魔月恋月 〜をとめの恋は月下に咲く〜

作者 朱風

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 一、お醤油がほしいへのコメント

    昔の世界観に引き込まれました!
    続きがとても気になります。
    あと、主人公を応援したくなりました。

    作者からの返信

    お読みくださりありがとうございます。
    和と洋が混ざり合う開国期の華やかな空気が伝わればうれしいです。

    2022年9月5日 09:36

  • 八、吸血人の仕業へのコメント

    素晴らしい面白さです。先がとても気になります。
    吸血事件の真相と、月乃がどうやってそれに絡むのか、楽しみです。

    作者からの返信

    事件の真相と、恋愛と、月乃の身の上がどうなるかなど…合わせて楽しんでいただけますように

    2022年8月6日 22:20

  • 七、月乃ちゃんの一番の“ファン”へのコメント

    千代のキャラクター造形が良いですね。完璧美少女ではないところが心憎いです。
    千代の存在は、月乃にとってかなり救いになっているのだろうなと思います。
    千代は子爵令嬢だけれど、月乃と対等な関係でいるのも、とても良いと思いました。

    作者からの返信

    お返事が遅くなってしまってすみません
    千代はわたしもお気に入りのキャラクターなので気に入っていただけてうれしいです!

    2022年8月6日 22:18

  • 六、あなたは何者なんですか?へのコメント

    フリッツ、白馬の王子様的立ち位置なのにけっこうはっきり言いますね。そこが良いと私は思いました。
    彼には、ヒロイン月乃以外にも明確な目的があるんですね。そのあたりのキャラクターと背景の設定が上手くて惹かれました。

    明治日本の舞台設定は、私には異世界ファンタジーより身近に感じられますね。
    これから先も楽しみに読ませていただきます。

    作者からの返信

    フリッツは外面は王子様ですが意外と口の悪い男です。気に入っていただけたならうれしいです!

    明治時代のようで実際のそれとはちょっと違う...歴史とファンタジーの中間くらいの世界観で書いています。
    もしかしたら史実とは違う点も多々あるかもしれませんが、そういうものだと思ってお目こぼしいただけたら幸いです。

    2022年7月16日 11:26

  • 五、空の鳥を見なさいへのコメント

    月乃は秀才なのですね。それが役に立つ時が来て良かったです。フリッツの存在だけでなく、彼女自身が努力して身に着けたことが身を救うのが良いですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます
    ヒロインはただヒーローに助けられるだけではなく、自分自身で困難に立ち向かう芯の強さを持っていてほしいなと思っています

    2022年7月6日 09:22

  • 四、どんな逆境でもへのコメント

    千代は本当に毅然とした令嬢で良いですね。
    亜矢と義母のもとで働かされるよりは、子爵家で働いたほうが良さそうだと思ってしまいました。そうした展開にはならないでしょうけれど。

    作者からの返信

    あっ、なるほど!千代の家で働かせてもらうという選択肢もアリかも!(今気付いた顔)
    逆境の月乃がどんな幸せを掴むのか、見守ってくださったらうれしいです

    2022年7月6日 09:19

  • 三、拝啓、ミスタァKへのコメント

    手紙の文語体が実に良いですね。よく調べられたのだと思いました。
    千代はとても良いキャラクターですね。気に入りました。

    文章がとても読みやすく感じます。
    読んでいて、読者として登場人物たちとの間に適度な距離感があると感じます。
    距離をもって眺めていられる感じで、文体や表現力だけでなく、そこが読みやすさだと思います。

    作者からの返信

    作品中では明記していませんが、このお話は明治20年頃をモチーフにしておりまして、当時はまだ言文一致運動の端緒が開かれたばかりでした。
    つまり、正確にはこの頃はまだ擬古文の「〜で候」みたいな手紙を書いていたはずで…
    でもそれだとかわいくないし読みづらいので(笑)、あえてこのような文体(昭和初期くらいの文体です)で書いています。

    千代を気に入ってくださってうれしいです!

    2022年7月3日 18:05

  • 一、お醤油がほしいへのコメント

    初めまして。大賞おめでとうございます。
    とても上品で綺麗な情景が浮かびました。
    主人公月乃の、学園内での立場と、一般庶民から見てのイメージの違いが描かれているのが良かったです。

    作者からの返信

    ご訪問ありがとうございます!
    描写を褒めていただけてうれしいです。
    書籍ではよりよいものをお届けできるようにブラッシュアップしていきますね!
    どうぞWeb版もおたのしみください。

    2022年7月3日 07:40

  • 最終話、私の夢へのコメント

    面白かったです!開国後の雰囲気が伝わってきて、これ当時はこういう言い方をするんだな、と勉強になって面白かったです。二人の関係もロマンティックで素敵でした〜。

    作者からの返信

    最後までお読みくださり、★までありがとうございます!
    開国当時の和と洋が交じっていく独特の空気、わたしも大好きです。少しでも伝わっていたらうれしいです!

    2021年12月16日 09:25

  • 十六、恋って難しいのねへのコメント

    小説面白くて好きです~。フリッツと月乃の関係がとても素敵で萌えます…!!

    作者からの返信

    読みにきてくださりありがとうございます!
    わたしの萌えが伝わってうれしいです〜この先もドキドキきゅんきゅんをたくさん詰めて書いたのでたのしんでいただけたらいいな…!

    2021年12月6日 20:21

  • 番外編二、紅い月にくちづけをへのコメント

    >良い夢を見られますように……
    月乃、かわええ(*ノェノ)キャー

    めちゃキュンキュンでしたー!
    ごちそうさまですm(_ _)m

    作者からの返信

    お返事が遅くなってごめんなさい。読んでくださってありがとうございましたー!
    本編であんまりキスしてないので、今回はがっつりさせてみましたよ!

    2021年5月28日 22:00

  • 二十六、俺の女神へのコメント

    胸がいっぱいでうまく言えないのですが、朱風さんの紡ぐ文があまりに綺麗で、息をするのも忘れて読み耽っています。

    こんな文を書けたら、と憧れます。

    今後二人がどうなるのか、じっくり読ませていただきます!

    作者からの返信

    一気読みに加え感想までありがとうございます!
    文章を褒められて嬉しくも照れくさいです。最後までたのしんでいただけたなら幸い!

    2021年4月27日 07:22

  • 十、彼女の名前へのコメント

    く~~!!そんなセリフ私も言われたい!(笑)
    フリッツがそこはかとなく可愛いですねw。

  • 番外編一、君だけの聖ワレンタインへのコメント

    >続きは週末に、ふたりきりで
    (*ノェノ)キャー
    甘々、ご馳走様でした☆
    二人のラブラブっぷり、最高です!!!!(≧∇≦)b

  • 番外編一、君だけの聖ワレンタインへのコメント

    あっっっっま……!!!
    これで一線を越えていないんですからもぉぉぉ……卒業後の月乃ちゃんが心配です!!笑。

    作者からの返信

    お粗末さまでした!
    まだ卒業まで一年以上あるので(当時は9月始まり)フリッツ氏、じっと我慢の時…!笑

    2021年2月15日 20:46

  • 最終話、私の夢へのコメント

    完結おめでとうございます!!
    普段はあまり見ることのない時代の作品でしたが、細かい描写のおかげで雰囲気がとても伝わりました。洋風が混ざっていく狭間の時代…素敵ですね
    千代ちゃんの正体に衝撃とショックがありましたが、人として生きていけるようでよかった…よかった…(泣)
    月乃ちゃんとフリッツさん、ホントに外国に一緒に行ける時が来れたらなぁ〜!お幸せに!!
    執筆、お疲れ様でした…!

    作者からの返信

    まるしさんーー!!
    お越し下さり、しかも最後まで読んでくださってありがとうございます!
    色々調べながら楽しんで(苦しんで)書いたので、少しでも当時の雰囲気を感じていただけたなら幸いです♪

    千代は強い娘だから、きっとたくましい職業婦人に成長するでしょう…
    キャラ達を応援してくださってありがとうございます!

    2021年2月12日 06:41

  • 最終話、私の夢へのコメント

    完結おめでとうございます!

    レトロな舞台設定で跳梁する異形、異人、そして恋。
    雰囲気たっぷりで読ませる作品でした。
    これがたった16行のプロットから生まれた……? うせやろ?

    キーアイテムとして手紙だったり絵本がうまく使われてて、上っ面ではない月乃の優しさというか人柄が伝わってきましたし、そこに惹かれるフリッツの気持ちも理解できました

    一体誰が、この少女を愛さずにいられるだろうか(亜矢の気持ちもわかるんですけどね)。

    後、実は最後、千代が暴れてくれたのがちょっと痛快だったりしました。
    彼女の気持ちも、わかるので。

    厳しいスケジュールの中の執筆おつかれさまでした。

    作者からの返信

    最後まで読んでくださりありがとうございます!お星様にコメントまで…!!
    多分戸松さんが普段読み書きされるジャンルとは異なる物語だと思うのですが、丁寧に読んでくださり、キャラ達の心情を汲んでくださって本当にうれしいです!

    2021年2月8日 09:37

  • 七、月乃ちゃんの一番の“ファン”へのコメント

     また、ちょくちょく読みに伺いますー♪
     明治時代は開国した時代なので、英語と日本語入り交じって、更には色んなモノも入って来てた時代なんだなあ。と、改めて想いを馳せてしまいます。
     ロマンと言うと前回の私が書いたコメントに「大正……いや、明治ロマン」と書いてしまったように大正時代が思い起こされますが。 
     そうかあ。開国した時代は明治だったから、色々入り交じり初めたのは明治だなあ。と再確認しました。

    作者からの返信

    大正時代は戦争などの影響で国粋主義への揺り戻しがあったので、和洋ごちゃまぜのカオス感は明治の方があったのかなと思っています!

    2021年2月8日 09:34

  • 最終話、私の夢へのコメント

    月乃ちゃん、フリッツくんのキャラがとても魅力的でした。特にフリッツくんが恋に堕ちていく過程(手紙のシーン)が、きゅんきゅんしました。
    朱風さんは、時代背景や戦闘シーンの描写が丁寧で、読んでいて惹きつけられます。描きこんでいくのは、すごく手間がかかると思いますし、産みの苦しみがあるだろうなぁ、と素人ながら感心しました。
    次回作も楽しみにしています!連載、お疲れ様でした!

    作者からの返信

    最後までお読みくださり、コメントまでありがとうございます。お星様もありがとうございます!
    手紙のシーンは私も一番好きなシーンなので、気に入ってもらえてうれしいです
    明治時代について調べるのは大変でしたが、楽しんで書くことができました。yibirdさんも少しでも時代の雰囲気を感じていただけたなら幸いです!

    (次回作についてはTwitterで随時お知らせしておりますのでご興味がありましたらぜひ^^)

    2021年2月7日 19:55 編集済

  • 最終話、私の夢へのコメント

    遅くなりました!!が、完結お疲れ様でした!

    千代ちゃんも生きてて、二人でまた笑い合っている今がとても尊いものに見えますね。船の上でお父さんが生きてる!?って思ってたけど夢か!!もうそのままフリッツ様と一緒に行っちゃえばいいのにーって……でもいずれはナイチンゲェルの森へ行くでしょうね。そしてナイチンゲェルの声を二人で……聞けばいい(*//艸//)

    登場人物みんなが大好きになりました!(亜矢と義母と学園長以外ですよ)
    最後に……フリッツ様を生み出してくれてどうもありがとう!!

    作者からの返信

    最後まで読んでくださりありがとうございます!
    月音さんがフリッツを好きって言ってくださったのがすごくうれしくて、書き切る原動力になりました!

    いつかナイチンゲールをふたりでね…!へっへっへ(ゲス顔)

    2021年2月7日 19:36

  • 最終話、私の夢へのコメント

    完結おめでとうございます!
    ほぼ毎日の更新、お疲れ様でした!
    朱風さん独特の文体での純愛ハッピーエンドであやかしな物語、むっちゃ楽しませて頂きました!
    月乃も千代も、心根が優しくて推し! フリッツと暁臣の優しさを伴った強さもすごい魅力です。
    シリーズ化希望(笑)いつか彼女彼らとまた出会える日を心待ちにしてます~。

    作者からの返信

    譜田さん〜〜!!たくさんたくさんお世話になりました!
    ふたりの恋を見守ってくださってありがとうございます!
    いつかあやかし探偵団結成できたらいいですね〜!

    2021年2月7日 17:49

  • 最終話、私の夢へのコメント

    完結おめでとうございます!
    月乃やフリッツをはじめキャラや物語も素敵でしたが、その時代の描写が丁寧で朱風さんの文章を読みながら想像するのが楽しかったです。
    そして、再び教師と生徒に戻る、でも以前と関係は違う、そんなハッピーエンドで良かったです。
    執筆お疲れ様でしたー。^-^

    作者からの返信

    最後まで追いかけてくださりありがとうございます!
    しかも素敵なレビューまで…!本当にありがとうございます!
    建物や風景の描写、少し分量が多いかな、でも皆さんに当時の空気を感じていただけたらいいなと思って書いていたので、そう言っていただけて本当にうれしいです!

    2021年2月7日 17:37

  • 最終話、私の夢へのコメント

    完結おめでとうございます^ ^
    お父様まさかの吸血鬼化!? と思ったら、夢オチでした。びっくりした!

    二人の幸せがいつまでも続きますように。
    そして、千代さんや暁臣さんもそれぞれの形で幸せになれますように。

    ありがとうございました!

    作者からの返信

    まさかの夢オチでした笑
    いつもコメントをお寄せくださりありがとうございます!皆さんの応援を支えになんとか完走できました!
    こうやって今後の幸せを祈ってくれる方がいるなんて、うちの子たち皆既に十分幸せ者だ〜!

    2021年2月7日 16:15

  • 最終話、私の夢へのコメント

    完結おめでとうございます!犯人の正体から犯人が救われるまでの流れとか、2人だけの舞踏会とか素敵でした。
    最終話父怪異化して生きてる?!とかちょっとドキドキしました(笑)。千代ちゃんも無事復帰していて良かったです。暁臣さんは生殺しキャラでしたね。個人的には手紙がフリッツに届くエピソードが大好きです。素敵なお話をありがとうございましたm(_ _)m。
    新作もお待ちしています♪

    作者からの返信

    いつも更新のたびに追いかけてくださって、すごく励みになりました。ありがとうございます!
    手紙のシーンは私も大好きなところなのでそう言っていただけてすごくうれしいですー!

    新作はたぶんお月様になるのでそちらでお会いしましょう…♪

    2021年2月7日 15:45

  • 最終話、私の夢へのコメント

    はーーーホントに何度もになりますが、完結おめでとうございます!!
    そしてそして、タイトスケジュールをこなした朱風さんはエライ!!
    頑張った!!スゴい!!
    涙ちょちょぎれるやつ……涙

    後半の月と狼のモチーフとか『さびしそうなおつきさま』に最も近付いたあの瞬間とか救われし千代ちゃんとかもうさすがやで(ワーワーワー
    わくわくとキュンをありがとうございました(*^^*)

    作者からの返信

    最後までお付き合いくださりありがとうございます!
    読んでくださる&コメントくださる皆様に支えられて完走できました!

    少しでもわくキュンをお届けできたならうれしいです!

    2021年2月7日 15:40

  • 三十六、あなたを信じてるからへのコメント

    アアーーーー千代ぢゃんんんんんん(エモみ吸収

    作者からの返信

    エモみ感じていただけならよかったですううううううう

    2021年2月7日 15:39

  • 三十五、怪異の正体へのコメント

    つらたん……(・ω・`)

    千代ちゃんから薫った百合の気配が当たってウホッと思ったけどつらたんやで(T_T)(大好物

    作者からの返信

    百合の気配に敏感な佑佳さん…!

    2021年2月7日 15:39

  • 最終話、私の夢へのコメント

    完結おめでとうございます!!!
    芯のある魅力的なヒロインと、素敵な紳士の恋物語、夢中で読ませて頂きました(*^^*)

    明治浪漫風の文体に美しい比喩表現、何より登場人物の行動や台詞に納得性があって没入できるのが素晴らしかったです!
    (ヒロインの行動に共感できないと読めなくなるタイプなので…😅)

    とても完成度が高くて、書籍化してもおかしくないレベルだと思いました!(°Д°)✨
    その後の二人や登場人物のお話も気になるので、可能であれば番外編などで続きも読みたいです…!(笑)

    タイトなスケジュールの中、執筆お疲れさまでした(^^)/
    素敵な物語をありがとうございました😊❤️

    作者からの返信

    一気読み&評価をありがとうございます!
    登場人物の説得力…、そう言っていただけてうれしいです
    きっと今後は千代や暁臣も含めて四人でわちゃわちゃやるのでしょうね!私もお気に入りのキャラ達なので、いつか続きを書けたらいいなと思います

    2021年2月7日 15:39

  • 最終話、私の夢へのコメント

    完結お疲れ様でした。
    不遇な身の上の月乃さんが、心の清らかさゆえに愛されて幸せを掴むという……正統派なシンデレラストーリーを堪能させていただきました。頑ななフリッツの心をも溶かす彼女の心と言葉の美しさ……とても良かったです。ふたりだけのダンスシーンも素敵でした。
    ラスト、新しい英語教師氏はかなり無理をしてこのポジションにねじ込んできたのではないかと……w これからも幸せなこと、楽しいことが沢山あると感じられる希望のあるラストで読者としても嬉しくなりました。千代ちゃんや暁臣さんも含めて明るい未来があるようにと願います。
    素敵な物語を、ありがとうございました。

    作者からの返信

    こちらこそ、いつも更新してすぐに読みに来てくださるのを密かにたのしみにしておりました。最後までお付き合いくださりありがとうございます!
    新任英語講師さんは学園長(学園母体)とも癒着がありますので…w

    お気に召しましたらカクヨムコン応援していただけるとうれしいです!

    2021年2月7日 15:36

  • 二十五、謡川氏の遺産へのコメント

    密かに暁臣さん良いなぁ…と推していましたが、好きな人から恋の匂いがするにも関わらず理性で我慢していたことを知ってもっと好きになりました(;ω;)❤️

    作者からの返信

    さすが結月さん、狼を見る目がある…!
    暁臣は作者ももお気に入りキャラなのですこっていただけてうれしいです!

    2021年2月7日 13:44 編集済

  • 五、空の鳥を見なさいへのコメント

     大正……いや明治ロマンー! こんな作品を見逃していたなんてー! 不覚っ!

     あやかしカフェも楽しみにしてますー♪

    作者からの返信

    ご無沙汰しております!
    遊びに来てくださってうれしいです。お星様までありがとうございます…!
    またお時間のある時にゆっくりいらしてくださいませ〜

    2021年2月7日 13:42

  • 最終話、私の夢へのコメント

    完結おめでとうございます!
    最初から最後まで、少し妖しくも美しいお話でした*°

    千代ちゃんの明るい未来にもほっとしています´ω`*
    きっと千代ちゃんなら素敵な先生になるでしょう……うぅ千代ちゃん可愛いよ千代ちゃんんんん。

    卒業が待ち遠しいところではありますが、フリッツ先生と月乃ちゃんの裏庭の逢い引きは続くのかな。よきですぞ。

    素敵なお話をありがとうございました!

    作者からの返信

    お付き合いありがとうございました!
    学生のうちは、秘密のお付き合いが続くのかな…?
    千代はきっとたくましい職業婦人となるでしょう!

    2021年2月7日 13:41

  • 最終話、私の夢へのコメント

    うぉぉぉ完結おめでとうございます!

    サンタさんはあわてんぼうでしたね、うむうむ。
    いきなりの出航だったので、んまぁフリッツさま速攻さらっておしまいになるのね(。-∀-)フンスッ!とか思ったらもう少しお預けでした。

    松吉さんに、送り届けろって言っちゃうところが紳士ー。ここに連れてきてくれじゃないんですね紳士ー。フリッさまのそういうところ、好きです。私とも一曲踊ってください。マイムマイムしかできないけど。

    終盤のどどどん!展開から、素敵なダンスシーン、未来への希望輝く最終話。大変面白かったです!暁臣さん……がんばっ(๑•̀ㅁ•́ฅ✧!!

    素敵な読書時間でした。ありがとうございました!

    作者からの返信

    最後までお付き合いくださりありがとうございます!
    最後の夢が、いつか現実になる時がくるといいなと作者も願っています

    フリッツにマイムマイム得意か聞いておきますね!

    2021年2月7日 13:39

  • 最終話、私の夢へのコメント

    千代ちゃんが普通に学校にいて、ホッとしました(*´艸`*)♪
    それに新しい講師の先生って、もしかして……(・∀・)☆
    まだまだ楽しい学園生活が続きそうな終わり方で、読後感がとってもイイです(≧∇≦)b♪

    執筆、お疲れさまでした!
    面白いお話をありがとうございましたーヽ(=´▽`=)ノ♪

    作者からの返信

    いつもコメントをくださり、それが執筆の上ですごく励みになりました。
    レビュー文もうれしいです!ありがとうございます!

    2021年2月7日 13:38

  • 最終話、私の夢へのコメント

    完結おめでとうございます!
    夢の中とはいえ、お父さんに会えて良かった。
    最後のダンスシーンは、星三つじゃ足りなくて悶絶しました。
    素敵な物語をありがとうございました!

    作者からの返信

    最後までお付き合いありがとうございます!
    ダンスシーンはずっと書きたかったところなので気に入っていただけてうれしいです
    お父さんはお気に入りキャラなのでつい出してしまいました〜笑

    2021年2月7日 13:30

  • ニ、お前の相手は俺だへのコメント

    朱風さん覗きにきました!(*^^*)
    地の文に浪漫な雰囲気が出ていて素敵ですね✨

    そしてヒロインの月乃ちゃん!
    勇敢ヒロインは下手すると足手まといになりがちですが、しっかりと有効打を当てていてかっこいい!一気に好きになりました😊❤️
    ヒーローもかっこよくて、続きもドキドキしながら楽しませていただきます😍

    作者からの返信

    遊びに来てくださってありがとうございます!
    ただ守られるだけじゃないヒロインが書けたらいいなと思って書いたので、そう言っていただけるとうれしいです

    2021年2月7日 13:29

  • 三十七、今宵一番美しいひとへのコメント

    月乃とフリッツのダンスシーン、とっても素敵でした☆

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    2021年2月7日 13:27

  • 最終話、私の夢へのコメント

    完結おめでとうございます…!

    後半の…あの千代ちゃんのところからの怒涛の流れが好きすぎて、更新を今か今かとまっておりました…千代ちゃん…幸せになれそうでよかった…(涙
    フリッツと月乃ちゃんの距離が近づいたのも、たまらなかったです(そしてなんというか…フリッツさま、恋心自覚した頃から、月乃ちゃんに対するふれあいが優しくなってる気がして…ちょっぴり不器用…な…気がして…そういうところが好きです…です…

    素敵な物語を、ありがとうございました…!

    作者からの返信

    最後までお付き合いくださりありがとうございます!
    書き終えてから序盤を読み返したら、フリッツが想像以上に塩対応で笑いました。作者も知らないうちにフリッツは棘を抜かれていたようです…笑。すこってもらえてうれしいです!

    2021年2月7日 13:26

  • 三十六、あなたを信じてるからへのコメント

    千代ちゃんが戻ってきてくれて良かった!!千代ちゃぁぁぁぁん(T^T)
    そして「かぷ」と噛み付く千代ちゃん。がぶ、じゃなくってかぷ、だよ!かぷ。
    このかぷにどれだけの思いが込められているのか……!!それを思うと切なくなってしまう……最高です、かぷ。

    作者からの返信

    実は当初、ガブゥ!ブチィッ!ってやらせるつもりだったんですが、色々シャレにならなそうなのでやめました。
    かぷ、にして良かった…!

    2021年2月6日 20:17

  • 三十六、あなたを信じてるからへのコメント

    >あらゆる怪異の野生を鎮め、理性を取り戻させる力がある
    月乃の血にそんな力が!?
    ビックリな事実でした!(✽ ゚д゚ ✽)

    作者からの返信

    二十八話で触れているんですが、はっきりと明言したのはここが初めてです。ほのめかしが上手くなくてごめんなさい〜(汗)

    2021年2月6日 20:15

  • 二十八、ようやく見つけたへのコメント

    「吸血は性行為」という言葉の再確認

    作者からの返信

    ふふふまさか〜!こちら健全な全年齢作品です♡♡

    2021年2月5日 17:10

  • 三十五、怪異の正体へのコメント

    暁臣さんの登場の仕方がカッコいい〜
    理性を湛えた獣の目という表現がいいです!
    飛縁魔とはまた恐ろしい正体でしたね、千代ちゃん。思わずググってしまいました。

    作者からの返信

    暁臣かっこいいと言っていただけてうれしいです!
    ここまで西洋のあやかしばかり出してましたけど、飛縁魔という日本古来の妖怪も出してみましたー!

    2021年2月5日 17:09

  • 三十五、怪異の正体へのコメント

    千代さん……(ノ_<)
    めっちゃ切ない告白のシーンなのに、暁臣さん格好よすぎてそっちに目が奪われた私を許してください。

    作者からの返信

    狼バージョンの暁臣に注目してくださったはとりさんさすが!!

    2021年2月5日 17:08

  • 三十五、怪異の正体へのコメント

    千代ちゃん。
    飛縁魔だったんですねー。
    しかも月乃の事が好きだったんだー。
    確かに気持ちを伝えにくい所があったでしょうね。。。
    ……月乃、男にも女にもモテモテだったんだー(笑)

    作者からの返信

    モテモテでした〜!笑
    私の小説は基本逆ハーレベルで愛され&溺愛なので…モゴモゴ…

    2021年2月5日 17:07

  • 三十五、怪異の正体へのコメント

    千代ちゃん…。

    作者からの返信

    ぴえん…

    2021年2月5日 17:06

  • 三十五、怪異の正体へのコメント

    千代ちゃんんんんんんんんんん!!!!!!!!!(でも千代ちゃんの想いの意味も分かってしまうから切ないいいいいい!!!!!)(そしてそんな彼女が大好きですううううう

    作者からの返信

    わかってくれてありがとうううううううううう好きでいてくれてありがとうううううううううう

    2021年2月5日 17:06

  • 三十五、怪異の正体へのコメント

    あぁぁぁ、そういうことだったのですね。千代ちゃん……千代ちゃん……(T^T)
    この時代ではまだ千代ちゃんの思いは受け入れられるものではなかったのでしょうし、千代ちゃんも狂おしいほどに恋の炎を燃やしつつも叶わない思いだとどこかで諦めていて……でも一番近くで見守ってあげられればいいと思っていたのにフリッツ様が現れて……。やるせない。悲しい。千代ちゃんを救ってあげて下さい!!

    そしてここに来て暁臣くんがかっこいいの♡

    作者からの返信

    千代の気持ちをよく汲んでくださってありがとうございます…!
    千代の気持ちはただの恋とは少し違って、この時代の女性特有の鬱屈した不自由さみたいなものも含まれてしまっているのかなあと思います

    暁臣活躍させてあげられてよかったー!

    2021年2月5日 17:05

  • 三十四、静かにしろへのコメント

    あぁぁ、なんかそんな気はしてましたがどうなのか!?
    優しい月乃さんがつらい思いをしなければいいのですが……(ノ_<)

    作者からの返信

    そんな気がしてましたかー!?
    大丈夫!月乃はつよい子なので、完結まであと少し見守ってあげてください!

    2021年2月3日 18:30

  • 三十四、静かにしろへのコメント

    できるだけ一気読みしたく、今日まで読むことを我慢していました。
    今日、ここまでお話の世界にぐっと引き込まれてしまいました!我慢した甲斐がありました。
    登場人物も魅力的で、お話の空気感がとても素敵でした!
    完結を心待ちにしています。

    作者からの返信

    ごきげんよう!
    わざわざコメントをくださって、すっっっごくうれしいです。お星様とハートも力になります!ありがとうございます!
    いただいたパワーで完結までがんばりますので、ぜひまた遊びにいらしてくださいね!

    2021年2月3日 18:29

  • 三十四、静かにしろへのコメント

    なんだか不吉です!
    千代ちゃんが何故こんなところに!?
    もしかして千代ちゃんは……
    ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    作者からの返信

    もしかして、もしかして…!?(ネタバレしたい衝動に駆られる作者ソワソワソワソワ)

    2021年2月3日 18:26

  • 三十四、静かにしろへのコメント

    あぁぁぁぁ……もしかして、とずっと思っていたけれど……千代ちゃん(T^T)
    真実を前に月乃ちゃんの心が砕けないかも心配ですが、そこはフリッツ様がいるから大丈夫……かな?
    でもでも、これは何だか悲しい予感がします(。・ω・。)

    作者からの返信

    ほほぉう、もしかしてと思えるくらい読み込んでくださってありがとうございます!
    ハッピーエンドのタグが付いてますのでご安心を!

    2021年2月3日 18:26

  • 三十三、お戯れも程々にへのコメント

    千゛代゛ぢゃん゛!!!!涙
    一番のイケメンやで千代ちゃん、いや、千代さまっっっっ!!!!!(平伏たぬき

    作者からの返信

    千代ちゃんさまに平伏せよーせよー

    2021年2月2日 20:08

  • 三十三、お戯れも程々にへのコメント

    千代ちゃん、かっこいい!
    でもちょっと心配です。。。(;´Д`)ハラハラ
    大丈夫かなー???

    首相、セクハラオヤジでしたね(笑)

    作者からの返信

    千代、スマートでしたね!
    首相、セクハラでしたね!笑

    2021年2月2日 20:08

  • 三十三、お戯れも程々にへのコメント

    千代ちゃん……優しい。優しいよ。でも大丈夫かな。あしらうのは上手そうだけど……千代ちゃんが心配です!

    そして事あるごとに目配せするフリッツ様がたまらん可愛い好きです抱いt……。

    「彼の冬空の瞳が柔和な笑みを湛たたえたのがわかった」ここ好き!
    あの、どうしてフリッツ様はこんなに格好いいのでしょうか? もうプリッツ見かけるときもドキドキしてる私は重症です_:(´ཀ`」 ∠):_

    作者からの返信

    千代の心配をしてくださってありがとうございます…!
    フリッツしゃべらないので、せめてジェスチャーさせてみました笑

    2021年2月2日 20:05

  • 三、拝啓、ミスタァKへのコメント

    すみません。私はおばさんなんで「紫のバラの人かっ」とふきましたw


    >ニ年前、獨帝国に国費留学していた父が

    カタカナの「ニ」になってます。


    >寮で同室の千代(ちよ)に

    この回だけでなく、各回の初出のとこだけ()でルビにできてませんね。
    大したことではありませんが~。

    作者からの返信

    読みに来てくださってありがとうございます
    ガラスの仮面ですね〜言われてみれば似てるかも。小公女とかあしながおじさんを意識してるので、イメージとしては間違ってないと思います!

    誤字のご指摘ありがとうございます。修整いたしました
    重要キャラの名前が初回だけカッコ書きなのはわざとなんです…!まぎらわしくてごめんなさい

    2021年2月1日 17:43

  • 三十ニ、鹿茗館へのコメント

    きゃーー!!!
    卿のお出ましよーーー!!!
    皆さまっ、お下がりになってーー!!!

    はぁ……////
    いいひとときを月乃たんが過ごせますように///

    作者からの返信

    お下がりになってー!!
    あっちょっとあなた押さないでくださいうわ何をするヤメr

    2021年2月1日 17:40

  • 三十ニ、鹿茗館へのコメント

    舞踏会が始まりましたね☆
    ((o(´∀`)o))ワクワク

    >手を離せなくなってしまいそうなので
    せ、せつない。。。(T_T)
    キュンキュンですね!!!

    >獨帝国伯爵カレンベルク卿
    おお!
    こんな要人として紹介されるような登場の仕方なんですね!
    かっこいいですー(*´艸`*)♪

    作者からの返信

    ここからしばし舞踏会をお楽しみくださいー!
    暁臣は不憫になる程いい味を出すキャラです…

    2021年2月1日 17:38

  • 三十ニ、鹿茗館へのコメント

    カレンベルクゥゥゥゥ!!!しゅきっ!!(登場しただけなのに)

    そして「手を離せなくなってしまいそうなので」……こっちにもキュンッ!

    作者からの返信

    ようやく出てきました〜!
    暁臣いつも可哀想な役回りでゴメンネ!

    2021年2月1日 17:37

  • 三十一、気高き淑女へのコメント

    いよいよ鹿鳴館ですね〜
    しかし、千代ちゃんの心の声がなんとなく気になります。

    明治時代から日本の女性の髪型も、華やかなになっていきますね〜

    英吉利結びと、まがれいとは私も年末調べてました(・・;)

    作者からの返信

    はい!いよいよ鹿茗館です!
    登場機会の多い千代ですが、その内心はここまでほとんど描写していませんね

    昔の髪型調べるのたのしいです~!

    2021年1月31日 17:26

  • 三十一、気高き淑女へのコメント

    ついに舞踏会が!!
    贈ったドレスを着ている月乃ちゃんをみたら、フリッツ様言葉失うんだろうなぁ(๑´艸`๑)
    他の男が月乃ちゃんにダンス申し込みに行ってたら、杖で牽制するんだろうなぁ(さすがに杖はないか)
    そしてダンスが終わって月乃ちゃんを送ってって、男の人が衣装を贈る意味とか教えてあげるとさいっこうです(*//艸//)膨らむ妄想。

    作者からの返信

    そ、そうか服を贈る意味…(そこまで考えていなかった作者)
    教えてあげるって実践でですかね??(お月様案件)

    月音さんのご想像通りの展開になるかどうか、おたのしみに!

    2021年1月31日 17:22

  • 三十一、気高き淑女へのコメント

    >密かに買い戻してくれていた。
    フリッツ、さすがです!

    >羅紗緬という強い侮蔑の言葉
    『羅紗緬』という言葉を初めて知りましたー。
    確かにあまりいい意味ではないですね。。。(;´Д`)

    >良き夜となりますように
    本当に(*´艸`*)♪
    いよいよ舞踏会の始まりですねー((o(´∀`)o))ワクワク

    作者からの返信

    らしゃめんという言葉、確か15話くらいでちらっと出てきたんですがかなりの差別用語です。こういう偏見さ昔からあったんですねー
    舞踏会いよいよ始まります!

    2021年1月31日 17:17

  • 三十、一途な愛へのコメント

    毎晩お手紙配達を律儀にこなすフロッケは二人の恋のきゅーぴっとですね。
    フクロウの好物ってパッと思い浮かばないけど、労ってあげたい。

    作者からの返信

    フロッケさまさまです。彼女がいなければそもそもの出会いもなかったでしょうからね…。
    実は月乃がフロッケに餌付けするシーンを書こうとしたのですが、フクロウは肉食だから虫とか小動物を食べるんですって…!パンくずとかじゃダメでした。笑

    2021年1月29日 15:51

  • 三十、一途な愛へのコメント

    郵便なんて当てにならないからフロッケが直々に……(違
    月乃さん、憧れの舞踏会でフリッツさんと踊れるんですね。なるほど明治だとバッスルドレス_φ(. .

    千代さんはいつでもお姉さんみたいに気にかけてくれて、ほっとします。
    フリッツさん、ちゃんと予約入れてる(笑)(むしろ独占?)

    作者からの返信

    フリッツはフロッケに頭が上がりませんよほんと。どんだけアシストしてもらってるんだ…笑
    バッスルドレスを着た月乃と千代をおたのしみに!

    2021年1月29日 15:49

  • 三十、一途な愛へのコメント

    流石……西洋のかたは恋文も情熱滾る(あ、いけない……鼻血が)

    そしてダンスの予約が(あ、いけない……涎が)

    作者からの返信

    絶対に日本人は言わなそうな、いかにも西洋人が書いた恋文を意識してみました!情熱が伝わったなら幸い!

    2021年1月29日 15:48

  • 三十、一途な愛へのコメント

    >天長節舞踏会の夜、このドレスを着て俺の手を取ってほしい
    (*ノェノ)キャー
    フリッツと月乃のダンス、楽しみです(*´艸`*)♪

    >世の中にはわかり合えない人というものが存在するのよ
    だね。
    みんなと仲良くしたいけど、そうもいかない時もあるね!

    >ダンスの予約表のようなものね
    しっかり予約を入れるとは!
    フリッツ、流石です!!(笑)

    作者からの返信

    さてさてふたりのダンスはうまく踊れるでしょうか。もう一波乱、あるかも…?

    2021年1月29日 15:47

  • 三十、一途な愛へのコメント

    ( ° ¡¡ °)・:∴
    フリッツ様の愛が柔らかくて優しくて温かくって、わたくしは今夜も口元が緩みっぱなしでございます!
    学校ではあんなに素っ気ないのに、手紙を開けば愛が溢れるとは!!その零れる一欠片でいいからくすねたい。
    あぁ、むしろ手紙の紙になりたい_:(´ཀ`」 ∠):_
    フリッツ様のしたためるペン先の圧を肌に感じたい。(変態もほどほどにしろ)

    作者からの返信

    フリッツが攻勢に出てぐいぐい行くかと思いきや、意外と正攻法でした…!
    そんな彼も変わらずすこってくださってありがとうございます!

    2021年1月29日 15:46

  • 二十九、お元気で、クソ野郎へのコメント

    月乃を不幸にしてきた人たちがこのエピソードで一網打尽ですねーヽ(=´▽`=)ノ
    スッキリ(*´∀`*)☆
    こういう展開、好きです♪

    作者からの返信

    成敗しました!(✧Д✧)
    ゲスな悪人を書くのもたまにはいいですね。ざまぁざまぁ!

    2021年1月28日 18:15

  • 二十九、お元気で、クソ野郎へのコメント

    同じく、月音さんのコメント見て笑ってる(けど、わかるofわかる)

    告解しただけですよ……だけですよ……ですよ。ざまぁを楽しむ読者さんの気持ちがようやくわかった気がします(๑ÖㅁÖ๑)スカッ!!とする!!

    作者からの返信

    ざまぁはさじ加減が難しくていつもドキドキしながら書いているんですが、スカッとしていただけて良かったです!
    (ここにも特殊性癖の持ち主が…!)

    2021年1月28日 18:14

  • 二十九、お元気で、クソ野郎へのコメント

    いやーーー
    これぞ朱風さんちのイケメンですわ
    クール☆計略☆溺愛

    最高ですよ

    で、月音さんのコメント見て笑てる笑笑

    作者からの返信

    あざます♡
    やはりドアマットにはざまぁが必要ですよね!
    (こらっ、人様を見て笑っちゃいけません!)

    2021年1月28日 18:13

  • 二十九、お元気で、クソ野郎へのコメント

    はぁぁん。罵られたい。多分泣くけど罵られたい。そして「馬鹿だな」って言って抱きしめて貰いたい。

    作者からの返信

    出、出〜っ!特殊性癖!!完全にDV男に絆された女になって…(ほろり)
    次話からの溺愛スイッチがオンになったフリッツをお楽しみ下さい♪

    2021年1月28日 18:11

  • 二十八、ようやく見つけたへのコメント

    はあーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…………………(合掌

    作者からの返信

    ありがとうございますっっ……(同じく合掌)

    2021年1月27日 22:53

  • 二十八、ようやく見つけたへのコメント

    えっっっっ、、、待ってこれは大変に色気が艶やかであのつまりそう!!!!!!好きです!!!!!!!!!(まっすぐな眼差し

    作者からの返信

    えっっっっっ…でしたか。ありがとうございます!!!!
    お星様もありがとうございます!!完結までがんばります!

    2021年1月26日 19:10

  • 二十七、甘っちょろい理想へのコメント

    伯爵と月乃のお父さんだけで番外編書けそうなくらいキャラ立ってますねー。

    なんとなくホームズとワトソンの性格が逆転したような、面白い関係だと思いました。
    (惜しい人を亡くした)

    フリッツ様と月乃の年齢差ぁぁぁ……
    年上の獨逸人伯爵様の心を射止める、幼女恐るべし………( ゚д゚)

    作者からの返信

    ホームズとワトソン!
    確かに凸凹具合が似てるかも。笑
    揺川父と伯爵のコンビ、いつかミステリ仕立てで番外編書いてみたいですね〜

    月乃が例の絵本を描いたのは幼少の頃ですが、揺川父が留学していたのは三年前なのでそれ程昔ではありません。
    でも幼い月乃の描いた絵本がフリッツの心を掴んだなら、概念的にはおにロリになるのか…?

    2021年1月26日 19:09

  • 二十八、ようやく見つけたへのコメント

    素敵な章末エピソードでした!
    第3章、執筆完了おめでとうございます☆

    (*ノェノ)キャーでしたね☆←語彙力崩壊中(笑)
    めちゃキュンキュンでした♪

    フロッケ、グッジョブ!!!(≧∇≦)b

    作者からの返信

    ありがとうございます!次章の第四章で完結しますので、ひきつづき応援していただけたらうれしいです

    キュンキュンしてもらえてよかった〜!

    2021年1月26日 19:06

  • 二十八、ようやく見つけたへのコメント

    破瓜の……ごとき……(꒪꒫꒪⌯)~昇天

    囚われてしまった。もうこのとうふも戻れない。(あ、フリッツさんのほうからお断りですか……そこをなんとか。お邪魔しません、草葉の陰からふたりを見守るよゐこですから)

    作者からの返信

    その一文、ドキッとしていただけたのならうれしいです!
    しなないで…堂々とふたりの結末を見守ってあげて…

    2021年1月26日 18:22

  • 二十八、ようやく見つけたへのコメント

    ふぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁあぁあああああああ!!

    尊死……_:(´ཀ`」 ∠):_


    口付けが……唇の柔らかさが分かるほどに描写が凄い。なんで文字だけで唇の柔らかさが分かるのですか!朱風さん、神!!
    俺を選んで欲しいとか……選びます!選ばない選択ある?ないよね!

    そしてそして……破瓜の如き涙って……もう朱風さん、あなた神認定ですっ!!


    作者からの返信

    しなないで!!!!(尊死いただきましたありがとうございます)

    キッスシーンはこだわって(欲望まみれで)書いたのでドキドキしていただけたのならうれしいです♪
    ついに私も神に…!?

    2021年1月26日 18:21

  • 二十五、謡川氏の遺産へのコメント

    白薔薇のコロンの香りを吹いてくれた千代ちゃんはもしや暁臣の恋心を見抜いていた!?

    しかし暁臣さん、いい人じゃないですか〜
    これはフリッツ様もうかうかしてられませんねぇ。

    作者からの返信

    千代のコロン、はたして何か意味があったのでしょうか…?

    ここまでお膳立てされたらフリッツもがんばるしかないですよね!

    2021年1月25日 15:30

  • 二十二、生きてさえいればへのコメント

    暁臣さん、心がイケメン……!
    (鼻が効く系男子だけど)

    作者からの返信

    作者の脳内設定では顔も凛々しいイケメンです☆

    2021年1月25日 15:29

  • 二十一、スベテノシエンハテイシスへのコメント

    あー……これは継母と亜矢ちゃんも無関係では無い? むしろグル?
    しかし学園長、横領は犯罪ですねぇ。

    作者からの返信

    横領ダメ、ゼッタイ!

    2021年1月25日 15:28

  • 二十七、甘っちょろい理想へのコメント

    あぁ、そっかーフリッツ氏そうなんですね!
    お父さんとの微笑ましいエピソードを思うに、彼は後妻に騙されたクチなんでしょうか。フリッツさんも、日本に来て現実を知って驚いたでしょうね……。

    お守りならぬ絵本にギリ守られた感じでしょうか。傷も深そうですが、いろんな意味で大丈夫かな(ノ_<)

    作者からの返信

    フリッツそうなんですよー!
    月乃父と義母は再婚同士なので、周囲からのすすめ(圧力)みたいなのが大きかったでしょうねーひとり親っていうのは考えられない時代だったんじゃないかと…

    ズタボロフリッツの行方は次回…!

    2021年1月24日 20:19

  • 二十七、甘っちょろい理想へのコメント

    月乃のお父さんとフリッツの回想エピソード、とっても興味深かったです!
    月乃のお父さん、とっても魅力的な人だったんですねー(*´艸`*)♪

    >貴様――半鬼人か……!
    なんと!
    フリッツ、普通の人間ではなかったんですね。
    伯爵で、悪魔殺しで、英語教師で、半鬼人!
    いくつもの顔を持っているんですねー(*´∀`*)

    >血塗れの絵本が滑り落ちて、バラバラと
    絵本が大変なことに!!!!!
    ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    作者からの返信

    たしかに言われてみればフリッツには属性を盛り過ぎました笑。作者の性癖全部載せ…!
    月乃のお父さんはお気に入りキャラです♪

    2021年1月24日 20:17

  • 二十七、甘っちょろい理想へのコメント

    Σ(๑°ㅁ°๑)!?
    まさかまさかのフリッツ様!個人的にダムピールという響きが大好きです。あぁ、だからこそ人並み外れたイケメンなのですね。吸血鬼のハーフと月乃ちゃんがどう結ばれるのかも気になりますが……お父さん!!すき!!こういう陽気な人すき!
    とってもよい人なのに、なぜあんな後妻を……(;´Д`)

    作者からの返信

    私の作品をご覧になったことがある方(もしくはTwitterで騒いでるのを見てる方)は「またか…」って思われたでしょうがそうです、またなんです。笑
    月乃パパと後妻はまあ、時代というか「あそこにちょうど釣り合う男やもめと未亡人おるで、くっつけとこ」っていう周囲のありがたいお言葉でしょうね…

    2021年1月24日 20:13

  • 二十六、俺の女神へのコメント

    ちょ、ヤバい朱風さん、涙が止まらん……

    作者からの返信

    えーーん泣いてくださってありがとうございます(つられて泣く
    ここまで一気読みに加えお星様までありがとうございます!!

    2021年1月23日 18:43

  • 二十五、謡川氏の遺産へのコメント

    もーーーー泣きました涙
    つきつき痛むんですよ、月乃たんの想いを伝える暁臣くんの気持ちも熱情もーー!!涙 わーん涙
    にしても雌の匂いとはいやはや、デュフフですな……///
    なかなかの生殺しやったんですね笑

    作者からの返信

    暁臣の心情に寄り添ってくれてありがとうございます(泣
    彼の立場はほんとにツライ…辛いです…
    雌の匂いがするお嬢様と汽車での二人旅は別の意味で辛かったことでしょう…笑

    2021年1月23日 18:41

  • 二十二、生きてさえいればへのコメント

    行こうぜ、匣根!!!!!(泣いてる

    作者からの返信

    いくよーー!!

    2021年1月23日 18:39

  • 二十一、スベテノシエンハテイシスへのコメント

    えええーーっちょっとこれは泣いてしまうよ、月乃たんの誠心誠意のお手紙も水彩画(色鉛筆だけど)もこんなところで掃き溜めにされてたなんてワタシ泣いてまうよ!!!涙
    おのれ学長……許さんぞ、ワシの月乃たんのお心をよくも……(落ち着けたぬき

    作者からの返信

    ちょっぴり絶望に落としてみました☆(甘栗剝いちゃいました、的なノリで)
    学園長にはいつか罰がくだるのを期待しましょう!!

    2021年1月23日 18:39

  • 十九、君の望みを教えてくれへのコメント

    この頃の日本人女性の素肌って、秘匿感があってきめ細かくて、本当に妖艶な匂いを連れてきますよね(卑猥な目
    月乃たんのおみ足に触れたフリッツ氏もよきよきのよきですな……///ヌフフフ

    はーー、裏表ある男はいいなーーー!!!

    作者からの返信

    作者が性的な目で見ているので性的になるのはやむを得ないデスネ…(突然の告白)

    2021年1月23日 18:37

  • 十七、ナイチンゲェルの棲む森へのコメント

    はあーーーーー……(合掌

    近いっていい……(合掌

    作者からの返信

    ちょっと近すぎましたかね〜〜〜(合掌

    2021年1月23日 18:36

  • 二十六、俺の女神へのコメント

    手紙読んでたら私まで泣けてきました。学び舎で感じたこと、日々を過ごす上で見つけた小さな幸せや喜びを、月乃さんはミスタァKと共有したかったんですねぇ。
    学園長は許せんですが、捨てずにまとめて置き捨てられていたのは不幸中の幸いでした。届いて良かった……!
    フリッツさんの今後の行動に期待します^ ^

    作者からの返信

    泣けてしまうくらいよき手紙に書けてるとしたら作者としてうれしいです…!
    ここからはフロッケと一緒に、フリッツがんばれ〜と応援してあげてください笑

    2021年1月22日 20:24

  • 二十六、俺の女神へのコメント

    三度恋をする……ある意味月乃の想いより強いものに感じられますー。
    素敵ぃ!

    作者からの返信

    素敵って思っていただけてうれしいです!やっぱりこういうのはヒーロー>>>>ヒロインであって欲しいなっていう作者の願望です。笑

    2021年1月22日 20:15

  • 二十六、俺の女神へのコメント

    手紙が(いろんな意味で) ミスタァKに届いたー!
    さてミスタァK改め、フリッツさんはこの後どうするのか、続きお待ちしています!

    作者からの返信

    ようやく届きましたね〜!
    さあここから攻勢に転じるか!?

    2021年1月22日 20:13

  • 二十六、俺の女神へのコメント

    _:(´ཀ`」∠):_(尊死)(初恋三度繰り返しているようなイケメン)(耳まで赤くなって突っ伏すイケメン)

    作者からの返信

    刺さっていただけたようで幸い…!

    2021年1月22日 20:13

  • 二十六、俺の女神へのコメント

    フリッツの心情がすごく伝わってくる素敵なエピソードでした!

    最後の『彼は三度、ひとりの少女に恋をする。』って文、イイですねー(*´艸`*)♪

    三度目に囚われたフリッツは、この後どんな風に行動することになるんでしょう??
    ((o(´∀`)o))ワクワク

    作者からの返信

    最後の一文、フッ決まった…!
    果たしてここから怒涛の巻き返しなるか!?

    2021年1月22日 20:12

  • 二十六、俺の女神へのコメント

    わぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁっっぁ(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡

    ちょっと、この回素晴らしいですっ!
    月乃ちゃんの手紙の美しさ、そこに込められた優しくも熱い思いに私までもが胸を打たれてしまいました。読者である私ですらこうなので、きっと当事者のフリッツ様はさぞ胸を強く掴まれてしまったことでしょう!
    もう月乃ちゃんの性格が凄く良くて……ほんと、愛さずにはいられない。

    ラストの1文がまた素敵ですね。
    とうとーーーーーい(*//艸//)

    作者からの返信

    この手紙ならフリッツが心掴まれてもしょうがない、そういう手紙として書けているならよかった!
    同性に好かれるヒロインを目指しているので、性格が良いって言ってもらえるのすごくうれしいです

    2021年1月22日 20:05

  • 二十六、俺の女神へのコメント

    美しく優しい手紙の数々に私もきゅんとしてしまいました(*ノωノ)

    作者からの返信

    フリッツが惚れる程の素敵な手紙にできているか心配だったので、きゅんとしていただけてうれしいです!

    2021年1月22日 19:57

  • 二十五、謡川氏の遺産へのコメント

    なるほど、フリッツは短縮した名前なんですね!(ひとつ賢くなった)

    そして暁臣さん、やっぱり狼だったー! ヤッター!
    でもそうなると、千代さんが貸してくれた香水が意味深ですね? 一つ解決して一つ気になる事項が増えました。

    月乃さん本人のあずかり知らぬ所で、男子二人で盛りあがっててズルイ(笑)
    フリッツさんは月乃さんが手紙を書いていることは知らなかった様子ですし、読んだあとの変化が楽しみです。加納氏も、自分は本人じゃないってちゃんと教えてくれるところ、誠実な方ですよねぇ。(フリッツ氏はばらされたとは知らないだろうけど)

    作者からの返信

    フリッツがフリードリヒの短縮形、というのは本文に書き損ねてしまった情報なので、はとりさんと同じように思われている方が多いだろうなぁと反省しています…すみません。

    暁臣の正体は、はとりさんなら絶対に当ててくださると思っていましたよ〜!(嬉)

    2021年1月21日 20:27

  • 二十五、謡川氏の遺産へのコメント

    >月乃への支援をやめるつもりはない
    良かった!

    >大学を卒業したらお嬢様に求婚するつもりだった
    暁臣、そんなこと考えてたんですねー(*´艸`*)

    >吸血鬼が獲物を狙うにはうってつけの夜になる
    むむむむ。
    何だか不穏ですね。。。
    月乃に危害が及ばなければ良いですが……(;´Д`)

    作者からの返信

    暁臣と月乃はもっと早く婚約しててもおかしくない関係なんですが、月乃が勉学が好きなのをわかっていたので在学中は見守ってあげよう、というスタンスだったんですね〜
    そればっかりに横から異人にかっさらわれて…涙

    さて不穏な気配はどうなるでしょう!

    2021年1月21日 20:18

  • 二十五、謡川氏の遺産へのコメント

    はぁっ?!なに暁臣くん!!ゴメン、好きっ!!
    めっちゃいい子や……もっとこう、フリッツ様とバトルっぽくなるのかと思ってたけど、大人な対応で凄く……いい(*´Д`*)
    作者様が推してるのが分かる。うん、暁臣くんも好き。
    恋の香りに当てられつつも、必死に自分を抑えて、さらにはフリッツ様にまで助言してあげるとは……ええ子や。君にも幸せがきっとくる!来るよ!!

    そして今回のフリッツ様も可愛らしかった。スーツに灰を零してしまえばいい。それを私がふっと息を吹きかけて払って差し上げる!

    作者からの返信

    そうなんです、暁臣はいい奴なんです!もっとバチバチやらせたい気持ちはありましたが、それはこの話のメインではないのでぐっとこらえました…!
    次回もかわいい(?)フリッツが見られますよ♡

    2021年1月21日 20:15

  • 二十四、貴方がミスタァKへのコメント

    暁臣さん、なんて察しの良い好青年……。なるほど名前は借りていただけで、本当の所は、ってわけですね。しかし、伯爵ならかなり身分も高そう。
    どうして強請らないのかって前にフリッツさん言ってましたが、手紙が届かなかったことが背景にあるなら、なんか腑に落ちるな、なんて思いました。考え過ぎかもしれない。

    作者からの返信

    暁臣はいい男なんですよ!そう言ってもらえてうれしいです!
    名前は借りただけというか、一般的にフリードリヒの短縮形(愛称)がフリッツなので、何も嘘は言ってないっていう…笑
    手紙の件、よくぞお気づきに!フリッツは月乃からの手紙を読んでいない。つまりフリッツはまだ月乃の気持ちを正面から受け止めてないってことなんですねぇ…

    2021年1月20日 19:27

  • 二十四、貴方がミスタァKへのコメント

    やっぱりフリッツがミスタァKですよねー!
    暁臣さんの正体も知りたいところです。^-^

    作者からの返信

    ですです^^
    暁臣の正体もすぐにわかりますよ!

    2021年1月20日 19:24