将棋と共に綴られる人の想いを感じてください

こちらの作品は、将棋を通して描かれる人間ドラマが魅力の作品です。
園部夫婦は誰から見てもラブラブな睦まじい夫婦なのですが、ある日夫の修司が将棋道場に通い始め、香織のことを見てくれなってしまいます。「将棋」というゲームに負けてしまったと落ち込む香織ですが、逆に自分が将棋を学べば夫の愛を取り戻せるのでは!?と自身も将棋道場に通うことに。

将棋がメインテーマとなっておりますが、将棋のルールがわからなくても大丈夫。盤面での熱い戦いはもちろんのこと、その戦いに賭ける思いや人物同士のやり取りが丁寧に描かれており、将棋小説と言うより、将棋を通した人間ドラマと言う印象の作品です。
夫婦、兄弟、親子。それぞれ大切な人の為を思って臨む熱い戦い。テンポの良い文章と、将棋の大会というハラハラドキドキさせるストーリーラインがそれを魅力的に引き立てています。
見所は主人公の香織の心情描写。彼の力になりたいと思うその気持ちが香織をどんどん強くしていきます。修司さん大好き!が全面に出ているところがなんとも可愛らしく、時折挟まれる夫婦のラブラブなやり取りは見ていてついニヤニヤしてしまいます。

大事な人を思いながら読んでほしい、そんな素敵な作品です。

その他のおすすめレビュー

結月 花さんの他のおすすめレビュー814