神社合祀奇譚―焼かれる神と鈴の音―

作者 ハコ

日本は神の墓場である

  • ★★★ Excellent!!!

葬り去られた神(この表現は適切ではないのですがネタバレ防止と言うことで。。。)を題材とした幻影的な小説でした。

日々何気なしに通り過ぎる祠、或いは神社にどれだけの人の思い、そして歴史がつまっているのかを考えさせられます。

柳田国男や宮本常一、特に泉鏡花などの本が好きならば是非ご一読をおすすめします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

理性の狡知さんの他のおすすめレビュー 7