しおりちゃんと詩織さん〜愛に怯える少女は本当の温もりをまだ知らない〜

作者 こばや

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全72話

更新

  1. 第1話 雪降る街で少女は出会う
  2. 第2話 かつての私に思いを馳せて
  3. 第3話 安寧と温もりに包まれて
  4. 第4話 静かなる決意
  5. 第5話 それでも私はまた同じ言葉を繰り返す
  6. 第6話 ちょっとした悪戯心、痛感する無力さ
  7. 第7話 対比、対照、対価の朝ご飯
  8. 第8話 昂ぶる心を抑えながら
  9. 第9話 いつもの私、私の幸せ
  10. 第10話 わたしのために、あなたのために
  11. 第11話 嫌いと憧れ
  12. 第12話 空虚な私と憧れ
  13. 第13話 鏡の中の私に夢を見る
  14. 第14話 かすかに芽生える邪な私
  15. 第15話 詩織さんと一緒
  16. 第16話 “あの人”でない私へ
  17. 第17話 過去を思い出し、そして今に涙する
  18. 第18話 いつまでも、あなたのそばに
  19. 第19話 夢見心地の眼差し
  20. 第20話 漏れる吐息と悪戯心
  21. 第21話 詩織さんの香りに包まれて
  22. 第22話 先生からの贈り物
  23. 第23話 幸せな匂いと嫌いな匂い
  24. 第24話 白と黒とピンク
  25. 第25話 床に飛び散る青く虚しきカケラ
  26. 第26話 包帯は赤く滲み、私は借り物の言葉を吐く
  27. 第27話 それでも“私”は現れない
  28. 第28話 怒りと排除、その先にあるものは
  29. 第29話 温もりに背中を押されて
  30. 第30話 少女の思わぬ成長
  31. 第31話 楽しみに待つあなたの為に
  32. 第32話 “ 彼”の気持ちとしおりちゃんの気持ち
  33. 第33話 芳しい香りに包まれた私の初めて
  34. 第34話 謝らない君に気持ちは昂り、料理を出す君に心を踊らす
  35. 第35話 愛情なんて私には分からないけれども
  36. 第36話 味なんてもう分からないけれども
  37. 第37話 左手首に右手を添えて
  38. 第38話 無味とお節介
  39. 第39話 私は“私”に問いかける
  40. 第40話 愛を求めて、心を溶かす
  41. 第41話 詩織さんの独り言
  42. 第42話 “無意識”と“先生”
  43. 第43話 在りし日の“お父さんとお母さん”
  44. 第44話 だから私は愛を与える。
  45. 第45話 深き底にある“偽り”
  46. 第46話 望まぬ来客、虚ろな彼女
  47. 第47話 闇二飲み込まレ“黒く”染マる
  48. 第48話 後悔先に立たず
  49. 第49話 “私”は私を思う
  50. 第50話 悲しみ、哀れみ、そして決別へ
  51. 第51話 乾いた喉に、高らかに鳴り響く着信音
  52. 第52話 偏見と『腐った親』
  53. 第53話 静かに私は前へ踏み出す
  54. 第54話 愛しき少女の元へ再び
  55. 第55話 沈黙を破り、私は願いを口にする
  56. 第56話 幾年ぶりかの電話
  57. 第57話 傷ついた体と初めての表情
  58. 第58話 我慢強い少女と、かつての私
  59. 第59話 魅惑の母性と無自覚な『母親』
  60. 第60話 身を寄せ合い、肌を擦り寄せ、それでも心はすれ違う
  61. 第61話 詩織さんをガッカリさせたく無いから
  62. 第62話 明るい明日を夢見て
  63. 第63話 HELLO TALK ー新しい朝ー
  64. 第64話 朝が来て、罪悪感を思い出す
  65. 第65話 込み上げる感情を熱していく
  66. 第66話 口の中に暑さを感じながら
  67. 第67話 これ以上、私を馬鹿にしないでよ!!
  68. 第68話 夢か幻か憧れか
  69. 第69話 人は見た目によらず、心も同様に
  70. 第70話 何度も救われた“先生”の言葉
  71. 第71話 自分自身の言葉で
  72. 最終話 本当の“愛”を求めて、私たちはこれからも