瀬鳶雄。本編では裏方に回りあまり出番がありませんが、「白竜皇」ヴァーリ・ルシファーや本編のとあるヒロインと繋がりがあったりします。そんな彼がその力に目覚める切欠、そして後にグレゴリの中でも有力チームの一角となる彼の仲間達と出会うことになった事件のお話。ハイスクールD×Dのファンなら絶対楽しめる内容だと思います。但し唯一注意するなら本編と違いシリアス分は強めです。

美味しいは正義!と思う私はもう虜

  • ★★★ Excellent!!!

料理人のプライドと魔王様やその周辺の我儘の戦い。

意外とバトルも読み応えあって、エッチな展開もしっかりと用意されてます(笑)
正直なところ材料がファンタジーすぎて、料理のイメージが湧かない事もあるけど、ちゃんと魔王様が食レポしてくれるから大丈夫!👍

美味しカッコイイ主人公と食べデレ魔王様のやり取りが微笑ましい。
肩の力を抜いて読めるから大好きです!

テイマーってだけで憧れる・・・憧れるよね?

  • ★★★ Excellent!!!

レジェンドだとそれはそれで楽しく読めたが主人公が強すぎて成り上がり要素はあまり見受けられなかったのだが、こちらでは段々成長していく主人公を見れそう。
まだ活躍はしていないがテイマーの片鱗を現してきていて、これからどう成長していくのか、どんな仲間ができるのかと展開が非常に気になる。
リトルテイマーだけ読んでる方がいらっしゃったら、なろうのレジェンドもかなり面白いし、世界観の理解が進むのでそちらも読んでいただきたい。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!