気持ちが和むときだって多いのだ。

作者 愛宕平九郎

いつもそばに。

  • ★★★ Excellent!!!

感じている魅力を緻密に分析し、言語化する能力。
これが常々感じる作者様の強みであり、本作は改めてそれを如実に実感できる温かいストーリーでした。

なんでも問題視すれば良いわけでもないし、周りの人が楽しんでいることだけが楽しみでもない。誰かが言っている価値観よりも、自分目線の等身大の幸せを。

お婆ちゃんと親友と天ぷらと。いつもそばに。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

蒼翠琥珀さんの他のおすすめレビュー 341