あっさりと初恋が破れた俺、神からのギフトで倒して殺して奪う

作者 Gai

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全276話

更新

  1. 初恋敗れる
  2. 一人で森の中へ
  3. 慣れなければいけない
  4. 大量の魔石、どうしようか
  5. 信用出来る
  6. 意外とセンスはある
  7. 不用意に入ってはならない
  8. 時間は短かったが
  9. もし失敗していたら
  10. 経験値による差
  11. 世代では最強だろう
  12. その呼ばれ方は恥ずかしい
  13. 許可が出る
  14. 使い勝手が良い
  15. 聞こえた悲鳴
  16. 貴族という存在
  17. 貰ったその指輪は
  18. まだまだ差はある
  19. 推薦はいらない
  20. 信頼出来る者でなければ
  21. 選ばれた五人
  22. 何を話せば良いのか……
  23. 俺が貰っても良いのか?
  24. 優秀なドラゴン
  25. 初めての景色
  26. 目がそちらに行ってしまう
  27. 時間が経ってようやく解かる事
  28. 普通は早く起きるもの
  29. その角は一応危険
  30. 間に合った
  31. 何かの縁だ
  32. 己の手札を確認
  33. 仕方がない依頼料
  34. うっかり倒してしまった
  35. 気になる倒し方
  36. まだちょっと早い
  37. 英雄とは
  38. どちらの感情なのか
  39. 何故そう呼ばれるか
  40. 前と同じ
  41. 宜しくないトラブル
  42. 切り替えていこう
  43. 非常に優秀
  44. デメリットもある
  45. 遭遇する前とその後
  46. 未来への投資
  47. 警戒を怠らない
  48. 冒険をしてはならない
  49. 自信の作用
  50. 解っている二人
  51. 単純な差
  52. 向いてるとは限らない
  53. 運動後の食事
  54. 勘違いする態度
  55. 文句を言わない
  56. 重要なこと
  57. 有難いが……無理
  58. 隠せないその雰囲気
  59. どれが正しいとは言えない
  60. 試運転
  61. もっと経験が必要
  62. その程度の思い
  63. 面倒事を避ける為に
  64. 悩む提案
  65. 焼けばなんとななる?
  66. 数を減らして売る
  67. 異様な数
  68. 師匠と自分の意見
  69. 守るために
  70. 参加決定
  71. その一言で
  72. どちらが後悔するのか
  73. ブンブン丸だな
  74. 差の証明
  75. ギリギリ残っていた理性
  76. 漏れる愚痴
  77. 休まず鈍らせず
  78. 意外とやる
  79. ベテラン組も解っている
  80. 不安が消える
  81. 半信半疑
  82. その感情は悪では無い
  83. お世辞では無い
  84. 残念ながら、才能の壁
  85. 失敗したら……
  86. 自己責任だが……
  87. 認めても、悔しさはある
  88. 今回は殺す
  89. 予想外の数
  90. ファイターかアサシン?
  91. 意地でも認めたくない
  92. 横暴ではない
  93. 全て話す
  94. 協力が必要
  95. そっちも暴走するかも?
  96. 副作用がどうなるか
  97. それは応えられないかもしれない
  98. 変わった理由はなんだ?
  99. テイムという方法
  100. 一歩近いが……
  101. 多分……アウト
  102. お邪魔虫
  103. 後ろには行かせない
  104. 止まれ!!!
  105. 熱くなり過ぎている
  106. 削れていたのは魔力や体力だけではない
  107. 無事に守れた
  108. まさかの額
  109. 当然の報酬と権利
  110. やはり組むべきではない
  111. 長としての思い
  112. 街を救った英雄
  113. 不安が消えなかった
  114. 今の自分を壊して変わる
  115. 反則的なスキル
  116. 俺はお前になれない
  117. 俺だけの力じゃない
  118. 三つの剣
  119. スキルではない
  120. 疑ってしまった相手は……
  121. やはり冒険してみる
  122. やはり死守したい
  123. 信じなくても、それは事実
  124. 連日訪問は避ける
  125. ちょっと待ってくれよ
  126. もう少し休むべきなんだよ
  127. 結局はバレるズル
  128. 徐々に徐々に追い詰める
  129. 人前では使わない方が良い
  130. 別れる前の夕食
  131. まだまだ先の話
  132. いざ、次の目的地へ
  133. 直ぐに消えない痛み
  134. 噂の化け物
  135. 観察眼から狩人の眼に
  136. 制限日数
  137. あまり深くは知らない
  138. 本能的に回避
  139. 何故違う?
  140. 一日で見つかるなら良いが
  141. その道を選んだ
  142. 面子を守るのも大事
  143. それだけ使っても困りはしない
  144. 張り忘れてたが
  145. 匂いに釣られて
  146. からかいでは済まない一言
  147. 二人ほどでは……ない
  148. 高い金を取るだけはある
  149. 争奪戦が収まった後
  150. その方法は良かったが
  151. そっちはそっちで重大な件
  152. その距離は届く
  153. 今度見つけたら飯を奢ろう
  154. 楽々血抜き作業
  155. 頭が回れば気付く
  156. 助けた礼をさせてほしい
  157. 技術習得に近道はない
  158. 冷静に考えてみれば
  159. 高ランクになる以外の目標
  160. 笑う理由はない
  161. 歩き慣れている
  162. 大金を持つDランク冒険者
  163. 買う……だけでは終わらない
  164. 先に治療してもらいたい
  165. 好待遇過ぎる
  166. 驚きのステータス欄
  167. まだ時間はあるので軽く運動
  168. 一つの目安になる
  169. 異性の目を惹く見た目
  170. 必然的に直ぐ上がるのでは?
  171. 推奨ランクと全く合わない
  172. 採ったら迷惑になる
  173. 天秤にかけるまでもない
  174. 返答ミス
  175. 師匠と似た雰囲気を持っていた
  176. 呼び方変更
  177. 起こすか否か
  178. 環境と相性が良い
  179. 最初に得た武器で
  180. 魔法剣士の更に上
  181. なんだかんだ動いていたら
  182. 両方潰せば良いが、片方だけでは駄目
  183. 黙れ干物野郎
  184. 直ぐに掻き消した
  185. そこら辺の運がないかも
  186. 驚いた顔は面白い
  187. 依頼を受けて倒せばいい
  188. 考えがぶっ飛んでる
  189. 様々な方法を使う
  190. 気付いていた
  191. 問題二つ
  192. 〇りたいのか?
  193. 二人からすれば宝石箱
  194. 仮にその試験内容であっても
  195. そういう人はいたのか?
  196. 休日なのだが
  197. 二人とも間違ってはいない
  198. 情報が多い
  199. どれほどの差があるのか
  200. なんとなく分かる感覚
  201. 一緒とは言えない
  202. 想いの差が大きい
  203. 意志の強さと思いの大きさ
  204. 聞いたこと……ない
  205. こちらも数が必要
  206. 緊張感の差が大きい
  207. 先に見つけられた獲物
  208. 落しそうなほど震えていた
  209. 当然、睨み返す
  210. サクッと終わらない?
  211. 笑いを堪えるのに必死
  212. 有無を言わせぬ迫力
  213. やられたらやり返しても良い?
  214. 止めることは無理でも
  215. 順調な出世
  216. スタミナは大切
  217. 被ったので参加出来ない
  218. 酒に酔いたい
  219. 常識が壊れている
  220. 収まってる?
  221. 基本、好きなように
  222. 無自覚に魅せる背中
  223. 有難みは感じた
  224. 悪くなかった討伐戦
  225. 死線を乗り越えたばかり……
  226. 離れるのは良くない
  227. 上位種ではなく亜種
  228. 手を貸せない悔しさ
  229. 比べるのは失礼
  230. 無駄な選択肢を増やさない為に
  231. 最後まで笑う
  232. 直感に従って
  233. そこのみを使う
  234. 感謝は素直に受け取る
  235. 昇格してからまた直ぐに?
  236. もう連戦はダルい
  237. 好印象な解体士
  238. 気にせず吞んでくれ
  239. 足りなかったもの
  240. 理屈は納得出来ても……
  241. 忘れてた……
  242. 悩み解消
  243. 二人にとっては珍しくない
  244. 何人も実力者が語る
  245. ラストではなく?
  246. 解放?
  247. 相思相愛ではないのだろ?
  248. 対価を払えるのか?
  249. 珍しくイライラ
  250. 普段なら零さないが……
  251. 大金を稼いだ方法とは……
  252. ティールがそれを行う
  253. 嫌がらせが来る?
  254. 意外と大事な感覚
  255. 普通のとはまた別の……
  256. 知ったことではない
  257. 底が見えない怖さ
  258. 理由には納得
  259. 評価の対象になる
  260. お互いに恐れる
  261. 疑問と侮りの目
  262. まだまだ完全に読めない
  263. 綺麗過ぎる
  264. 一番後悔していたのは……
  265. その心は消えない
  266. 我慢するしかない
  267. 残り一年半をどう過ごすか
  268. 出世はしてる
  269. 意識を自分に向ける
  270. 速さだけでも勝てない
  271. 正直……痛いよな
  272. 慣れない疲れ
  273. 厳しい条件がある
  274. 勘違い……しちゃうよな
  275. 違う圧を持っている
  276. 勝つより楽しめ