にいづましょうぎ──将棋盤の中心で愛を叫ぶ──

作者 すだチ

将棋に取られた夫を取り戻せ! 楽しい将棋の指し方

  • ★★★ Excellent!!!

『にいづましょうぎ』は「将棋」と「夫婦の仲」を修復するという、斬新なニッチを掴んだ面白い良作。すぐさま物語にのめり込んでしまい、さっと四章の終わりまで読了した。

この作品の最大の魅力はワイワイとした楽しい登場人物たち。主人公の香織と夫の修司はラブラブで、それだけでも読む価値があるのだが、二人を取り巻く将棋仲間も面白い。初心者と握手するチャンスなんてもう二度とないだろうから手を洗わないと言う毒舌家から、対戦相手がまともな将棋を指せなくなるほど魅了する適役。個性的な人物が続々と登場する。

文章も軽くとても読みやすい。初心者の一人称のお陰で、将棋を知らない僕でも簡単に読み進めることができた。だから将棋ファンからルールをちょっと知っている人まで万人にお勧めできる作品だと思う。作中に局面の挿絵を入れて解説してくれるので、その点でも読者に優しく、作者さんの将棋に対しての愛を感じる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

トポさんの他のおすすめレビュー 70