タイトルにふさわしい、幻想的で綺麗な物語

 最初に見た時は、「狐降る夕、てどういう意味だろう」と思い、幻想的で綺麗なタイトルに惹かれて読んでみました。
 読み終えた時は「これはすごい」と思いました。
精緻な筆致で綴られる描写も、それが醸し出す作品の雰囲気も息をのむほど美しい。
宝石のように綺麗な短編を味わいたい方は、是非ご一読を。

その他のおすすめレビュー

緑月文人さんの他のおすすめレビュー521