犬とオオカミの間

作者 柊圭介

詩とエッセイで綴るパリの日常

  • ★★★ Excellent!!!

パリと聞いて思い浮かぶ華やかなイメージとは異なる、リアルの生活が鮮やかに描かれるエッセイです。

そこで綴られる言葉は無駄なく美しく、なによりもパリへの愛がこもっていて、思わず息を呑んだり、しみじみと感じたり。

「たゆたえとも沈まず」はパリ市の標語とのことですが、新型コロナウイルス感染症と戦う今の世界にふさわしい言葉ではないでしょうか。

たくさんの人に読まれてほしいエッセイです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

パリ在住の作者による、さまざまなフランスの姿を映し出したエッセイです。
みずみずしい表現力で描き出すフランスは、高尚な文学作品のようでもあり、美術館で仰ぎ見る美しい絵画のようでもあり…。
ただフラン… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

セーヌ河の流れる地から届く日々のエッセイです。
水は、時代と風景と心を映して、たゆたいます。
揺れる風景の中に生きる作者様の心の流れが見えてきます。

新型ウイルスの蔓延で世界的に苛酷な状況の中、
続きを読む

橋本圭以さんの他のおすすめレビュー 182