深緋の恵投(ふかきあけのけいとう)

作者 銀鏡 怜尚

秀逸なタイトルに全てが籠められていた

  • ★★ Very Good!!

 以前からタイトルに惹かれながら、読了が遅くなったのは冒頭の荘厳さに自らの語彙が追い付けなかったためだ。
 やっと読了できた今、やはり相応の時間を確保して臨んで正解だったと心から思う。
 紹介文でも説明されているように、第3章まではミステリーというより青春恋愛物語の色彩だが、第4章以降には「なるほど!そういうことか!」という展開が待っている。
 張り巡らされた伏線と人間関係と膨大な医療情報に溺れかけそうになるが、読み終えた後のなんともいえないこの感覚は、やはりミステリーの醍醐味だろう。タイトルと序章に籠められた意味がようやく掴めて、霧が晴れる思いだった。
 本作品の一番の魅力は、単なる謎解きではなく、事件の奥にある人間の思いや日々の生き様に様々な角度から光が当てられている点だと思う。その意味では、作者が説明なさるように、ほぼすべてのジャンルを網羅している。

 
 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

はる(haru8)さんの他のおすすめレビュー 154